GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『CHILL FACTOR(チル・ファクター)』
おす!ブラックムービー界のキューリー婦人、GEE-Qです!

いや~、かなりしょっぱい出来事がありやした。

先日、深夜にコンビニに寄ろうと駐車場に車を停めて降りるや否や、いきなしヘペレケに酔っ払ったオヤジがフラッフラの酔拳状態で歩いてきたんだわさ。ま、酔っ払ってるわな~っつ~位で気にもとめなかったんだけど、そのオヤジがいきなり「んなああああんんどぅあああああコルルルアアアアア~!」と因縁ちゃんを吹っかけてきがったんですわ!別に目も合ってない俺にだよ!森を歩いてたら小鹿とかリスとかが寄ってくる様な俺にだよ!みなしごハッチを見たら無条件に号泣する俺にだよ!一体なんだっつ~んだよ!お前はタイガージェットシンかっ!

ややっこし~オッサンだな~と思いつつ、世に蔓延る不条理には猪突猛進で特攻していかなきゃ気がすまない性格の俺は、振り返った時には既に “制裁モード” に入ってたんだわ!そ、そ、そしたらよおおおおお~!いきなし俺の四駆の横に停まってた軽自動車から、車内で弁当を食ってた残業帰りのサラリーマン(身長約168CM、体重約55KG、推定年齢25歳くらいの見た目 “下條アトム”系)が飛び出てきやがってさ、事もあろうにオッサンの前に立ちはだかり「何やってんですか!迷惑じゃないですか!」なんて叫んでんだよ!しかもオッサンに「なああああ~んやぬしゃあああああ!」と凄まれたら、そのリーマンときたら血相変えて「いい加減にしろよおおおお、ゴルアアアアア!」とキレ始めてんだよ!!!!!しまいにゃオッサンもブツブツ言いながら歩いてってさ、そのリーマン振り返り様、100万ドルから99万8750ドルくらい引いた様な笑顔で「大丈夫っすか!気をつけて下さいね!」とか俺に言ってやんの!

おいおいおいおい!俺はお前に助けられたんかい?????

そしてそのリーマンは「それじゃ!」という気持ち悪いくらい気持ちいい一言と共に、右手をシュパッと上げて軽自動車の車内に戻ってったんだわさ!

ふっ、ふっ、ふっ、ふっ、ふざけんじゃね~よ!お前は俺のS.W.A.Tか?俺がホイットニーならお前はケビンコスナーか?俺はそんなにひ弱っ子探偵団に見えるか?俺はそんな壊れかけのレディオに見えるか?俺はそんなに翼の折れたエンジェルに見えるか?ぬおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお~!!親切にされただけに八つ当たりも出来ねぇじゃね~かよおおおお!

Gee-Qえいじくん、35歳、よく雑誌の裏とかに広告出てる「幸せになるペンダント」を本気で購入考えてます(大笑)

っつ~事で今回の作品は『CHILL FACTOR(チル・ファクター)』を紹介させてくれ、頼むリーマン!

chill_factor.jpg


10年前に、国家機密として開発された化学兵器 “エルヴィス” の実験の場に立ち会った事でなななんとギザとばっちりを受け刑務所に収監されちまった不運の軍人ブリナー大佐()。彼は、魔太郎のごとき恨みを募らせ、出所と同時にエルヴィスを保管している研究所を襲撃!ところが研究員のロング博士が重症を抱えつつエルヴィスを持ち出し、喫茶店に勤めてるメイスン(スキート・ウールリッチ)にエルヴィスを任せて亡くなってしまう。訳のわからないメイスンは、たまたま配達に来ていたアイスクリーム屋のアーロ(キューバ・グッディング・Jr)をまき沿いにしてエルヴィスを陸軍まで届ける行動に出るが…

よくよく考えて見たら、キューバ・グッディング・Jrもホントに作品によってムラがあるんだよね(笑)。いや、それは決してオモロイ!オモロくない!って判断だけじゃなくって、日本公開されそれなりの評価を得る作品もあれば、超が付く程のB級作品がひっそりとリリースされてたり…言い換えればそれだけ数多くの作品に出てるって事にもなるんだけどね。

