GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『JUICE』だよ!
GEE-Q EIJI a.k.a Rock Smooth T…これは俺がDJをやっていた時の愛称なんですが、よく言われるのが「映画の“ジュース”からとったんでしょ?」って事。これは半分そのとおりで半分違います。今日はちょいと“インサイドストーリー・オブ・じ~きゅ~ちゃん”を少しばかりお話しましょう(笑)え?んなこたど~でもいい?…いいから聞け!(笑)

『GQ』って男性向け雑誌がありますよね、俺の記憶が正しければコレ“Gentlemen’s Quarterly”の略なんですが…違います?。俺学生の時このGQを自分に当てはめて見たんです…結果「俺は“genius&quarrelsome”だな」って(大笑)。そんな事言ってたりする内に、ダチには「Q」と呼ばれたりしてました。これは会社に入っても続いてすっかり定着してたんですね~。女性社員や上司にまで!…はいおしまい(笑)

さて、話が明後日の方向に飛んでってしまいそうなので元に戻しますが、今回はそんな“Gee-Q”が主役の映画『JUICE』をご紹介しちゃいましょうか!

juice.jpg


JUICE / DJ PLAY↓


プロのDJになる事を夢見るクインシー、通称“Gee-Q”(Omar Epps)は、始めての大きなDJバトルに出場する事が決まる。しかし、何時もツルんでる仲間達から度胸試しとして地元のデリを襲う計画を持ち込まれる。バトル当日、順当に勝ち上がるGee-Qであったが、自らの出番の間に計画通りデリを強襲する。しかし、仲間の1人であるビショップ(Tupac Shakur)が、誤ってデリの主人を射殺してしまう。その事がきっかけで、中間達の絆の歯車が狂い始める…。

いわずとしれたHIPHOP MOVIEというかBLACK MOVIEの金字塔ですよね。現在シーンで活躍するDJの中にはこの映画をみてDJを始めたって人も出てきてる今、時代の流れってのを痛烈に感じたりするものです。確かに今見てみるとバトルシーンでのDJプレイも、その時代を感じさせるものの様に見えちゃうから、俺も歳取ったのかな~なんて(笑)でもそういった皆に愛され続けている作品も、公開当時は様々な問題があったり…というのもこの映画に触発されたような内容の事件などもあり上映を規制されたり…、問題作だったんですよ。

ERIC.B & RAKIMのけたたましい“Juice (Know the Ledge)”で映画が始まるなんて、否応無しにも気分は盛り上がるってもんでしょ?Naughty By Nature、Big Daddy Kane、EPMDを始めとするビッグアーティスト達の共演サントラも大ヒットしましたからね。

ただ、どうしてもそういった“プレイ”や“音楽”に意識が持ってかれがちな映画ですが、若者達の心理描写・学生出産・異人種トラブル・殺人・銃・サヴァイヴ…といったブラックコミュニティーが抱える問題を若者の目線で鋭く切り込んでいる秀作だと個人的には思ってます。ただ、それは恐らく、ボキ自信が様々な“臭覚”や“視覚”又、ブラックカルチャーに対する探究心ってのがメタメタ深かったから、そういった“目線”で見たからなのかもしれないけど、あくまでこの映画は“娯楽映画”の粋からは脱していないかも。要は肝心な“強烈なる問題提示”ってのがイマイチ弱かったといいますか。あえてそんなもん娯楽作品にはいらないといってしまえばそれまでですが、やっぱ長年SPIKE LEEの元で映画に携わっていたErnest R. Dickerson監督だからこそ、見る方も欲が出ちゃうんですよ(笑)

HOPHOP色が強い映画だからこそ、映画の全編に渡って描かれている犯罪的要素が個人的にはHIPHOPをネガティヴなイメージに取られかねないのでは…という懸念もあったのが事実。ただ、Tupac Shakurというラッパーが強烈な個性で“役者”としての輝きを魅せた記念すべき作品として、いつまでも語り継がれるであろうマストな1本!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

このムービーはやばいですよね~っ!!何回も見てしまうヤツです。2パックがどんどん人殺しになっていって、ついに自分の仲間や友達まで殺すのも平気になっていく姿が怖い~。この映画を期に,後の彼のLIFEもこの役そのものになっていった、とよく言われますけど、とにかくトラブルの多いお人でしたよねっ(苦笑)わたし的には役者の方でがんばる2パックの方が好きでしたね。
【2006/08/20 09:39】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
何度も何度も繰り返し見る作品って結構あるけど、この作品はホントに何度と無く俺も繰り返し見てきたよ。それだけ色んな意味・部分でブラックムービーらしい1本だよね。2パック、こっからって時だったのにね~ホントに。
【2006/08/20 21:13】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


ほんとですね~2パックもビギーもこれからだっというのにねえ、彼らの人生が惜しまれるが良くわかります。ちなみに、わたしはALLIYAの死も惜しくてなりません。マトリックスにも出演が決まっててこれから!という時だったのに、、、
【2006/08/21 00:14】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
そうなんだよね~、彼女はマトリックス2に出演するはずだったんだよ。女性アーティストで言えばTLCのレフトアイが亡くなった時もそりゃ~ショックだったよ。ホント心からR.I.P
【2006/08/21 07:38】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/114-4aa77037
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。