GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『スラム』だよ!
ブラックムービーってなかなか全国規模で劇場公開されなかったりするよね。特に後になってビデオやDVDで発売されたやつをチェキって見ると、「なんでこれが公開されないんだろう?」って不思議に思えるほどオモロい作品も結構あったり。そんなだから『くろいえいが』の公開にはメチャクチャ敏感になって、情報を入手すると隣の県まで高速飛ばして映画見に行ったりする事も珍しくないんだな。

この映画『slam』も、そんな感じで見に行ったんだけど、大々的に宣伝されてた訳でもなく、超有名な俳優が出てる訳でもなく、どちらかというとひっそりと公開された作品…でもね、この手の映画が好きな人達やアーティスト達の賛辞は、公開前からボキの耳にはしっかりと飛び込んできてた訳で。「ヤバイのが来た!スゲエのが来た!」みたいな。

20060525124825.jpg


ジェイルで雄たけびをあげるSaul Williams↓。



映画をみた後ってのは「いや~、凄かったよな~」とか「カッコよかったよな~」とか「感動した!by小泉」だったりするもんだけど、この映画に限っては静かに感動を抑えるっていうか、自分の中でこみ上げてくる熱いものをあえて内に秘めたままにする事であれこれ考えたり思ったりしつつラーメンをかっくらった記憶があります(笑)たしかに「スゲエのが来てた!」だった訳。

舞台は首都ワシントンDC。Saul Williams 演じる主人公レイ・ジョシュアは、ある意味ブラックムービーの『お約束』であるマリファナの売人。自分が置かれている状況や現実を思い知り、そこからの逃避や希望を込めた思いを『詩』で表現する事が特技であり安らぎだった彼。結局ハッパ不法所持で逮捕され投獄を喰らうが…。

丁度この映画が公開された時期、至る所で『ポエトリーリーディング』なる言葉をよく耳にするようになってたけど、ホントにアメリカではこういった詩人達のライヴは頻繁に行われていた様で。『slam』というタイトルは、もちろん主人公や登場人物が置かれている生活環境も指すけど、ポエトリーリーディングの中でも攻撃的で激しく相手に向けてメッセージを発する形態をこう呼ぶんだよね。実際にこの映画に出演しているキャストの中でも、こういったポエトリーリ-ディングの大会で優勝している人もいる様で、さながらライブシーンは、本当に『言葉の言霊』をモロに感じる迫力なんだな。

カメラワークもインディだけあってドキュメンタリーっぽくって生っぽい。着てる服装や食ってるもの、子供達や女性達の顔まで、変に飾られる事なくまぎれも無い「slam」がそこにあるって感じがムチャクチャするんだよ。バトルと呼ぶには上品だけど、発表会って呼ぶにはあまりにもチャチくて…ポエトリーリーディングはそんな魂の詩人達にとっての自己表現の場であり、生きている証であり、未来への希望なのかも。

SLAMを抜け出す為の手段は、ハッパや粉や銃だけじゃなく、熱意や思い、言葉や思想…そしてそれを継続出来る信念なのかもしれないですね。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/11-c2e14afa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。