んじゃこの作品、いかにもその超B級の部類にカテゴライズされんじゃね~の?って事になるんでしょうがその通りです(笑)。でもね、決してそれが “オモロくない!” に直結するって人は、まだまだB級の楽しみ方を判ってナイナイシックスティーンだぜ!

chillfactor2

ま、化学兵器を運ぶ “ロードムービー” みたいな感じなんだけど、いちいちキューバ・グッディング・Jrが間抜けでビビりまくってる姿が妙にハマるんだよ!そりゃそうさ、ただアイスクリーム配達しに行っただけでさ、10度C以上になると大爆発を起こし、一瞬にして生物を消滅させてしまう核兵器の様な…いや、まさに核兵器を、訳わかんない間に武装した兵士達から逃げながら運ぶなんてシチュエーションになってみ!?。俺なんか「すいません!このレディボーデンただでみんな食べていいから許してガリレオ!」とか懇願するっちゅ~に!(笑)

要はさ、そういった超ありえないミッション系といえばそれなりに緊張感や緊迫感が満載!っちゅう感じの作品かと思いきや、どっちかっつ~と2人の超ビクビク感の中に生まれる軽快(?)な会話のやり取りにスポットが当てられてる…いや結果的にそうなっちゃってるっていうか。ある意味 “化学兵器強奪” って方に重きを置くと、やっぱそれなりの予算やシナリオが必要になってくる…んじゃどうするか、主人公2人のパニクり具合をクローズアップしちゃえ!みたいな部分が、結果的に結果オーライバックオーライになってる気がするんだわ!

パッケージや予告編ってさ、その作品の “一番金がかかってるシーン” ってのを多様するんだよ!だからそれを期待して見たらそれ以上のモノが無かった!なんて感想は正直俺的には言っちゃいけないと思う。だったら「大笑いなんだよ、この予告編、これが全てだったぜ、ギャ~ッハッハッハッハのハ~!」的な見方の方が、数多くの作品を “それなりに” 楽しめる懐が深くなるっつ~もんだと思う!これ、キングオブB級映画の俺が常に忘れない様に心がけてる事だから。

つまり、この作品、俺的には十分過ぎるほど、オススメだぜい!!!!!



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『Jump In!』だぜ!
おっす!ブラックムービー界のドン・キング!GEE-Qです!

ぼくちゃん、今かな~りガックシきてます。

というのもさ、久しぶりの休みの日、さてナニしようかな~と悩んだ末、部屋の模様替えをしようという事になり、今回はレイアウトを変えるのではなく、あふれかえるアイテムを整理しようっちゅう事にした訳。これまでも随分とヤフオクなどで処分したとはいえ、まだまだ俺の部屋には20代の頃から集めに集めた “フィギュア” がウジャウジャと並んでいたんですよ。んで、それを今回は大量に処分しようと、約5~60対のフィギュアを近所のヲタク向け総合中古販売店に売りにいったんだわさ!

待つこと店内で35分…偉く長い査定時間に期待は高まってたんだよ!んで結果

「2250円になります!」…………は?

ちょ、ちょっと待てええええええ!コレ少なくとも購入価格を考えれば20万円分はあるで!一番高いヤツで29800円ってのもあったし!何かの間違いなんじゃね~かよ!すると…

「ケース無しやブリスターパックから出してあるモノ、又、裸で飾ってらっしゃったのか、随分と汚れがありますので…」……だとおお?ぬおおおおおおおおおおおおおお~!俺は何の為にトイザラスに通いつめ、数々のホビーショップのオーナーとヲタク談義に花を咲かせ、遊びに来たダチには 『寄生虫記念館』 を見るような目で見られ、親からは「アンタの部屋には入りたくない」とののしられてきたんじゃああああ~!

しまいにゃNYサウスブロンクスのプロジェクト前でランチョンマットかなんか敷いて、手作りオーガニッククッキー食べながらハーブティーかなんか飲んじゃうぞゴルアアアア!もちろんBGMはクレモンティーヌじゃああああああ!

っつ~事で今回は予告どおり御大ディズニーチャンネル代表の 『Jump In!』で全員集合!!

