GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『MARCI X (マーシーX フレンズ以上、恋人未満!?』だよ!
よく海外のCDやレコードのジャケットに「PARENTAL ADVISORY EXPLICIT CONTENT」という表示がありますよね。これは何だか知っていますか?残念な事に英語はまるでダメ夫君なボキですが、『内容にヤバメの歌詞なんかあったりしちゃってるんで、お父さんお母さんは、よ~く言ってきかせないとダメっすよ!』みたいなもんかな(笑)

社会に大きな影響を与える存在であるアーティストの作品に、犯罪やドラッグ、性的な描写などが含まれたりすると、それを“正”や“粋”、または“アドバイス”といった解釈をし、結果少年達の不良化や犯罪に繋がることを懸念して作られたものでしょう。そりゃ「ふぁっ○!」だの「○が~!」だの「○ぃあ~っち」だの連呼している音楽を子供がバンバン聴いてたら、「んまああああああああ!」なんて不快に思う親がいるのも当然といえば当然ですが(笑)

今回紹介する映画は、そんな過激なリリックで支持されている人気ラッパーと、彼を抱えるレーベル側とのやりとりを面白おかしくコメディにした『MARCI X (邦題 マーシーX フレンズ以上、恋人未満!?)』でいってみましょう!

marci-x-poster-0.jpg


Boyz R Us - Let's Wait↓


自らの会社運営だけでなく、慈善事業なども積極的に行い民衆の支持を集めていたベン・フェルト氏(Richard Benjamin)。しかし自らのグループ企業である音楽レーベルから、史上最悪のラッパー・Dr.S(Damon Wayans)が作品をリリースした事を知る。彼の最低最悪なリリックに、市民団体の批判はレーベル社長であるに向けられ、とうとう寝込んでしまうはめに!。批判が大きくなる中で、なんとかしなければと立ち上がったのは、フェルト氏の娘、マーシー(Lisa Kudrow)であった。彼女はDR.Sに近づき、なんとか彼の持つダーティーなイメージをクリーンなものに変えようと努力するが…

ご存知Damon Wayansが今回は最低最悪のダーティーラッパーDr.Sとなってこれまたハチャメチャな“HIPHOP ミュージカル”を創り上げている!驚きなのは、富豪ベン・フェルト役で映画に出演しているRichard Benjaminが自ら監督を務めていることだ。彼はこの作品の他にもWinona Ryder の『MERMAIDS(邦題 恋するマーメイド)』や、Clint Eastwoodの『CITY HEAT』、Kim BasingerとDan Aykroyd共演の話題作『MY STEPMOTHER IS AN ALIEN(邦題 花嫁はエイリアン)』などといった作品も監督してるんですよ。

Dr.Sは、リリックが「PARENTAL ADVISORY EXPLICIT CONTENT」だってのはともかく、ファッションがかなりイタイんですよ!なんだかMCハマー系トあり~の、PIMP系もあり~の、GYANGSTA系あり~のでもうムチャクチャ(笑)。ここまで徹底してくれると、中途半端な役設定なんかよりずっと解かり易く、ずっと感情移入がしやすいんだよね。

白人監督が描いている事もあり、イメージ上でのラッパー・イメージ上でのアフロアメリカンスタイルって、脚色はしているとはいえやっぱこういったものなのかなぁなんて事も思ったり。ただこの作品はそんな風にアフロアメリカンアーティストをただ単に屈辱的な表現や犯罪と結びつけるのではなく、“理解”や“歩み寄り”の中で生まれる信頼や恋、なんて事をテーマにしているので、イヤミな感じは全く無いですよ。

もちろんコメディ作品なので、全体的にアッパーな感じでストーリーが進んでいくし、前にも記述しているように歌や踊りが溢れている“ミュージカルっぽい”つくりになっているのでなんとも楽しい!

でもね、この作品の主役は、Dr.SのDamon Wayansじゃない、アフロアメリカンの中へバンバン入っていき、自らの感性やパフォーマンスで次第に彼らのハートを摑んでいくマーシー・Lisa Kudrowで間違いない!(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

デーモンファンと致しましては... 彼のフィルモグラフィーから、この作品を抹消したい位です(涙) なんで出ちゃったの?って感じですが、これが初めてじゃないんで、慣れました(笑)
でも「最凶女装計画」の「プラダのバック」シーンは、この映画から頂いた感じがします...
【2006/08/08 09:27】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
なるほど~、やっぱ“イタ”かったですか(大笑)
随所に“そりゃね~べ”系のディティール、ありましたね(笑)
でもね、個人的に今の所彼の作品で“痛い!”ってのは、今日更新する作品の方なんですけどね(笑)
【2006/08/08 20:14】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/109-ca1c8780
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。