GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『SCRATCH』だよ!
高校生の時、マックでバイトしてた俺。

夏のクソ暑い時期なんて、いくら冷房が入ってるとはいえ厨房内はまるでエジプトのクリーニング屋並の刺激的な暑さな訳。そんな中、「ねえねえ、私たちの関係ってさ、人から見ればきっと“月の夜、星の空”みたいなんだよね、きっと!」なんて、さすがの俺も思わず何もかも忘れてツチノコを探す旅に出かけたくなる様なスパイシートークを交わしつつ、オーダーに散々悩んだ挙句に2人でフィレオフィッシュ1個しか注文しないという桜田門外の変もビックリな暴挙に出るカップル達もしばしば現れたりするんだこれが!。

そんな光景を、まるでネコが臭いものを嗅がされた時、目と口が締まり無い状態になるという“フレーメン反応”同様の精神状態に陥りながらも、心優しきマイトガイな俺は頼まれもしないのにマスタードガンをいつもの5倍撃ちまくるのであった。

俺がそういう過酷な状況の中でバイトに情熱を注いでいたのも、全てはHIPHOPのマストアイテムである“ターンテーブル”を購入する為。でもね、いくら機種やブランドに拘らないとはいえ、そりゃ~10万円以上の大金がかかるじゃん。いざ買いに行くって時は、初めて“流れるプール”に流された時と同じくらい興奮したさ。

今では機種も買い替え、CDJなる便利なものまで手に入れたりしたけど、あの頃の感動や情熱は今もそのままハッキリと新鮮に覚えてますよ。

そんなこんなで今回はHIPHOPのエレメントの中でも“DJ”にスポットを当てたドキュメンタリー作品『SCRATCH』をご紹介。

scratch.jpg


Q-bert mix master mike world championship showcase 1995


70年代に産声を上げたHIPHOPの中で、DJプレイがどの様に生まれ、誰が何を表現してきたか…又どの様に進化してきたかといった歴史を、重要キーパーソン達の興味深いインタビューと共に紐解いていく。

初っ端からMix Master Mikeの超絶テクをバックに、Grand Wizard Theodoreの“スクラッチ誕生秘話”なんかもいきなり飛び出してくる。その後もAfrika BambaataaのZULU NATIONとDJ Jazzy Jayのきっかけや、自宅の地下室公開…んんん~シャレになんないレコードコレクション!

クイーンズに飛べばRoc Raida、Rob Swift、Eclips、Mista Sinistaといった“X-ECUTIONERS”の面々が練習風景などを見せてくれ、サンフランシスコではQ-BERTが4台のTTを使ってダチとセッション!

ある意味この映画を見れば、ターンテーブリスト達が繰り広げる超絶テクを目の当たりにする事で、『やっぱDJは“趣味”に留めて置こう』という気持になったもん(笑)。それほど世界のターンテーブリストのテクニックというのは人間離れしている芸術的なものだし、ただ単純にテクニックを磨いてきたのではなく、HIPHOPに対する愛情や覚悟の様なものも並々ならぬものが随所に感じ取ることが出来た。

最近でこそDJ名義での活動やアルバムリリースが増えてきたが、かつてはMCの影に隠れ、完全な“縁の下の力持”状態だったDJ。しかし、それこそアンダーグランド!、彼らのプライドや行動意欲は次第にステージを表舞台へと自ら引き上げる結果となるんだけど、それこそ気が遠くなる様な枚数のレコードを手に取り、辞めたくなるほど繰り返しスキルを磨き、様々なライバルや状況と切磋琢磨してきた結果だと思う。

事実は小説より奇なり…作り話ではない彼らの証言や、CGではない彼らのテクニックは、うむとも言わせぬ説得力と感動を俺に与えてくれました。傑作!マスト!

俺がまだ2歳の時、ZULU NATIOを立ち上げたBambaataaに最上級のRESPECTを!

しかしQ-BERT…ターンテーブルのインプラグをフェーダー左右逆にセットするなんざ…もはや正気の沙汰じゃない(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

スマイルください。
マックでバイトしてたなんて、意外っす。
うちにもターンテーブルありますが、全~~~然使ってない飾り物になってます。この前、オヤジに「教えろ!」と脅迫したんですが、「俺だって全然やってないから、手が動かないよ~~」とすっかり弱気でした。
【2006/09/08 07:17】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
今わるどぉさんの住んでるであろう方向の空にむかって『ニカ~』っとスマイルをぶちかましてたら、となりのばあちゃんに変質者を見るような目で見られたところです(笑)。俺のTTも半分“インテリア化”してきたところ。こ、これじゃヤバイ!と反省した朝でした(笑)
【2006/09/08 07:22】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/137-643dd584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。