GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『FULL ECLIPSE (シュリンジ)』だよ!
先日お伝えしたように、ココのブログでも100本以上のブラックムービーを紹介してきましたが、未だに『SF』というジャンルを扱っていない事に気がついたんだなこれが!確かにブラックムービーのSF物といっても皆さんが頭に直ぐ浮かぶのはWill Smithの『MEN IN BLACK』ぐらいじゃないっすか?

な~んて言った後に「という事で今回は『MEN IN BLACK』をご紹介!」とか言ったらあまりにもベタだよね!

んでもってボキのビデオライブラリーを漁って見つけたのがこの映画『FULL ECLIPSE (邦題シュリンジ)』です!!!

ee35a87d.jpg



主演はボキも大好きなMario Van Peebles!そして毎回楽しみな紅一点の綺麗どころは『LETHAL WEAPON 2』や『ABSOLUTE BEGINNERS』など沢山の映画にも出演している、元POPグループ“エイス・ワンダー”のボーカルでもあった“Patsy Kensit”!! 俺、結構中学の時萌え萌えだったんだよな~彼女に(笑)。話それるけど彼女は3人のミュージシャンと結婚したけど…全部結果離婚・現在独身…ん~なんともな~(笑)

んなこたぁいいとして、この作品は俺的に一言で言えば「SFポリスアクション狼男(笑)」ってな感じかな!最初に冒頭で述べた様にジャンル的には立派なSFに属するし、安っぽい特殊加工でもない…でもね、ど~しても『B級色』はプンプンしてる訳だけどね(笑)

舞台はLA。ロス市警の刑事マックス(Mario Van Peeble)はある事件の中、ディスコでギャングと銃撃戦になった際に相棒のジム(Anthony John Denison)が撃たれ重症を負ってしまう。しかし生きるか死ぬかといった重症であったにも関わらず、次の日ジムは何事も無かったかの用に職場復帰し、マックスを驚かせる。しかも彼はその日以来人間の常識をはるかに超えた力を備えていた。相棒の急激な変化や妻との関係にも悩まされるマックスは、専門カウンセラーにアドバイスされ、あるグループへの参加を勧められる。そんな中、相棒のジムが謎の自殺をするのであった…

ここから先書くとモロにネタバレ街道まっしぐらにもなるし…正直後半は「ハイハイ。でしょうね~」系なのでここまでにしときますが(笑)。何かのキッカケで異常な力を手にし、正義の為に戦うって話は今までにも結構あったでしょ?まあ最近では『SPIDERMAN』や『FANTASTIC FOUR』とかね。でも共通しているのは皆が知ってる“HERO”であったり人類に“RESPECT”されてたり。でもこの映画の“特殊部隊”の隊員達は、秘密に組織されていたり、自ら望んだ訳でもなかったりと結構“DARK”な感じが全編に渡ってプンプンしているんだよね。

ただやっぱりそういった“HERO物”ってのは、どこかで“アメリカ万歳”的要素が主張されているのを凄く感じますよね。個人的にはそういった部分に何かを求めたりはしないものですが、結果としてハリウッド映画、しかも娯楽映画では“アメリカ万歳”的な部分ってさ、映画をいい意味で“オモロイ方向”に持ってってる様な気もするんです。決して政治的な意見ではなく、なんだかんだ言ってアメリカの映画だもん、そりゃそうなんじゃない?って感じで単純に「すっげ~!」や「おもしろ~!」って気分にしてもらえたら文句無いっていうかね。逆に言えばさ、ちょっと違った感じではあるけど先日『男達のYAMATO』を見たんですよ、やっぱ『パールハーバー』より良かったもんムチャクチャ(笑)。それは日本を日本が“れぺぜん”して作った映画だからなんじゃないかな。ちょっと話が脱線したけどね(笑)。ナショナリズムを色濃く映画に反映させるアメリカの中で、常に問題提示や真実をREALに映し出しているのがブラックムービーとマイケル・ムーアなんじゃないかと思います(笑)

ま、なんにせよ、あのMario Van Peebleが特殊メイクやSFXバリバリ(いやバリバリって程でもねぇか)の映画に出てるってのを楽しもうじゃないの!(笑)。新年明けたばっかなんでちょいとライトなB級作品を紹介してみました~!!

でもMario Van Peebleなら何でも許せる!って人以外にはあまり進められない映画であると付け加えておきます(大笑)

PS 明日から日曜日まで東京出張ですのでしばし休憩です(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

映画とあんま関係ないけど、エイス・ワンダーって懐かしいね~。チミ、好きだったんだ?これまた、ちょいと意外かも!

出張、お気をつけて~!
【2006/08/09 23:45】 URL | South Bum #x.a9DJRA [ 編集]


パッツイ・ケンジットのワンレンが好きでした。
GEE-Q EIJIさん、マリオ作品を結構抑えてますよねー。私の夫も「SOLO」とか抑えてますが、SF好きなのに、さすがにこれは抑えてませんでしたよ...
SFのブラックムービーで浮かんだのが「ブランクマン」(笑)CGなしのモノ本ヒーロー(笑)

出張お気をつけて行ってらっしゃい~。
【2006/08/10 13:47】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

ただいま!
>みなみばむ
パッツィは『ビギナーズ』や『リーサルウエポン2』なんかにも出てすっかり女優だけど、俺的には“すていうぃすみ~”なんだよ(笑)

>わるどぉさん
マリオは凄く好きな役者なので、まだまだストックありますよ~(笑)。ってかホントに真のB級KINGは彼だと思います(笑)
【2006/08/13 22:35】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/111-76b588a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。