ジャンプイン①


舞台はNY。ダニエルズ(コービン・ブルー)は、おちゃめでおませな妹と、オッチョコチョイながらも男1人で家庭を切り盛りしている父親と暮らすティーン。彼は父親がトレーナーを勤めるジムでボクシングの練習に励んでいた。ダニエルズは近所に住むメアリー(キキ・パーマー)にお熱。だけどメアリーはダブルダッチ(長え~縄跳び2本でアクロバティックな技競うストリートスポーツだよ)に夢中だった。2人はそれぞれの道で大事な試合に臨むが…。

まず言っておきたい事を先に書いて、朗らかな気持ちでレビューを続けようと思う…

この作品、ボクシングが一つの大きなテーマになっているが…

主役のみならず、ボクシングシーンに登場する全ての役者がボクシング未経験であろうというお粗末さなんじゃああああああああああ~!!!!!!

はい、雄たけび終了!(笑)

ま、結局は主人公であるダニエルが、ボクシングよっか好きな彼女がハマってる縄跳びの方にのめり込んでっちゃうという作品なんである。なんだかさ、ボクサー志望の少年が、同じスタジオで練習してたバレエにのめりこんじゃうってな感じの 『リトルダンサー』 チックな雰囲気バリバリなんだけどね(笑)。

ジャンプイット②


ま、この “ダブルダッチ” って競技なんだけど、皆さんも見たことはあるけど詳しくは知らないって人多いと思うんです…俺も知らないんです(笑)。ってかもっと失礼な事言えば…興味ないんです(笑)。ただ、ラストの大会シーンはシッカリとしたステージに観客も満員で、なかなかの盛り上がりを見せるシーンに仕上がってると思いましたよホントに。ま、余計な事だけど、ダブルダッチにボクシング的ムーヴを無理やり組み込むなんざ~思わず苦笑い系の演出だったけどね(笑)

ヒロインであるキキ・パーマーは、ココでも何度か紹介してますよね。最近 『ドリームズカムトゥルー』 なんつ~ベタなタイトルで日本語版もリリースされた 『Akeelah and the Bee』 や、タイラー・ペリーの 『Madea's Family Reunion』 などでも実力あるチビッコとしての存在感を存分に発揮しておりやしたが、そんな大物に囲まれての作品でも堂々たる演技を見せてた彼女も、こういった “自分年齢的作品” では実に等身大チックな雰囲気プンプンで、とっても自然ないい感じの姿を見せてくれていた様に思うんだオッチャンは。

それに最近では演技の世界だけにとどまらず、歌い手としてアルバムまでリリースしたりしちゃったりして~!!!楽曲に関しては彼女の若さを前面に活かした様なキャッチーな感じのものが多いので、オッチャンにとってはもちょっとかな~とも思うんだけど、こんな感じで歌の方も定期的にリリース続けたり、プロデューサー次第では十分チャートを賑わす存在になるかもよ!

欲を言えば…ルックスかな~(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『HIGH SCHOOL MUSICAL Ⅱ(ハイスクールミュージカル2)』だぜ!
ちっす!ブラックミュージック界のジョルジオ・アルマーニ!GEE-Qです!

しかしま~、ホント最近はメッキリ寒いデイビスジュニアですね~!ってかさ、月刊 『PLAYBOY』誌でさ、“最もセクシーな世界の美女100人” なんつ~特集が組まれててさ、興味深く見てみたら、ま~なんともGEE-Q萌えっこランキングとは大きく食い違いがありすぎなんだわさ!

スカーレット・ヨハンソン?リンジー・ローハン?キーラ・ナイトレイ?ジェシカ・アルバ?

く~っ!判ってない!じぇんじぇんわかってないちっちマイハート!と憤慨した俺は、ココなら勝手に趣味思考を語ってもよかろうっちゅ~事で、GEE-Q萌えっこランキングのベスト10を発表しちゃい隊の甘栗むいちゃい隊の後ろ髪ひかれ隊!

