GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『GOTHIKA』だよ!
社会人ってのは仕事も忙しいし、俺みたいに夜は運動やってたり…いやいや、そっちの方じゃなくってスポーツ(武道)ね!やってたりすると、ホントに “連ドラ” なるものを見続ける事なんてかなり難しい訳。そりゃビデオやDVDに録画したりすりゃいいんだろうけど、そこまでして見たいっつ~よ~なヤツもねぇしな~。ほんでもって最近その “連ドラ” で結構な視聴率をはじき出してるってのが篠原涼子だそうで…。

なにやら最近調査された“理想の上司”に彼女がランキングされていたという事ですけど、なんちゅ~か、ホントに俳優さんってのは自分が演じた作品のイメージってもんを視聴者にモロ持たれてしまうといいますか…逆に言えば視聴者はホントに単純に「この人はこういう人なんだ!」ってイメージを抱いてしまうんですよね~。

俺は東京パフォーマンスドールでキャピキャピ踊る篠原涼子が好きだった…(笑)
俺は“ごっつええ感じ”でおバカキャラ丸出しの篠原涼子が好きだった…(笑)

んなこたいいとして、そんなこんなで久しぶりに個人的 “ファン” である女優さんの作品を紹介してみようと思いますが、そうです!もちのろんろんでHalle Berry です!しかもこれまたもちのろんろんで彼女が主役のサイコスリラー『GOTHIKA』をご紹介しちゃうのら!

gothika_poster.jpg




女性刑務所の精神病棟でカウンセラーとして働く犯罪心理学者ミランダ(Halle Berry)。様々なトラウマを抱え、既にイッちゃってる女囚の1人であるクロエ(Penélope Cruz)のカウンセリングは何時も彼女を悩ませていた。ある晩、土砂降りの雨の中帰宅していた彼女は、ある橋を通り過ぎた所で道のど真ん中に立ち尽くす女性を発見。なんとか車でハネる事を避けた彼女だったが、その女性は下着姿で混乱し、彼女の問いかけの後に炎に包まれ…。それから彼女の意識が戻った時には、なんと彼女は夫殺しの容疑がかけられ、自分の勤めていた精神病棟施設に収容されていたのだった…。

作品全体を包む様な蒼黒い影像の中、お春姉さんの美しさは際立つ…
恐怖映画?サイコサスペンス?んなこたどっちでもいい程、苺姉さんの美しさは際立つ…
Penélopeの存在も気にならない程、Eric “ドメヴァイ” Benet前妻の美しさは和際立つ…

しかし…

彼女の夫役がCharles S. Duttonという事だけ、納得できない(笑)。

ま、んなこたいいとして、コレ日本でも大HITした『BACK TO THE FUTURE』や『FORREST GUMP』の監督でおなじみのRobert Zemeckisが立ち上げたホラー専門制作会社ダーク・キャッスル・エンターテイメントの作品なんですが……そうなんですよね~Robert Zemeckisって監督は結構こういったホラーテイスト溢れる作品も沢山創ってる人なんですよ。そんでもって監督を務めたのが前回ご紹介した『METISSE(カフェ・オ・レ)』のMathieu Kassovitz!どう?イイ流れだと思いません?…あ、そうでもない(笑)

さて、肝心な内容の方ですけど、正直全く怖くはないです。スプラッター的残酷さも、ホラー的恐ろしさも、サイコ的精神圧迫感も無く…ただ単に「え?」とか「で?」って感じが随所に残ります(笑)
どこがどう意味わかんないとか、どこがどうつじつまが会わないとかいうのは、見る人それぞれ違っているだろうからあえて細かなシーンについては触れませんが、この作品がそこまで難解でないだけになおさら「で?結局のところ?」ってな部分も露呈してくるのも確かです。細かなSFXも使用されているけど、決して“恐怖”を煽るというよりはシーン的効果をUPさせる程度というか、もっと簡単に言うと、ちょっと“芸術的”な感じなので、どこに“興味”や“意識”を持ってくかで随分と感想が変わってくる作品なんじゃないかと思います。ま、正直殆どの人が“怖さ”を見たかったんだと思うけど、その殆どの人がドッチラケだったんじゃないかなとも思う訳です(笑)

そこで  …  ご~まんかましてよかですか?

んなこた俺には関係ないんじゃい!主役で出ずっぱりなハリハリ姉さんが沢山見れればそれでいいんじゃいいいいいい!綺麗!カッチョイイ!上手い!最高!ハイ、以上!(笑)

ただ、“とむくる~ず”や“にこらすけ~じ”といった共演者を根こそぎメロメロにしたPenélope Cruzが、窶れ、正気を失い、幻想と現実の狭間でなにもかも放棄してしまったようなクロエを “容姿” からなりきることで演じてたのには驚いた。ゴージャスやビューティフルといったキーワードだけで栄えるのではなく、見事に“ヨゴレ”を演じてこそのプロ。やっぱ女優なんだな~と改めて関心させられました。

どうでもいい個人的希望なんだけど、Halle Berryのダンナ役として はどうだろ?一度ツーショット見てみたいもんだ。

Not Aloneですぞよ!ヌフフフフ



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP

『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。