GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『BREAKIN'(ブレイクダンス)』だよ!
俺が小学校5年生の時に見たこの映画、当時は“HIPHOP”という言葉すら知らなかった俺が小学校3年生の時にジャッキー・チェンの『酔拳』を見た以来に五感を揺さぶる衝撃を覚えた。「人間技じゃねぇ…」、率直な感想だった、それほど彼らが繰り出す技の数々は、ガキの心を揺さぶり、そして今でもその“文化”に魅せられ続けているキカッケになったのだと思う。

今夜紹介する映画は、そんな俺にとってのHIPHOP LIFEのスタートでもあった作品『BREAKIN'』をご紹介しちゃいましょう!

breakin.jpg




まずこの作品、舞台はNYではなく西海岸なんですが、ブレイクダンス…ってかB-BOYINGはEASTとWESTではカラーが大きく違ってるんです。発祥の地はHIPHOPそのものがそうである様にNYのサウスブロンクスなんですが、足技(フットワーク)主体で魅せるNYスタイルの“リズムブレイキン”に比べ、LAはパワームーブ(大技)が主な“パワーブレイキン”といったものが多く、もちろんこの映画でもフロアをグルグル回るアクロバティックな大技が随所で見れます。

プロのダンサーを目指しコーヒーショップで働きながら、日々レッスンに没頭するケリー(Lucinda Dickey)。彼女はある時、海岸のストリートで自分とは全く違うスタイルのダンスを目にする事になる。それがB-BOYING…ブレイクダンスだった。すっかり魅せられたケリーは、ストリートダンサーであるターボ(Boogaloo Shrimp)とオゾン(Shabba-Doo)と意気投合し彼女のスタジオへ彼らを招く。しかしケリーのインストラクターでありダンス界でも名の通ったフランコ(Ben Lokey)はSTREET出の彼ら、そして彼らのダンスを断絶する。敵対するチームとのダンスバトルに敗れたオゾンとターボに、ケリーは協力する事を告げ、再びバトルへと向かう…

この作品でも名場面中の名場面としてB-BOYが必ず上げるのが、ターボ(Boogaloo Shrimp)がクラフトワークの名曲“ツールドフランス”に乗ってホウキをマジカルに使いながらポッピングを魅せるシーン!これが素晴らしい!映画の中でこういったシーンがポンと入る事によって全体的に“ミュージカル”の様な雰囲気・演出になってて見ててマジ楽しかったなぁ~。これはやっぱり監督のJoel Silbergが元々ミュージカルや舞台の演出家だという部分で活きてきてるのだと思う。

実在したDISCO“ラジオトロン”での激しいDance Battleのシーンは迫力満点で、Pop'N'Tacoの尋常じゃないウェーブやポッピングのコンビネーションは鳥肌モノ!Lucinda Dickeyもハツラツとした感じがなんともイイ感じで好きだったな~俺。まぁその後彼女を見たのはSho Kosugiの『NINJA III: THE DOMINATION』だったけど、それっきり…ああ彼女は何処へ(笑)

スニーカーにジャージといったNYのB-BOYと違って、スパイクブレスレットにバンダナ、度派手なTシャツに胸チラ、カンゴールじゃなくてボルサリーノといったファッションは、今思うとスゲエ“滑稽”なんだけど、当時俺らは本気で真似てたりもしたもんだ。

忘れちゃいけないのが、LAという事もありICE-Tがチョロッとスゲエ髪型して出演してます(笑)しかもDJ兼MCだもんよ!ビックリでしょ?でもね、これがカッコイイんだよマジで!

オーディション会場で、「B-BOYは辞退しろ!」と相手にされず、審査員が「NEXT!」と叫んだ後…オゾンがタキシードの袖を引きちぎり、「オ~ゾ~ン!ストリイイイイイイイイイト ダンサアアアアアアアアアア!!」と叫びながら審査員の眼前で踊り捲くるシーンは、マジで震えたよ!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

美しさのオゾンと技のターボ。映画の内容はともかく、2人のダンス見ているだけで幸せな気分になれます。内容も分かり易くって好きです。この3人、物凄く気になるんですよねー。近所に、ケリーそっくりな人が住んでいたので、勝手にケリーと呼んでました。
【2006/08/23 05:20】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
確かに俺もいまだに『ルシンダ・ディッキー』とは呼ばずに『ケリー』と言いますよ(笑)。この映画の公開で、ブレイキンと言えばNYだけでなく、LAのパワーブレイキンの方が早く一般的に日本で認知されることになったんですね~。
【2006/08/23 07:13】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


西は「Breakin’」なら、東は「Crush Groove」と対比されるように、この作品は「Crush Groove」のすぐ後に出たムービーだと聞きました。
CHAKA KAHMの「Ain't No body~」の曲でブレイクダンス,しかもレオタードでブレイクダンス!に笑ってしまいました。
【2006/08/24 10:29】 URL | YOKO #- [ 編集]

YOKO
ブレイクダンスも西のパワーブレイキンと東のリズムブレイキンとカラーは随分違うよね。特に西はコノ頃“エレクトリックブーガル”というか独特な電子音が流行ってたし。ま、マスに対するアピールや配給元の意向で一般的にも受け入れられるように“ジャズダンス”との融合みたいな形で作られたのかも。オーディションシーンなんて『フラッシュダンス』っぽいじゃん?(笑)
【2006/08/24 10:53】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/119-95a509ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。