1. ハル・ベリー…特に『猫女性』と『嵐』のお春姉さんは最高やね!
2. ジーナ・ガーション…世界一いろっぽい唇はアンジーではなく彼女だよ!
3. レジーナ・ホール…セクシーかつキャワユイ!しかもオモロい!
4. アンジェリーナ・ジョリー…彼女にならお尻かじられてもいいと本気で思う!
5. ジェシカ・ビール…あ~、弓矢で打ち抜かれてええええ~!
6. ニア・ロング…ムッチムチ感がね、も~う、ね!くううううううう~!
7. ヴィヴィカ・A・フォックス…相変わらず痩せてんのが気がかりだけどな~!
8. タイラ・バンクス…デルモの枠を飛び越えた活躍に萌え萌えだよ!
9. パム・グリア…彼女は俺にとって永遠のブラックビューティーだよ!
10. パメラ・アンダーソン…なんも言いたくない!ただたまらんわいっ!


え?なに?お前これだけじゃなく、作品に出てくる女優にはほとんど無条件に萌え萌えビーム出しまくってるじゃね~かこのスケベロボコップだああああ?

はい!今そんな事を1ミリでも考えた貴方!今日からマヨネーズ禁止令発令しますっ!

とまあこんな事をニヤニヤした顔で真剣に考えてる俺って一体…。そりゃソフトバンクのCMで流れてるガキンチョバージョンの 『WALK THIS WAY』 が聴こえてくると無条件に腕を組んで威嚇のポーズを取る歳だもんよ。そりゃコンビニでコーヒーや紅茶を買うよりも、“しるこ” や “甘酒” 買う歳だもんよ。そりゃ、ヘアブリーチの “シルバーアッシュ” を買ってきても、ビビって20分待たずに洗い流してしまう歳だもんよ!そりゃ、空手少年部のチビッコに「おじさん」ではなく「GEE-Q先輩」と呼ばれただけで無条件に抱きしめてる自分がいるもんよ!

35歳独身てんびん座UFO信じるマジメでストイックな花粉アレルギーでございます。

っつ~事で前回予告したとおり、今回は続編でもある 『HIGH SCHOOL MUSICAL Ⅱ』でゾッコンLOVE!

high_school_musical_two.jpg


前作ですっかりアツアツカポーになったトロイ(ザック・エフロン)とガブリエラ(ヴァネッサ・ハジェンズ)。トロイはバイトとしてセレブ御用達のカントリークラブに採用決定!しかし、実は裏ではトロイに恋心を持つ “ハイスクのパリスヒルトン” こと、シャーペイの父親が経営するクラブで、彼女がトロイとイチャつきたいが為に父親に隠蔽工作をしていたのだった!ところがせっかく2人っきりの夏休みを過ごそうと思ってたシャーペイの思惑は見事に砕け散る…というのも、トロイと一緒にカブリエラやバスケチーム“ワイルドキャッツ”のメンバーまで働くことになっちまいやがったのだ~!なんとかトロイをガブリエラから強奪したいシャーペイだったが…。

もうね、前作以上にミュージカル色前回でさ、いきなし初っ端から 『夏休みだワッショイワッショイ』 的にみんな歌う歌う!(笑)、ウゼエくらいに歌うんだよこれが!チアガールやブラスバンドまで出てきて踊る歌うでさ、おいおい始まってまだ5分くらいしか経ってね~ってのにこのテンションどうかしてるぜええええ~と思わずその後の展開を心配したくなる始末…いや~若いって怖いね(笑)

highschoolmusical2still460.jpg


その後もテンションは前回で、バイト先の厨房で踊る・歌う!ピアノ見つけりゃシットリと歌う!野球の試合中でもかまわず踊る・歌う!クラブのショーでも踊る・歌う!悲しくなったら泣きながら歌う!やりようがない憤りを感じたら1人でも踊る・歌う!とまあ四六時中歌っちゃい隊出動!的に、ミュージカルならではの “ありえない” 系シーンが満載な訳だ!

ただ、もちろん個人的な好き好きに違いはあるだろうが、俺的に言わせてもらえば前作よりも色んな面でかなりのパワーアップを見せていたと思う。タイトルの 『ハイスクールミュージカル』 そのままの内容だった前作に比べて、歌やダンスのシーンも確実に増えているし、個々の見せ場やスキルも実に伸び伸びとした感じがよく現れていた。ストーリーにしても学園を出る事により、様々なシチュエーションの中に登場人物を置く事でよりバラエティ色豊かになり、もっと言えばイジワルキャラの存在も面白ろおかしく設定されているし…とにかく確実に前作よりもいい仕上がりになってるのだ!

