GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『メナース II ソサエティー/ポケットいっぱいの涙』だよ!
アフロアメリカンの映画監督というのは、日本では考えられないくらいの若さでデビューする事が珍しくなく、今回の『MENACE II SOCIETY』のアレン&アルバートのヒューズ兄弟も当時なななんと弱冠20歳だったんだよ!。日本じゃやっと成人式って感じのジャリが映画なんて普通撮らないだろうし、撮りたくても撮れないだろうよ!ただアメリカという国に生まれ、アフロアメリカンの生活を直視してれば、それを何らかの形で表現し、何らかの形で世間に発信したくなるのかもしれないね。実際に行動し、実現出来るのは確かに一握りかもしれないけど。そんな才能ある双子の初監督作品がコレ。

20060525140109.jpg


Mc Eiht - Straight Up Menace↓


まず俺が思い出すのが、この映画のキャンペーンで来日したヒューズ兄弟が、邦題である『ポケットいっぱいの涙』ってのにえれ~激怒したそうだって事。英語が分かんない日本人に『MENACE II SOCIETY』って言ってもピンと来ない…ならばもっと分かりやすいタイトルをってな事でこうなったのかもしんないけど…俺も正直「ええええええ?」って思った。パッと見で意味分かんないタイトルなんてブラックムービーじゃなくても沢山ある。だからといって『SNIPER』=『山猫は眠らない』や、『Body Heat』=『白いドレスの女』…数え上げたらキリがないくらい「そんな邦題に変えなくても!」って作品が多い!いっけね、話が脱線してきたが、それほどヒューズ兄弟がこの『MENACE II SOCIETY』ってタイトルに拘りを持ってたんでしょうね。

舞台は暴動で有名になったワッツ地区。物語の主人公ケイン(Tyrin Turner)は、ドラッグのトラブルで父親を亡くし、母親もまたドラッグのキメすぎで死んだ。そんな苛酷な環境の中、彼も当然の様に生きるか死ぬかのハードサヴァイヴで毎日を生き抜く。そんな中、ホーミーの1人が殺される事から、悲惨な状況に落ちていく…

2年前に公開されたJ・シングルトン監督の『Boyz'n the Hood』が、LAのギャングを生々しく描き、様々な物議を醸し出しただけあって、この作品も似たようなバックボーンの物語だけど、銃を撃つ者、撃ちたくない者、薬を売る者、売らない者が、それぞれ最後まで己のスジを通し、それぞれの結末を迎えた『Boyz'n the Hood』に対し、この『MENACE II SOCIETY』は、撃ってた者、売ってた者が、気付き・考え・思い、反対側の人間になろうとする…が、しかし!ってな所がちょいと違う。

「殺し」を始めて経験したケインの心情や、「殺し」が決して珍しいことでもないLAのアフロアメリカンコミュニティは、意識の矛先がどんどん後退化していく事さえ気がつかず、また1人それが「当たり前」や「生き残る為の必然」と考える人間が増えていく矛盾を感じずにはいられない問題作だと思います。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/13-3e1c5f11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「MENACE?SOCIETY(ポケットいっぱいの涙)」   

「嫌な奴」 fromAlbum「水中物語」 水中日記   2ndAlbum「水中物語」発売中 【2006/11/26 19:51】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。