GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『DISORDERLIES (ファット・ボーイズの突撃ヘルパー)』だよ!
WOWOWなんか見てるとたまに昔の『ドリフターズ』や『クレイジーキャッツ』の映画をやってたりするんだけど、こういった作品なんかを纏めて見てるとね、結構おもろいんだよ!コッテコテのギャグ連発でさ、合間には歌うたったりプチミュージカルっぽいつくりになってたりしてさ。なんだかコメディの基本を見てるようでね。

例えばチャップリンやキートンを見て、今でも変わらずおもしろい!みたいな感覚に似てるんだと思う。笑いの質や流行は年々変化してるけど、基本的な技法や表現方法ってのはやっぱり“お約束”的な部分あってのものだし、それを徹底してやってたドリフやクレージーはやっぱ偉大なコメディグループだったんだなと痛感したりするもんです。

ブラックムービーでもコメディは数多く存在しますよね。特有の毒があったり、地域性が色濃く出てたり…でもそんな中“コテコテ”で楽しませてくれる作品ももちろんある訳です。

ラッパーとしてもその異色キャラで人気だったFAT BOYS!彼らについては以前『KRUSH GROOVE』の時に少し紹介しましたが、自らの口でドラムやスクラッチの模写を表現する技法であるHuman Beat Boxでも有名な彼らの作品『DISORDERLIES (邦題ファット・ボーイズの突撃ヘルパー)』を今夜はご紹介!

5ffe89c1.jpg


Are You Ready For Freddy? - The Fat Boys↓



ブルックリンの老人ホームでお年寄り達と共にファンキーなヘルパー生活を送っていたクール・バフィ・マーキーの3人。しかし冷蔵庫のケーキを勝手にバカ喰いした事が響いてクビになってしまう(この時点で爆笑モノ)。一方デニスビーチの大富豪デニソンの下で経理として働いている甥のロウリーは借金苦。金を借りている悪党モンタナと共に叔父であるデニソンの殺害計画を企てる。そこで偶々目に入ったファットボーイズ達を屋敷で雇い、祖父殺害の濡れ衣を着せようとロウリーは考え、屋敷に招待する。超リッチな生活にご機嫌な3人だった彼らも、あまりのセレブなライフスタイルが性に合わず、アノ手コノ手で自分たちのNYスタイルをデニソンにご教授する。そして彼らをいたく気に入ったデニソンは、次第に信頼関係が芽生えてくる。しかし、水面下では着々とロウリーの殺害計画は進んでいくのであった…。

●ケーキを鷲掴みで食べる!犬に噛み付かれる!ご主人様をプールに落とす!(笑)

●走ったら効果音!物が飛んだら効果音!人が滑ったら効果音!肉が弾けたら効果音!ボヨヨ~ン!ポワ~ン!ズドン!コーン!ポンッ!ヒュイ~ン!(笑)

●馬に乗れば落っことされるし!女の子のいるプール覗いちゃ塀から落ちるし!大事な証拠の品はコケて暖炉で焼いちゃうし!車後部座席からバックで走らせちゃうし!自慢の体重で人踏みつけちゃうし!いつの間にか警察官の制服手に入れて着替えてるし!(笑)

とまあ、一時代の「ドリフ」のごとく、マジで“コッテコテのギャグ”をこれでもかこれでもかってくらいに魅せてくれるんだよ!(笑)

何処でも直ぐにヒューマンビートボックスを始めちゃう!何処でも直ぐにRAPしちゃう!何処でも直ぐに体がMOVEしちゃう!HIPHOPってホントそんな楽しいものなんだな~って事を実感させてくれる最高な1本だよ!

ギャングスタームービーばかりがHIPHOPムービーじゃない、ハッピーでファンキーな作品を見て、本来のHIPHOPの意義やポジティヴなヴァイヴを感じると共に、OLD SCHOOLへのリスペクトを高めてほしいなと思う今日この頃であった(笑)

もっかい見て~な~、歌って踊ってRAPする“今の3人”がさ!

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

わたしもこれみたいです。
おもしろそう、このデブトリオっ!!
アメリカでは、デブはやせっぽちのがりがりより、好印象持たれるんですよね~太ってても、ダンスはのりのりで上手だったり、ヒューマンビートボックスなんかやったりしたら、ぜったい大人気間違いなしですね。
【2006/08/12 22:57】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
今でこそ結構色んなアーティストが超絶ヒューマンビートボックスをやるようになったけど、元祖はやっぱコレ!とにかくコテコテのオモロ爆笑物なんで、家族でみるといいかもよ(笑)
【2006/08/13 22:42】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/106-0fd116df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。