つ~かさ、次回は、この作品の中でトロイのバスケ親友として出演してるコービン・ブルーがこれまたディズニーチャンネル作品に出演してるんで、その作品を紹介しちゃい隊!

言っとくけど、この 『HIGH SCHOOL MUSICAL』 に負けないくらい、かなりの “ゆるさ” だぜ(笑)



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『HIGH SCHOOL MUSICAL(ハイスクールミュージカル)』だぜ!
ち~っす!ブラックムービー界のノストラダムス!GEE-Qでございますですハイ!

ってかさ、最近なかなかレンタルビデオショップに行く暇無くって、ついこないだ無理矢理仕事帰りの深夜にちょいと寄ってみた訳。そしたらさ…以前ココでも紹介した 『ビリーザブートキャンプ』 でおなじみのビリーのオッサン主演の 『TALONS OF THE EAGLE(邦題 キング オブ ドラゴン)』 がさ、パッケージも新たに 『ビリー・ブランクス in ヴィクトリィィーッ!』 っつ~タイトルで復刻されて堂々と “新作” コーナーに並んでんでやんの!

おいおいおいおい、いくらなんでも “ヴィクトリィィーッ!” って(笑)

ま、俺みたいな “キングオブディギン(笑)” は、しこたま探してオリジナル版とか見つける事にロマンを感じるんだけど、なんだかこういった再販ってのは安易といいますかなんと言いますか。

っつ~事で、今回はその日のビデオショップで遭遇した、このビデオ以上に “おいおい系” の輩達をピックアップしてみやした!これがそのベスト5達だっ!

● 『プリズンブレイク』を5本借りるのはいいが、中身を取り出さずケースごと小脇に抱えてレジまで小走りでネコまっしぐらの、佐川急便セールスドライバーもまっ青なダメリーマン

● お目当ての作品がレンタル中でなくGET出来たのがよほど嬉しかったのか、「うっひょ~!」という有り得ない雄たけびを大声であげちゃってるバルタン星人みたいな風貌のオヤジ

● 『マーチングマーチ』を大声で歌いながら、行進でアダルトビデオコーナーに突撃してくるチビッコギャングスタパラダイス

● そのアダルトコーナー内で、腕を組みながら真剣に卒業後の進路を語り合ってる時給380円くらいでも働くであろう大学生コンビ

● そのアダルトコーナーで 『くそばばあ』 という熟女物(腐れきった)のビデオタイトルを見て、「1本!」と右手を上げた俺

あ~、京都でも行きて~

っつ~事で、今回の作品なんだけど、ディズニーチャンネルのオリジナル作品である 『HIGH SCHOOL MUSICAL(ハイスクールミュージカル)』で教えてガリレオ!

20071124005046.jpg


大晦日のパーティーナイト。“年忘れインスタントカップルカラオケ大会”で、偶然にも無理やりカップルとして指名されたトロイ(ザック・エフロン)とガブリエラ(ヴァネッサ・アン・ハジェンズ)。しかし、歌い始めるとノリノリのゴキゲン状態で早くも意気投合のグレート東郷。早速電話番号を聞き出した。ほんでもって新学期が始まっちゃうんだけど、なななんとトロイの学校にガブリエラが転向してくるというビックリドンキーな展開に!「これって!」「しんじられない!」なんつ~恥ずかし固めもビックリなセリフもあり~の、パツキンおてんば娘&弟の妨害もあり~の、チームワイルドキャッツでバスケにうちこみ~の、歌い~の、学園祭ミュージカルのオーディション始まり~の、トロイ&ガブリエラの“チーム梁山泊” も飛び入り立候補し~の、でもバスケの決勝戦も近づき~の…はい、どうなる!

