GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『AFRO SAMURAI』だよ!
今も必ずと言っていい程どっかのテレビ局でやってますよね…時代劇。

俺は特別時代劇が好きでもないし、むしろそれを毎週見るなんて事は苦痛にさえ感じる。ところがそんな俺が唯一 “大好き” だし、片っ端から作品を見まくり、その全てが “スゲエ!おもろい!” と感じる事が出来るの時代劇ってのが“勝新太郎” なのでR!

もちろん人気シリーズの『座頭市』なんかそりゃもう!その太刀捌きは他の追撃を許さない程の見事さ&オリジナリティに溢れ、まるでダンスを躍っているかのようにすら思えてくる素晴らしさだ。北野武氏のリメイクも大ヒットしたが、やはり、俺の中ではどうしても勝新の印象が拭いきれなかった程に、座頭市=勝新ってのは “絶対的存在” なんですよね。

今回は、そんな時代劇なんですけど、なななんとアニメなんですわ!コイツをどうしてもココで紹介しときたくておっ始めてみようと思いますけど、作品名は『AFRO SAMURAI』!なんともストレートでブラックスプロイテーション臭が漂うタイトルだと思いませんか?(笑)

483536958_small.jpg




幼い頃、決闘により自分の目の前で剣術の達人である父親を、西部の早撃ちガンマンに殺されたアフロサムライは復讐を誓う。父親がクビをハネられたと同時に奪われた地上最強の証である“一番ハチマキ”を取り戻すために。しかし、“一番”を倒すために旅を続けるアフロサムライもまた狙われる立場。次々と剣客共が彼に襲い掛かる…。

なんとも強烈なカッコヨサである!

声の主演には大御所Samuel L. Jackson!そして音楽担当はRZA!コレだけでも俺らに対して好奇心を擽る材料は十分なんだけど、実際に見て見るとコレがまたスゲエんだわ!以前ココで紹介したアニメ『Boondocks』は、その政治色が強い内容から、設定やストーリーのインパクトが大だった作品なんだけど、こっちはもう簡単に “アニメーションとしてのクオリティ” がハンパないっちゅう感じの作品なんですよ!

それもその筈、このアニメ…というか漫画なんだけど、元々は純日本産とでも言いますか、原作者である岡崎能士氏を始めとして、監督の木崎文智氏など、スタッフの殆どが日本人なんだもんよ!

元々は自費出版レベルだった作品が、日本を飛び越えてアメリカでアニメーション化されるってのも、ここ何年かで確実に世界にそのレベルの高さを知らしめ、ハリウッドの俳優や監督達にも熱烈なファンを持つ日本のアニメ、いわゆる “ジャパニメーション” という物が確実に認知された結果の一つだと思う。実際製作している “GONZO” ってトコは、アニメファンなら知らない人はモグリであろうというくらいの “知る人ぞ知る” って感じだしね。

俺も連続で見た訳ではないんだけど、レベル的には日本で言う “毎週○曜日○時から放送中!”ってな感じのアニメとはレベルが全然違うというか、確実にOVAレベルの懲りようだし金のかけ方なんじゃないかと思うくらい豪華絢爛&リアル!向こうではどういった位置づけなのかわかんないけど、バイオレンスやエロの要素もあるから、ある程度規制があるんじゃないかな…つまり完全に“大人が楽しめるアニメ”なんだわさ。

SAMURAIというだけあって、随所に日本文化や武士道への意識を感じる創りになってはいるものの、最新鋭の機器なども登場したり、“西洋vs東洋”といった拘りなども盛り込まれ、それがまたよくある“勘違い”などではなく、キッチリとカッコヨク収まっているので気持がいい!そりゃそうだろ、日本人が創ってるんだからね!

例えば『SAMURAI CHAMPLOO』や『COWBOY BEBOP』といったHIPHOPジェネレーションに対してのアプローチを強く感じるアニメも作られるようになった現在、こういった質の高い作品が日本でもON AIRされる事で、更に興味の幅が広がるんじゃないかな~とオッサンは思うのであった…。

な~んていいつつ、コレがもう既にWOWOWでも今年放送予定なんだわ!しかもSamuel L. Jackson主演で “実写版” の予定なんつ~のもあるってんだから楽しみだわな~オイ!

俺の大好きな井上三太氏のアニメ化『TOKYOTRIBE2』もWOWOWで放送されたが、“ON AIR時間が遅い”&“スパン短い”ってので凄く残念だった思いもあって、もっともっと見たかったな~っつ~感が強い分、『AFROSAMURAI』は是非ともキッチリといい感じで放送されるのを願う!



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『Boondocks』だよ!
皆さん新聞読んでます?俺こう見えてもガンガンにチェキってるんですよ。

というのもその昔、専門学校に入学した時、近所のオバハン連中に「あれ~?てっきり大学行くと思っとったてか、行かんとね~?なんで~?どうして~?」と顔を合わせる度に言われる始末。なんやねん!そんなに大学は凄いんかい!専門学校はチャッチイんかい!っちゅう事で無性に腹が立った俺は、それからと言うもの“なんぼのもんじゃい精神”で、あらゆる情報を超貪欲に吸収する為、毎日の様に本屋に通ったり、休みの日には積極的に街へ繰り出し、眠っているナイトヘッドを覚醒させる為に日々シコシコと自己武装化してたんですね。そんな中、一番手っ取り早く、一番旬な情報を与えてくれるのが“新聞”だという事で、毎朝キッチリ読破してたんですよ…トイレで!

