GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT』だよ!
2001年公開された、Rob Cohen監督による『THE FAST AND THE FURIOUS(邦題 ワイルド・スピード)』は、よく翌年John Singletonにバトンタッチされ『2 FAST 2 FURIOUS(邦題 ワイルド・スピードX2)』がつくられるという人気シリーズになりましたよね。

え~!あのJohn Singletonが~!などと若干驚いたけど、コノ手の作品は監督うんぬんの問題ではなく、ただ単純にスカッとオモロい!ってな感じの娯楽作品に仕上がってた様な気がしますが、なななんと、またまた監督が交代し、新たにシリーズ最新作が出来上がっちゃった訳です。

しかも今回の舞台は…東京~!!!JAPAN~!!!GOで~す!

という事で今回はそんな“ワイスピ”シリーズ最新作『THE FAST AND THE FURIOUS: TOKYO DRIFT』をご紹介!

fast_and_the_furious_tokyo_drift.jpg


TOKYO DRIFT↓


アメリカのハイスクールに通うショーン(Lucas Black)は、フットボールチームの男と車のバトルの結果、“器物破損”や“不法侵入”などの罪を問われ、逮捕を免除されるのと引き換えに、街を出る事になった。しかも行き先は、父親が住む“日本の首都・東京”。下町に住む父親の元、高校に転入するショーンだったが、そこで知り合ったカーキチのトゥインキー(Bow Wow)に、夜立体駐車場で繰り広げられているバトルに連れて行かれる。ふとした事でヤクザの叔父を持つドリキン(Brian Tee)とバトルをやるハメになったショーンだったが、結果は惨敗…しかも借りた車は大破してしまう…

まずこの作品の製作決定後、一番の話題といえば日本の俳優陣に妻夫木の名前が挙がってたりしましたよね…

出演時間約1分なんですけど(笑)

俺の間近に座っていた、ボーイジョージが性転換手術して二日酔いになったような女が、これまたデイブスペクターを無理矢理沖縄出身にした様な連れの男に、「げ~!妻夫木あれだけ~?」と、思わず売店に行って「すいません、水鉄砲あります?中味はつぶつぶオレンジで」と我を忘れた行動にでそうになる様な断末魔の奇声を発していたが、妻夫木よりもよっぽど教師役の柴田理恵や、ヤクザの親分にはソニー千葉(!)、それから銭湯にはkonishikiが浸かってるし(笑)、そういった人達の方が“おぉ~”ってな感じになったよな~。

それから、主人公が港でドリフトの練習をするシーンで、それを眺めるご意見番的な釣り人役に、元祖ドリキンのプロレーサー土屋圭市氏も出てたり!わかってるじゃんかよ~ハリウッド~!みたいな(笑)

前2作品がとにかく直線をいかに早く走るかっていう“ゼロヨン”に比重を置いていた作りに対し、今作はタイトル通り、ドリフト走行といった“テクニック”を重んじるバトルシーンが続きます。車のブレーキング&アクセル技術を屈し、ケツを振らせて滑るようにコーナーリングをかます“ドリフト”は、これまでのハイウェイとは違い、立体駐車場という狭いスペースでのバトルにも十分の迫力を演出してくれてますよ。

もちろん、東京の街中をガンガンに突っ走るシーンもありますが…これは合成!ロスのスタジオで撮ったカーチェイスを東京の風景にくっつけたそうです。なんでも出来るだよな~CGって!

それから登場する車はほぼ日本車!TOYOTA・日産・三菱・HONDAと、日本の公道を走ってる車ばかし!ま、ラストのバトルで活躍するのはムスタングなんだけど、それはまあハリウッド作品という事で(笑)

ただ、嫌な予感が的中したのも事実。要は日本が舞台というのに、日本人同士の話まで英語だったり、日本人訳を日本人が演じて無い為、みょ~~なカタコト日本語だったり。今までもこういった矛盾を感じることって結構多かったじゃないですか。あんまり気にしなくても良かったのは『BLACK RAIN』くらいだもんな~。Lucas Blackの学ラン姿もかなりキツいもんがあったしね(笑)

あ、そうそう、一番最後にサプライズゲストが出てくるんだけど、思わずニンマリの粋な演出だったよ!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/140-6f53f1ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。