ちょっと話はズレちゃうけど、今さ、トロイ役のザック・エフロンも出演してる 『ヘアスプレー』 公開されてんじゃん。んで結構なHIT飛ばしてんじゃん。あんまりメディアでも伝えられてないみたいだけど、この作品ってリメイクだぜ!奇才ジョン・ウォーターズ監督が80年代に撮ってるんだよ。しかもさ、ジョン・トラボルタの肝っ玉ビッグファットママ役が話題になってるけど、オリジナルではデヴァインだぜデヴァイン!『ピンクフラミンゴ』 で犬のウ○チ喰ってたデヴァインだぜ!

……はい、脱線終了!

ってかさ、去年の 『ドリームガール』 もそうだけど、ミュージカル作品が結構HITするっていうパターンが出来上がりつつある様な気がするじゃん?この 『ハイスクールミュージカル』 もその名の通りミュージカル。ただ、“ディズニーチャンネル” で放送されたので劇場公開は無しなんだわな~。ま、確かにディズニーチャンネル作品だけあってストーリー的にはベッタベタな学園モノ。幅広い年齢層に支持されるかどうかは実際難しいところだけど、ま、ミュージカルだからさ、歌メインな訳じゃん。

20071124005117.jpg


ところがさ~、去年の 『ドリームガールズ』 基準で見ちゃう俺がいるんだわ。あの作品がモノホン達の歌で満ち溢れていたために、やっぱ所詮チビッコってな感じがするんだわさこの作品は(笑)。それに実際歌ってるシーンもそれ程多い訳じゃないので、キッチリとしたミュージカル作品としてもちょい物足りなさは感じる訳。

でもね、これってそういった “本格的” な要素を期待する人ってハナッから見ないだろうし(笑)、俺自身もちろんそこを期待してた訳じゃない。ま、言い方悪いけど「さてさて、どんなベタ~な感じで、うわああ~っつ~タイミングで歌い出してくれんのかあああああ???」ってなイヤらしい見方をしたんだもんよ(笑)。ところがさ、ミュージカルには不思議な力があるっつ~か、期待通りのベッタベタなストーリーにも関わらず、全く退屈することなく、むしろ楽しく最後まで見れたってのが正直な感想!はい、ミシュラン的に星半分!少なっ!(笑)

それよか何故この作品をココで紹介するかって~と、主人公達をなにかと助けるお助け怪獣ウインダム的なポジションで、モニーク・コールマンやコービン・ブルー、クリス・ウォーレンJrといった連中が出演してる…だけっつ~話なんだけど、ダメ?(大笑)

でもね、この作品、早速続編ができてんだわさ!っつ~事で次回はソレでいきますんでよろしくメカドック!



TOP
『Daddy Day Camp』だぜ!
待たせたなあああああああ!皆の衆うううううううううう!

どうもお久!ブラックムービー界のカルーセル麻紀、GEE-Qです!

ご存知の通り、メタメタ忙しく、毎日深夜2時~3時帰宅のうえ、今月まだ休みが1日だけという地獄のようなハードジョブライフを過ごしておりました。おかげで目を開けたまま寝るという俺の必殺技タイムが、これまでの5秒から12秒に更新という快挙を成し遂げちゃいましたの栗むいちゃいました!

っつ~かいきなり話変えますが…皆さんは現在公開中の映画、『クローズZERO』 を見…てね~よな~。え?その歳にもなってヤンキー映画見てんじゃね~よこの翼の折れたエンゼルパイ!と思ったそこの鼻毛!今すぐスーパージョッキーでもらった白いギターで “禁じられた遊び” でも奏でちゃいなっ!このマジで恋する5秒前があああああああ~!

ってか結果から言えば、このクローズZERO、とてもオモロかった!俺らが学生の頃、ヤンキー漫画の金字塔となるきうちかずひろ氏の 『ビーバップハイスクール』 が大人気となり、映画もシリーズ化される程、爆発的に人気だった。しかし、その後ヤンキー漫画のニューウェーブとして、高橋ヒロシ氏が『クローズ』、『キューピー』、『ワースト』といった作品を続々リリース!野郎ってさ、いくつになってもこの手の漫画が大好きで、実際俺も読んでるんだけど、やっぱ映画化となると…ねぇ、キャスティングとかさ…ギャップがさ…ねぇ

ところが監督である三池崇史氏は、流石に深作監督亡き後の日本アクション界を背負って立つ存在なだけに、実にスリリングでスピーディーかつ迫力満点に作品を撮りあげてた様に思う。なんてったって主役の小栗旬や山田孝が、スゲエ “強そう” に見えるんだもんよ!個人的にはオススメなんですが、映画館で見ればもれなく周りをガラの悪い学生に囲まれるというオマケ付です(笑)

っつ~事で今回ご紹介する作品は、そんなバイオレンスタッチとはほど遠い、キューバ・グッディング・Jr主演のチビッコパニックコメディ 『Daddy Day Camp』 で夕焼け~ニャンニャ~ン!

