GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Joe's Bed-Stuy Barbershop: We Cut Heads (ジョーズ・バーバーショップ)』だよ!
SPIKE LEEの映画は全部見た!って人、結構いると思います。日本で公開されていない最近の作品も、ネットショッピングという便利なツールが現代には強い見方として君臨している訳で。

んじゃ初期の作品は?…
 
「そりゃ、もちろん“初監督作品”である『SHE'S GOTTA HAVE IT(邦題 シーズ・ガッタ・ハヴ・イット/彼女の欲しいものは)』から見てる筋金入りのファンだよ!」って人、今まで結構ボキの周りにもいました。

…がしかし!


11841.jpg


でも正確には、初監督作品じゃないんですよね。NY大学時代に製作した作品を含めれば、この『SHE'S GOTTA HAVE IT』は5本目になります。(んなこたぁ知っとるわい!という人の為に…1『Last Hustle in Brooklyn 』~2『Answer』~3『Sarah』~4『Joe's Bed-Stuy Barbershop: We Cut Heads 』に次いでの5本目という事で)

でも必ずこう返答が来る!

「今でも見れる作品は『SHE'S GOTTA HAVE IT』が一番古いじゃないかよ!」とね…

…でも…

NY大学在学中に製作した自主制作作品ながら、ちゃんと日本版のビデオも発売されてる作品がありますよ!という事で今夜の作品はその『Joe's Bed-Stuy Barbershop: We Cut Heads 』をご紹介しちゃおうかなと思ってます。

NYブルックリンのベドフォード・スタイプサントで床屋を営むザック(Monty Ross)。物語はこの床屋の元経営者であったジョーが賭博のトラブルでギャングに殺害されるところから始まる。ザックは店が賭博場として使用されていた事から友人が殺された事に恐怖を覚え、賭博場として店を提供するのを止める。しかしそれと共に店の経営は悪化していく。そんな中、ザックの前にジョーを殺害した黒幕である地元の顔役ニコラス(Tommy Hicks)が現れ、彼に再び店を賭博場として開放するように促す。店は賭博のおかげで次第に客足も快復してくるが、妻がケガをしてしまったのをキッカケに、ザックは賭博の金に手をつけてしまったのだ。「賭博の金に手をつけてニコラスが黙っている筈が無い…ジョーの様に殺されるのがオチだ!」。ザックは逃げる事を考え、妻であるルースを空港で待つが…

先ず製作陣営を羅列してみよう!

監督-Spike Lee
脚本-Spike Lee
製作-Spike Lee
撮影-Ernest Dickerson
音楽-Bill Lee

となっています。もちろん自主制作の映画だからSPIKE本人が3役ってのは当たり前かも知れないけど、撮影のErnest Dickersonは、この後も『SHE'S GOTTA HAVE IT』、『SCHOOL DAZE』、『DO THE RIGHT THING』、『MO' BETTER BLUES』、『JUNGLE FEVER』、そして『MALCOLM X』までSPIKE作品の撮影を担当する常連スタッフだったんですね~。もちろんその後は自ら監督としてメガホンをとるようになり、後に『JUICE』、『BULLETPROOF』、『OUR AMERICA』、最近ではDMXの『NEVER DIE ALONE』なんかも撮ってるんです。

SPIKEの作品は、キャスティングなど特に“いつもの顔ぶれ”的な人達が多く。“ブラックムービーの伊丹ファミリー”的な部分がありますが(笑)、アフロアメリカンの監督として、常に問題定義をし、社会的に物議をよぶ内容の作品が多い中、スタッフやアクターの個性やスキルを十二分に発揮させる手腕で、後に業界のトップとして巣立っている人達も数多くいる…こういった事からもSPIKE LEEがブラックムービーにもたらした功績と言うものは、ただ単に興行成績では決め付けられないかけがえのないものなのだなと思いますよ。

そんな彼の原点の1つとでも言うべきこの作品は、SPIKEファンならずとも、ブラックムービーファンなら是非見ておかないといけない作品ですぞよ!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/103-be2e023c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。