GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE GREAT WHITE HYPE(ファイト・マネー)』だよ!
ボクシング映画といえば、そりゃ真っ先に思い出されるのが名作『ROCKY』でしょ?俺もこれまで数え切れないくらい見てきたし、様々なシチュエーションで俺を奮い立たせてくれた大切な作品の1つ。

実力テストの前日、中間テストの前日、期末テストの前日、高校受験の前日、気合を入れる為にROCKYを見ては、最後まで見終わらない内に深い眠りに付き、テストどころではなくなり、朝ビデオを壁に叩きつけると言うほろ苦い思い出がある…。

又、初めての空手の試合時、気合を入れる為にまたまた『ROCKYⅡ』を見て望んだはいいが、思わずROCKYの生霊が乗り移り、反則である顔面パンチを相手のこめかみに「ヌウウオオオンン!」という雄たけびとともにブチカマした結果、自分は無傷で反則負けとなり、後で先生に気が遠くなる様な説教を喰らうというビタースウィートサンバな思い出もある。…

またまた、初めてBOXINGの試合に臨んだ日も、しっかりと『ROCKYⅢ』を見てイメクラ…いや、イメトレ完了だったが、あいにく時間がなくて、グラバーにKO負けし、トレーナーのミッキーが亡くなるというシーンまでしか見れなかった為、試合開始20秒でダウンを奪われるという、これまた限りなく透明に近いブルーな屈辱を味わったのであった。(ま、勝ったけどね(笑))

つまり、実際に格闘技をやってた俺にとっては、特にボクシング映画ってのは血沸き肉踊りまくるジャンルであるといえる訳です。

さて、今回ご紹介するのはそんなボクシングをテーマに、ベテランのSamuel L. Jacksonと、俺も大好きなコメディアンDamon Wayansが活躍(?)する作品『THE GREAT WHITE HYPE(邦題 ファイト・マネー)』です。

great_white_hype.jpg


Method Man - Bring The Pain↓


金と権力をフル活用し、自分の“息子”同然であるボクサーを使って荒稼ぎする悪徳(?)プロモーター・サルタン(Samuel L. Jackson)。一番の稼ぎ頭である38戦38勝無敗のWBI(笑)世界ヘビー級チャンピオンのローパー(Damon Wayans)は、そんなサルタンに命がけで闘ったファイトマネーを要求するが、じつは観客離れなどで金が無い。怒ったローパーを納得させる為にサルタンが考えた案は…白人の選手、しかも一度チャンプが負けたことのある現ヘビメタ歌手のテリー・コンクリン(Peter Berg)を挑戦させるという事だった…。

俺的には俳優陣それぞれの“得意分野”を考えれば、何故こういったキャスティングになったのかイマイチ不明な部分もあるっていうか(笑)。それはまずこの作品が一応『コメディ』としての要素を前面に出しているからというのが一番大きい訳だろうけど、正直笑えるような作品では…ない(笑)。つまり、笑いに精通している人間が多数出ているというのに、そういった持ち味をすっかりスポイルされるようなつくりになってるといいますか。主役の1人であるDamon Wayansはノーギャグ、それに対戦相手のテリーも含めて“ヘビー級”ってのはかなり無理があった。それから対戦を熱望するシャバスのマネージャー役で出演してるJamie Foxxに至ってはセリフも存在感も…(笑)。ま、今をときめく彼がこれほどのチョイ役で出てるって事だけでも見る価値あるかも(笑)

Samuel演じるサルタンは、行動・言動・経歴など、当たり前の様に(笑)DON KINGが頭に浮かぶわな。それに話題つくりの為、大よそタイトルとは無縁の白人を探してくる何ざ、モロに『ROCKY』マル出しだし、その相手がアマ時代に敗戦してるなんてシチュエーションは、TYSON復帰戦の相手、Henry Tillmanを髣髴させられる。つまりラスベガスを舞台に繰り広げられる物語の内容は、実際のプロボクシング界などで行われているエピソードなどがタップリ盛り込んであるといえるかな。そういった裏側で行われているスキャンダルを調べ上げようとするジャーナリスト役として、ベテランのJeff Goldblumも出演してることだしね。

ただ一つ、最後のファイトシーンを捌くレフェリーが、Richard Steeleだったのにはビ・ツ・ク・リしたね(笑)

Samuel達が対戦相手の“ホワイトホープ”を探す為に、TVで試合をあれこれ見てるってシーンがある。映し出されるのはモノホンのプロの試合。その中に『ROCKYⅤ』にも出演したJohn Wayneの甥、Tommy MorrisonがRAY MERCERにド派手なKO負けするシーンまで!…リアルタイムで見てた試合なだけに、懐かしさと哀愁が漂ってきた。

やっぱBOXINGシーンといえば俺の中では…Wesley Snipesが一番かな
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/147-fefd930a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。