GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『MIAMI VICE』
久しぶりの週末2連休という事で、これまた久しぶりに『映画館梯子観覧』をしてまいりました。しかも1日で3館3本!さすがにちょいケツが痛いんですけど(笑)。ま、かつて『1日5館5本』という記録を何気にこなしてたあの頃から、随分歳くってますしね(笑)

さて、その梯子観覧のオープニングを飾ったのが、今夜ご紹介する作品『MIAMI VICE』。1984年からスタートした人気TVドラマの映画化となった作品ってのはみなさんも御存知の事。んじゃ、この作品の監督である巨匠Michael Mannが、TVシリーズにも製作総指揮で携わり、「この作品はTVでやるにはストレスが溜っていたんだ!」ってな感じで映画化を熱望してたって事、知ってました?…実は俺もこないだ知ったんですけど(笑)

オリジナルの主演であるDon JohnsonとPhilip Michael Thomasに変わって登場するのが、今をときめく2大スターColin FarrellとJamie Foxx!果たしてどんなコンビプレーを魅せてくれたのか!?

miami_vice.jpg




マイアミ警察の特捜課ソニー(Colin Farrell)とリカルド(Jamie Foxx)。売春摘発の捜査で潜入したクラブに、仲介屋から連絡が入る…。FBIが極秘で行ってきたある捜査の情報が麻薬密売組織に漏れ、潜入捜査官が殺害されるという事件が起こる。何処で誰によって情報が漏れているか解からない状況の中、ソニーとリカルドは原因を突き止めるべく“潜入操作”の任務に就く…

結論から言おう!まさにこれでもかというくらいのMichael Mann作品でR!(笑)

超メジャーな役者をキャスティングし、配給元もユニバーサル、おまけに題材が人気TVドラマ…どれをとっても“ハリウッド的超大作”の要素がてんこもり!実際にフェラーリをはじめとしてBMW、レンジローバーといった超高級車のオンパレード、自家用ジェットもブンブン飛ぶし、超高速艇を惜しげもなく爆破したりといった、ハリウッドの“お約束名物シーン”も迫力十分。

でもね、決して“スカっと爽やかアクション映画”で終わらないのがMichael Mann作品の魅力。どんなに金かかってても、どんなに派手でも、全体的に漂うブルーカラーな雰囲気、そしてほとばしる“男臭さ”は、俺的に言わせてもらえば『大人の映画』そのもの。ラストでは監督も大好きであろう“マシンガン乱れ撃ち”をハンドカメラで追う銃撃戦は真骨頂って感じで手にじんわりと汗かいたもん(笑)

どちらかと言えばColin Farrell 寄りのストーリー展開だなと感じたんだけど、今まで見たどの作品よりも、この映画のJamie Foxx はスタイリッシュでカッコよかった。なんだかんだ言って彼は“カッコイイ”役ってあんま無かったでしょ?バシっとスーツとサングラスを決め込んで銃を構える彼は、同じMichael Mann 監督作品である『ALI』や『COLLATERAL』とは全く違ったSEXYさをアピール出来たんじゃないかな。

女性陣は、今回Colin Farrell がお熱になる組織の女イザベラにGong Li が抜擢されてたけど…ん~イマイチ(笑)。俺的にはスコープ越しに見る相手に向かって「秒速8××で鉛の銃弾が脳天をぶち抜くわよ!」みたいなセリフを吐いていた捜査官の1人ジーナを演じたElizabeth Rodriguezが今回の萌え萌えチャンピオンでした(笑)

Michael Mann の“ジンワリと体に染み渡るクソ熱さ”ってのは、20代の頃よりも今、そしてきっと今よりも40代になってからの方が強烈に伝わってくるんだろうな~。やっぱ好きだわ、Michael Mann!(笑)
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

かっこよかったね~。アタシもなんでGong Liなんだろって思ったけどね。チミの萌え女優のが、かっこいいのは全く持って同意します。そして仰るとおりで、アタクシも女性の1人してCollin Farrellに萌え萌えでした(笑)
【2006/09/02 21:32】 URL | South Bum #- [ 編集]

みなみばむ
もうさぁ、いい大人なんだからさぁ、もちょっとさぁ、作品自体をさぁ、楽しむってかさぁ、今度はさぁ、コリンファレルってかさぁ…肩書変更!『GEE-Q POSSEのミーハー女帝』じゃああああ!(笑)
【2006/09/02 23:23】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


2人で同じ映画見てる!って、今週末公開だったんですねー。ポスターと予告編見て、スルーしちゃったんですが、2人に書かれると見たくなりましたわ。
【2006/09/03 15:08】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
これは俺の場合やっぱ監督に思い入れが強いですからね~。ただ、こんなに大作扱いではありますが、『BADBOYZ』の様に万人受けするかどうかは?…って感じでは有りますね(笑)
【2006/09/03 15:24】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/130-821f441f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。