GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『AMANDLA!(アマンドラ!希望の歌)』だよ!
まだ巷に“レンタルレコードショップ”などが多く存在してた頃、つまり小・中学生の時代、小遣いを握り締めてはちょくちょくシングル盤・LP盤といったレコードを借りにいってました。

そんな時期、俺がとても興味深く聴いた思い出があるのが、ロックの神様Bruce Springsteenなどが参加したプロジェクト『SUN CITY』。皆さん御存知でしょうか?スティーヴ・ヴァン・ザント提唱の元にボプ・ディランやマイルス・デイビスまで参加しました。色々な意味でチャリティーやムーヴメントといえば『USA FOR AFRICA』や『BAND AIDE』等が世界的にHITしましたが、この『SUN CITY』は俺の中で他のどのプロジェクトよりも強烈に印象として残っています。

アパルトヘイト…1940年代から約50年に渡って続いたアフリカ(特に南アフリカ)での人種隔離政策ですね。“アパルトヘイトの父”と形容され、原住民問題担当大臣であったヘンドリック・フェルワールド首相は、自ら指揮をとった人種差別思想の歴史的恥部を“良き隣人関係政策”といった支離滅裂な表現を残しているけど、結局は白人の独裁下、低賃金重労働を“白人以外の人種”に強制し、権利的位置関係を明確にする独裁&人種差別政策だった事に変わり無い。

彼らは“ホームランド”なる地区(国)にて種族別に別けられ、徹底的に“白人至上主義”の下、不条理な生活を余儀なくなれている。それは俺らの想像を遥かに超えた、あたりまえの“自由”が存在しない生活。もちろんネルソン・マンデラを指導者としたアフリカ民族会議(ANC)といった反抗勢力も生まれたが、政府は“バントゥ・ホームランド法”などの制定で弾圧。国連が本格的に動き出すまで、数々の指導者やキーパーソンが収監、又は命を落している。マンデラもシャープヴィル事件(確かバスボイコット系の暴動)後、1960年代に終身刑を言い渡され、1980年代後半にデクラークが大統領に就任するまでの約20年以上に渡って獄中生活を余儀なくされています。

今回ご紹介する作品は、アパルトヘイトに対し、自分達にとって唯一の、そして最も強力な武器である“音楽”を信じ、常に理不尽な差別と真正面から闘い続けた人々のドキュメンタリー『AMANDLA!(邦題 アマンドラ!希望の歌)』をご紹介します。

amandla_a_revolution_in_four_part_harmony.jpg




「白人を怒らせたいときは歌えばいいのさ」とインタビューに答えが帰ってくるように、当時彼らが反抗という手段を表現出来るものといえば、歌うことぐらいだったに違いない。
ただでさえ暴力や迫害が日常茶飯事だった暗黒の時代、“権力”や“暴力”をこれでもかという程誇示していた白人達に対して、個人の思想や勇気など、簡単に捻り潰されていたと思う。

ただ彼らは団結し、決起し、行動する事を恐れなかった。時には大きな犠牲を払い、時には絶望を目の当たりにしながらも。何故闘わなければいけないか、それを一番明確に伝える手段が音楽だったんだと、この作品を見れば一目瞭然だった。

劇中にも名前があがる、歌手であり作曲家であった運動家ヴィシレ・ミニ。ヘンドリック・フェルワールドを強烈に皮肉った歌“フェルワールドには気をつけろ”などを作った彼は、今現在も“偉人”として人々の尊敬の対象である。しかし、そんな彼も当時はもちろんレジスタンスとして貧困地にひっそりと葬られていた。彼らがこの現代に、改めて彼の墓を掘り起こし、皆で“偉人”を弔っていたのが強烈でしたね。

HIPHOPやブラックカルチャーに興味がある人間なら、このアパルトヘイトに対して少なからず興味や関心がある人も多いと思う。この政策がどういったもので、どういった人物が関係していたか…。今では書籍だけでなく、NETで詳細を調べる事は簡単に出来る。でもね、長きに渡って続いたアパルトヘイトが崩壊し、マンデラが大統領になった後のアフリカがどうであるか?といった部分はどうであろうか。

マンデラはアパルトヘイト体制で生じた有色人種と白人の対立図式や経済不況などを解消すべく全力を尽くしたが、経済的な理由が大きい計画倒れも否めない現実。マンデラの後を継いだムベキ大統領就任後もエイズ問題や失業、また貧困から生ずる犯罪多発など問題は今でも山積みである。

あるTV番組で、エイズ孤児の幼い子供に“将来の夢は何?”と質問していた。 彼は

「白人になりたい。仕事もたくさんあるから」

と答えた。俺はそれを見てボロボロ泣いた。俺らはまだ、本当のアフリカの現状を知らなすぎる事を痛感した思いだった。彼等の願いが音楽を通じて表現されている事をこの作品で知り、またそれはただ単純な音楽表現でなく、生きるか死ぬかの中で生まれた“言霊”である事も知った。願わくば、その言霊が全世界に通じ、アフリカだけでなく戦争や内戦に苦しむ人々の平和や、生きる勇気に繋がり、差別や殺戮・支配の愚かさを全ての人間が心に刻む事を心から願う。

『BUENA VISTA SOCIAL CLUB』に酔いしれた方も多いと思うけど、この作品は更に歴史的検証や平和・人権に対するリアルなメッセージが込められた傑作音楽ドキュメンタリーだと思います。

彼らの唄は革命の唄!

正に “アマンドラ!(力を!)”!!!!!

9.11、同時多発テロが起こった今日だからこそ、平和と人権の願いを込めて
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

こういった作品ってなかなか目にするチャンスがないので残念なんですけど、アフリカの現状とか、その他いろんな問題ってなかなか報道されることもないよね。でも何が起こってるかに目を向けるのってとても大切なことだと思います。こういう映画もガンガン日本でも公開されるようになるといいね。
【2006/09/11 20:48】 URL | アタイ #- [ 編集]

みなみさん…
お言葉を返すようで申し訳ない我弟子よ…
この作品…
劇場公開されとるがなっ!(笑)

速攻で見るべし!業務命令なり!(笑)
【2006/09/11 20:53】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


師匠!何度も失礼した上に、お言葉を返すようですが・・・あたしの家の近くの劇場では公開されていないので、アタシのなかでは日本未公開です!っつか、見れるんだ?任務を遂行したいと思います。
【2006/09/11 21:12】 URL | でし #- [ 編集]

みなみコラアアア!!!
なら隣町、隣の隣町まで見に行くのがGEE-Q POSSE's DIGGINじゃろがい!(笑)
ってか今ではDVDも出てるんで、この作品は是が非でも見ていてもらいたいと思う!もはや業務命令ではない!使命でR!
【2006/09/11 21:18】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


撮りっ放しで見てない作品のひとつです...

懐かしいですな。レンタルレコード。A面B面なんて言葉を知らない若者もいるかもしれないですわ。チャリで、大きなLPを抱えて運転するのが、中々難しい。それこそ、スプリングスティーンの3枚組み?のアルバムの”カセット”がうちにありましたわ。

というか、ちゃんと見ます(反省)
【2006/09/12 14:47】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉさん
あの頃の光景が目に浮かんだ…(笑)
俺が行ってた店は星条旗の模様の袋に入れてくれたんだけど、それをホントに脇に抱えながら早く針を落したい一心でチャリこぎまくってた(笑)
。A面、B面、シングル、LP…そして12インチシングルはお値段微妙(笑)
【2006/09/12 18:03】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/142-ddfff046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。