GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『GUESS WHO (招かれざる客』だよ!
皆さんも経験ないですか?初めて彼氏や彼女の親と会う時って、やっぱりなんだかんだ言って緊張したりするものですよね。お互いが何かに気を使ってしまう中、どうしても“発生”してしまう妙な空気もあってか、声が1オクターブ高くなったり、なんでもない話なのにヤケに笑ったり…なんなんでしょうね(笑)

基本的に俺はガキの頃から『おちつきがない』『めだちたがりや』というレッテルが貼られていた遠慮なし系のわんぱく坊やだったし、それがそのまま大きくなったようなヤツなので、緊張しなければいけない場でもそれほどあがらないタイプなのですが、今夜紹介する映画は、そんなシチュエーション時のドキドキに、更に様々な“障害”が重なっても~う大変だよこりゃ!って感じのアットホームラブコメディ『GUESS WHO (邦題 招かれざる客)』。

guess-who.jpg


Guess Who↓


60年代に名優Sidney Poitierも出演し、Katharine Hepburnがアカデミー主演女優賞を受賞した『GUESS WHO'S COMING TO DINNER』を大胆にリメイクし、コメディ色も強めた作品なんですよ。主演は『Mr.3000』や『THE ORIGINAL KINGS OF COMEDY』でおなじみのBernie Mac。競演に『THE BUTTERFLY EFFECT』ではシリアスな役どころを好演していたAshton Kutcher、ヒロインには『DRUMLINE』や『CROSSROADS』のZoe Saldanaといった顔ぶれ。

一流会社に勤めるエリートサラリーマン、サイモン(Ashton Kutcher)は、上司の不条理な“ある注文”を聞き入れる事が出来ず、会社を辞めてしまう。そんな事実を話すキッカケがなく、恋人であるテレサ(Zoe Saldana)の実家に交際&結婚の報告に行く事になる。しかしアフロアメリカンであるテレサは家族にサイモンがアフロアメリカンでは無い事をまだ話していなかった。彼と対面し、驚きを隠せないパーシー(Bernie Mac)は、人種間でも問題をチクチクとサイモンに冷たくあたる。サイモンも家族に自分を気に入ってもらおうと色々努力するが、なかなか上手くいかずに悩んでしまう。そんな時、仕事を辞めた事がテレサにばれてしまい、パーシーもワイフと喧嘩。女性達が家出してしまい、家にはパーシーとサイモン2人っきりになってしまう…。

60年代の『GUESS WHO'S COMING TO DINNER』は当時の事情もあり“人種問題“に関してシリアスなタッチで触れた社会派ドラマであったのに対し、全編にわたってそういった問題に触れているにも関わらず、重いメッセージ的な部分がDOPEに強調されている訳ではない、家族や愛の大切さといったものが素直に伝わってくる作品にリメイクされていると思います。ちなみにポワチエ版の方は、アフロアメロカンが“訪れる側”という立場が逆のストーリーでした。

テレサの家族とサイモンが夕食を共にするシーンがある。サイモンは人種間のバリアを解こうとあえて差別的なジョークを話し始めたんですが、内容はこういったもの。

「100人の“黒人”を地面に埋めたら…アフロの芝生」
「300人の“白人”に追われてる1人の黒人は…タイガーウッズ」
「何故アダムとイヴのイヴは“白人”?…でないと誰が“黒人”から助骨を取る?」

しかし皆の激高に触れたのがコレ
「黒人が手に入らないものは…目のクマ・ピンクの唇…そして仕事だ」

自分たちが日常生活を送る中で、例えそれが人種問題など全く関係無い内容にせよ、人と話したり接したりする時、相手に対する“タブー”を自分の物差しだけで計ったら、それこそとんでもない目に合うよね。良かれと思ってやった行動・言動も最低最悪の結果になりかねないって事。特にこのシーンに関して言えば、“異人種”の人間に自分達を冒涜される屈辱感という背景が存在する以上、全体的にアットホームな感じの映画の中でもこういったシーンは重要なポイントであったと思う。

日本でさえ、HIPHOP“的”な言葉やスラング“的”な言葉を、こういう感じで使えばカッコいいんじゃない“的”に使用してる人が数多く存在してると思う。俺だってその1人かもしれない、腹立つ事あると「ぼ~うるしっとぅ!」とか抜かしてるし…(笑)。だけど、少なくともこういったシーンを見ていてスルーするんじゃなく、なにか“疑問符”を持ってみたり“認識”する事で、ブラックムービーの価値ってものがまた違ったものに感じてくるんじゃないかと思うんです。ブラックムービーの様々なシーンには、そういったタブーや常識のヒントが沢山詰まってるんですよね。

むやみやたらに「わっつぁっぷ!○がー!」とか言ってる人多いけど、友達感覚でアフロアメリカンに向こうでそんな事言ったら…マジぶっ飛ばされるよ(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

Ashton Kutcherは、いまやデミ・ムーアの若夫って印象ですね。バーニー・マックのギョロ目の怪演でしたねー。オリジナルのスペンサー・トレイシーを越え、人種を超えたお父さんの怖さがありました。レースのシーンとか面白かったですね。
【2006/08/24 15:37】 URL | わるどぉ #JalddpaA [ 編集]

わるどぉさん
Spike Leeの『キングオブコメディ』に出演してた4人の中では“主役”としての作品でも結構オモロいのはやっぱバーニーマックじゃないかと思います。おもろかったですね~レースのシーン。結局は緑突き破って警察の前で止まる!みたいなお約束もあり~ので(笑)
【2006/08/24 17:09】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/120-bc74e124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。