20071121231549.jpg


ホームパーティーを開いてお互いバーベキューコンロの前で愚痴たれてるパパダチなチャーリー(キューバ・グッディング・Jr)とチョコレート工場長…じゃなかったフィル()。彼らはひょんな事からサマーキャンプに繰り出す事になった。スケボーのハーフパイプ、サバイバルゲーム施設、四輪バギーコースといった企業の協賛で見るからに楽しそうなキャンプ場…を通り過ぎ、彼らが着いた所は、昼であるにもかかわらず今にもジェイソンが出てきそうな古ぼけたキャンプ場。彼らが到着すると同時に、支配人は釣りに出かけるという暴挙に出た為、仕方なく掃除を始めるのだが、その矢先にバスに乗ったチビッコギャング達がキャンプ場に到着する…。

どうする?一番シャレの効かない低額年チビッコエスパーヤクザ達がさ、ウジャウジャやってきてさ、それをキチンとまとめなチャイナ!とか言われたら。俺だったら最終的に髪の毛は白髪と化し、一気に何十歳も歳を喰った様にやつれた表情のままレフリーに右手を上げられたホセ・メンドーサ見たくなること間違いナッシング・トゥ・ルース!だってさ、

スクールバスでキャンプ事務所に突入!というド派手な登場のチビッコヤクザ達。
大の大人を縄で木に縛りつけ、弓矢総攻撃をブチかますチビッコヤクザ達。
お菓子倉庫を破壊し、ワッツ暴動さながらに品物を強奪していくチビッコヤクザ達。

もし、許されるなら、彼らを次々とドラゴンスクリューですっ転がして行きたくなるくらいだっつ~の(笑)。

20071121231609.jpg


んで途中から軍隊チックな訓練出たり~のってな感じでヒッチャカメッチャカになるんだけど…ん~、どうだろコレ(笑)。ま、必ずと言っていい程この手のファミリーコメディには “ライバル親子” が存在するんだけど、この作品ではウェイアンズの『最凶シリーズ(最凶女装計画)(最凶赤ちゃん計画)』でもおなじみのロックリン・マンローがいい味出しちゃってくれてます。……けどね~、どうだろコレ(笑2)

たとえばデイモン・ウェイアンズの 『メジャー・ペイン』 もそうなんだけど、チビッコが2人以上(笑)ウジャウジャ出てくる作品って、なんだかイマイチのものが多いように思う。というのも一言で言えば “数撃ちゃ当たる系” とでもいいますか、ドタバタやってりゃ盛り上がる的な雰囲気が、主役やストーリーを喰っちゃって、逆効果になってるっていうかさ。

最近はココでいち早く紹介してた作品の日本語版がリリースラッシュだけど、原題が見事なオモシロ邦題に変わったりしてて思わず噴出しちゃうんだけど、この作品は一体どんなタイトルになるんだろうか…俺なら『キューバズ・ブート・キャンプはダンステリア』ではらたいらに全部!

PS . 意地でも更新率アゲアゲエブリデイで行くから期待しててくれ!



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
『Wild Hogs(ワイルドホッグス)』だぜ!
みなさんおひさっ!ブラックムービー界のドナルドトランプ、GEE-Qです!

とにかく忙しい!ってかホント久しぶりの更新なんですが、これまた久しぶりに深夜 “1時台” に帰宅できたんで、この際即効で更新しようと思った次第です。そうです、1時でも早い方なんですわ!最近は2時3時が普通だもんよ!