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介する作品、コレ映画ではないんですが、なななんとアメリカで“新聞”に連載されていたという漫画(モチ4コマ)がアニメ化されたものなんですよ!信じられるか?こんなDOPEでFUNKYなマンガが新聞に連載だなんてよ!

ちなみにこの作品、以前発売されている書籍版は持ってるんだけど、実際に映像の方は目にする事がなかった俺。がしかし、本国での連載打ち切り情報を、POSSEの”わるどぉ”から得るやいなや、ガッツリとケツを押された形で速攻鑑賞!…ぬおおおおおお、こいつぁスゲエ!わるどぉサンキュー!

最初に言っとくが、GEE-Q POSSEは全員、必見!これ命令!(笑)

ってな事で『Boondocks』!行ってみようか!

boondocksad.jpg




じいちゃんが「平和な街でのんびりしたい」っていう事で、一緒になってシカゴからド田舎にやって来たのが、チビっちゃいのにマーシャルアーツの達人で、パソコンで様々な情報を吸収し、小学生のクセしてゴリゴリのアフロアメリカンイズムを持つヒューイ(このヒューイって名前もさ、ある人物が想像できて“粋”じゃんよ)。その弟のライリーはスラングバリバリで銃をぶっ放す将来のGANG候補(笑)。正反対の性格を持つ兄弟が、不条理な的に対し日々戦いを挑むといった痛快であり、メッセージ色の強い内容のアニメだ。

彼らの考える思想や目的に対する“敵”は、決して“白人”だけではなく、時には自分達の同胞であるはずのアフロアメリカンにさえ矛先は向く。それは、全てのアフロアメリカンは“ブラザー”と呼べる存在でなければいけないという願いにも関わらず、利得や権力、又、金に溺れ自分達のアイデンティティを無くした者に対しては容赦しないという姿勢の表れなんだよね。

前にも述べてるように、俺はこの作品、書籍版は持ってるんだけど、こうして映像を見て思うことは…

アニメで見ると、単純に主人公や登場人物、又映像や音楽の“カッコヨサ”だけで十分楽しめてしまうんじゃないかという事。

つまり、この作品は説明したように、かなりキツい風刺やブラックジョークの中に、アメリカが抱える社会・生活・歴史・犯罪問題などがしっかりなぞられている為、そういった部分にある程度精通していないと、色んな部分で『?』って事が多いと思うんです。実存する(実存した)団体名や個人名なんかも実名で登場したりするし、もちろん人種差別に関してのメッセージ的な表現も多い。Rosa Parksのバスボイコットや、King牧師のミリオンマーチなんてエピソードもあり~の、Bushism批判エピソードあり~の、Rケリーの裁判エピソードあり~の(笑)、サウスパーク真っ青な放送禁止用語のオンパレードにより、アニメであるにも関わらずピーピー煩いくらいなんだわ(笑)。しまいにゃ、モザイクまで登場する過激ぶり!マンガでだぜ!マンガで!

だからこそ俺は「DOPEだな~!」という表現を使うんだけど、アニメというジャンルで、人間の感覚として”読む”ってのが、“見る”や“聴く”に変われば、良くも悪くもなんだか“簡単に”楽しめるというか…。その作品の持つメッセージ的描写やセリフ回し、設定なんかがスルーされちゃう危険性があると思うんです。

つまり、正直ただ単純にパッと見で「COOOOL!」とか言うのはどうかなと思うんだわ(笑)。

だからこそ、こういった作品を表面視するだけでなく、エピソードを自分なりにおさらいして見たり、歴史をなぞり返してみる事こそ、この作品を見て楽しむ意義になるんじゃないかなと思う訳だ。

ここまで政治思想色が強くなくてもいいから、日本でもしっかりとしたテーマのアニメが放送されね~かな~!



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『ストリートファイト』だよ!
『WHO FRAMED ROGER RABBIT(邦題 ロジャーラビット)』という映画、覚えてるでしょうか?『BACK TO THE FUTURE』などを監督したRobert Zemeckis の80年代後半に公開されたファミリームービー。これは当時結構話題になりHITもしたんだよね~。いわゆる『アニメ+実写』というスタイル、斬新だったでしょ~…俺見に行ってないけど(笑)当時アニメの兎が人間と会話したりするってのに眼を丸くしたチビッコ達、多かったんじゃないですかね~。

SFXって言えば、今でこそ恐竜が走り回ったり、光の剣でチャンバラが出来る位、映像技術というものは進歩しているけどさ。でもね、『ロジャーラビット』が公開される10年以上も前にこういったスタイルの映画は存在してたんだよ、しかもれっきとしたゴリゴリのブラックムービーだもん!

今夜紹介の映画『Coonskin(邦題 STREET FIGHT)』は、そんなアニメと実写が融合した、とってもイカした…いやイカれたブラックムービー!アニメとは言ってもチビッコが喜ぶような内容じゃないもんよコレ(笑)。っていうか18禁だよ!

coonskin1.jpg


Coonskin - Trailer↓


[READ MORE...]

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP

『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。