GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『GIRLFIGHT』だよ!
ちょっと前にTVで『ワールド・スタント・アワード』を見たんですよ。要は映画における“スタント部門”のアカデミー賞みたいなものだね(結構KILL BILL2が独占)。ハリウッドでは主役が自ら実際に危険なスタントを行うのは殆ど皆無で、映像的には全く解からなくてもちゃんとスタントマンが吹き替えを担当してたりするもんです。

その授賞式にプレゼンテーターとして登場してたのが、俺も大好きMichelle Rodriguez!なんともワイルドな立ち振る舞いに男勝りな性格、斜に構えたように相手を睨む目線はマジで俺の萌えポインツをくすぐる訳だ(笑)。

そんな彼女を初めてスクリーンで見たのが今夜ご紹介する作品『GIRLFIGHT』。2000年に製作された彼女の処女作で、その年のインディペンデント・スピリット賞の新人俳優賞を受賞した1本。なんとテーマは“ウーマンボクシング”!

girlfight.jpg




ブルックリンに父親と弟の3人で暮らすダイアナ(Michelle Rodriguez)は、目標も無く、ただ平凡な毎日を退屈に暮らしていた。しかし日増しに酷くなる父親の家庭内暴力にダイアナの神経も限界に近づいていた。そんな時、弟が無理やり父親に通わされているボクシングジムに月謝を納めに行くダイアナであったが、ジムで汗を流す男達のハングリーな闘争心に触れ、次第に“自分もボクシングをしたい”という衝動に駆られる。しかしそのジムでは女性の入門は許されていなかった…。

ココ最近『MILLION DOLLAR BABY』という超メジャーなウーマンボクシングの映画がありましたが、この『GIRLFIGHT』は『MILLION DOLLAR BABY』のボクシングシーンを2倍にして“尊厳死”というテーマを引っこ抜いた様な作品って言えばわかりやすいかな(笑)

監督のKaryn Kusamaは日米のハーフで、現在公開されているCharlize Theron(LOVE!)主演のSF大作『AEON FLUX』でもメガホンをとってます。実際『GIRLFIGHT』はもちのろんろん“ど”が付く程のインディー作品なんですが、Michelle Rodriguezのギラギラした野生的魅力はこの頃から全開で、「コイツ誰だよ!」ってスクリーンに目が釘付けになったもんよ俺!冒頭独特なカスタネットの音色に乗せて、彼女がグッと睨んでくるカットで始まるんだけど、そこからもうゾクゾクするんだよな!

女性の格闘物ってさ、結構“お約束色の強いヒーロー物”が多いでしょ?悪玉の男達をバッタバッタ倒していくみたいな。でもこの作品は凄くダークな感じが作品全体を覆ってて、生々しさの中に悲壮感さえ漂ってるんだわ。それは家族との楽しい時間や、恋人との思い出なんかを沢山経験すべき年頃の少女が、何故四角いジャングルに居場所を求めたか…といった部分にも大きく関係してるのだと思う。

今シーンで活躍するアフロアメリカン女優の中で、何処にも属さないオリジナリティを持った彼女に、今後も目が話せない!といっても最近はなんだか奇行の方が目立ってるけどね(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

ミシェル・ロドリゲスは、実生活でも飲酒運転だか、スピード違反で捕まった時に、「コミュニティサービスする位なら、ジェイルに入る!」と、本当にジェイルに入った位、タフですよねー(笑)彼女は、アフロアメリカンじゃなくって、ヒスパニックになると思います。ひょっとしたら、カリブ系の黒人の血が混ざっているかもしれませんが...
【2006/09/01 14:26】 URL | わるどぉ #JalddpaA [ 編集]

わるどぉさん
そうですね、これを以前のブログにUPしたのが随分前なんで、内容やデータが若干甘々になってました、すいません(笑)。最近では人気テレビドラマ『LOST』にも出てた彼女、ん~萌え萌えです(笑)
【2006/09/01 21:32】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/128-36352f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。