ま、元々 “暇” が大嫌いな人間なもんで、忙しいのはなによりなんですけど、ココまで忙しいと空手には行けないし、風呂には入れないし、チュッパチャプスはチュパチュパ出来ないし、近所のブルドッグを見て「ニャハハハ~!」とか笑えないしで大変ですわ(笑)

ガキの頃は何にも考えずに日が暮れるまで遊べてたけど、こうして大人になるとなかなか思いっきり気分爽快な息抜きのタイミングすらなくなってるな~なんて思う今、ピッタリの映画があるんで紹介しちゃい隊!ただし、“オッサン限定”(笑)で!

っつ~事で今回は、さえないオッサン達が唯一熱くなれる “バイク” をテーマにした作品、『Wild Hogs(ワイルドホッグス)』でポケモン、GETだぜ!

wild_hogs.jpg


歯科医を営むダグ(ティム・アレン)は子供とのコミュニケーションゼロな上、健康の為に好きなものも食べれずストレス爆発寸前。家庭では女性陣に主導権を握られ居場所が無いボビー(マーティンローレンス)は、無理やり修理工の仕事をさせられストレス爆発寸前。ゴントは女性と接点を持ちたいのに、持ち前の超晩生な性格が邪魔し、結局PCとインターネットが友達のダッドリー(ウイリアム・H・マーシー)。スーパーモデルのカミさんがいながら、実は離婚調停中のウッディー(ジョン・トラボルタ)。そんな毎日の生活にウンザリしている中年仲間が唯一気分爽快森高千里になれる時間が“ツーリング”!4人で“ワイルドホッグス”というバイクチームをつくり、ご自慢のハーレーを飛ばし、バーでビールをグビリとかっくらいながら、互いのグチをぶつけ合う…っちゅうなんとも悲しい状態だった。そんな中、「んじゃ何もかも忘れるために、いっちょバイクで旅しちゃおうか!」ってな事になるが…。

ベタな感想といわれてもいいが、この作品を見るとホントに“この歳だからこそバイクに乗りて~!しかもハーレー!”ってな気分になる!突然襲ってくるスコールで、皆が体寄せ合ってビニールに包まったり、テント張って火焚いたり、そのテント炎上させたり、素っ裸で水浴びしたり、並んで立ちションしたり、タトゥー見せあってゲイと思われたり、酒場でトラブってバイク1台ブン獲られたり、仕返しにオイル漏らし攻撃かましたり、結果大爆発になっちゃったり、猛牛に追いかけられたり、ハゲタカに着いて来られたり…とにかくハチャメチャなんだわ!

そう!とにかくオモロいんだわ!

ってかね、俺思ったんだけど、この作品は中年版『スタンドバイミー』な訳よ!バカみたいに武器用で純粋で真っ直ぐで弱っちい男達が、自分自身の中でピキ~ンと来る快感や満足感を味わう為に、思い切った行動を取る…それって簡単そうでなかなか難しいんだよね。だけど、だからこそその道中ってのはなんとも爽快でワクワクしちゃったりして、まるで修学旅行気分を味わえる訳だ!

WILD_HOGS_2.jpg


それにこの作品、これでもかこれでもかってくらい小粒なギャグを連発してくるんだコレが!しかもそれやってるのが皆オッサンじゃん!ホントに噴出しちゃうんだよね~!ま、一般的に “笑い担当” はマーティン・ローレンスの役割だと思われるんだろうけど、一番ハジけてるのは間違いなくウイリアム・H・マーシーだよ!最後の最後までやってくれるから(笑)

迷ったり悩んだりした時、一旦自分が置かれている立場や状況から一歩離れてみる。少し外の景色を見るだけで新しい何かを掴むかもしれないし、又、今までいた所が実は一番居心地がよかったってな事に気がつくかもしれない。



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
おしらせだぜ!
いきなりですが…

クソいそがしいんじゃあああああああ!!!

今日も帰宅したのがAM2:00過ぎ…っつ~事でブログの更新も随分とおくれてますが、ただ遅れてるわけで、決して辞めたりしませんのでご心配なく(笑)

休みの日にまとめて更新したりするんでお楽しみに!

PS.GEE-Q POSSE諸君!訪問&コメント、しばし待たれ!



テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP

『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。