GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE METEOR MAN』だよ!
俺が6歳のとき、目を丸くしながらスクリーンに釘付けになった映画『SUPERMAN』、最近なななんとリメイクされましたよね~。Christopher Reeve演じるクラーク・ケントが電話ボックスでスーパーマンに変身し、弱者を助け悪を倒すというSFX映像に、ガキながらに超興奮したのを今でも覚えてます。そして興奮冷めやらぬまま、『スーパーマンごっこ』をレッツ!エンジョイ!していた俺は、高さ3mの塀から真下の畑に向かいダイブ!1人直下型ブレーンバスターを喰らい、次の日の学校を休んだもんです。

それから15年が経過し、ブラックムービーの世界でも、「スーパーマン」が現れた!…な~んて言ってもピンとくる人います?もしいたら「あ~た、かなりのブラックムービー通だね!」(ちびまるこ風に)

以前もココで言ったんですが、「ブラックムービーのSFモノって少ない!」って事。ま、そんとき紹介したのがMario Van Peeblesの『FULL ECLIPSE』だったんですが、皆さんはこれとほぼ同時期に作られた作品『THE METEOR MAN』をご存知でしょうか?

meteor_man-vi.jpg


Robert Townsendが監督・脚本・主演・製作と、ムチャクチャ力入れまくって作った“超B級(笑)”SF作品なんですけど…もう1回聞きますが、“知ってます?”(笑)

ってかその前にRobert Townsendはどうでしょうか。何故か日本では地味なんですよね~存在感は(笑)。恐らく彼を劇場で初めて見た作品は『STREETS OF FIRE』だったと記憶していますが、Eddie Murphyの『RAW』やHalle Berryの『B.A.P.S.』などでは監督もこなすマルチな人物なんですけどね~。

小学校の先生をしてるジェフ(Robert Townsend)は、ある日隕石の落下が直撃した事で大火傷の重症を負ってしまう。しかし病院に運ばれた後の彼は、事故が嘘の様に驚異的な快復を見せ、傷跡もまったく残らないほどで退院する。彼にはある不思議なパワーが宿っていたのだ。そんな時、街は異質なギャング達が蔓延り、崩壊寸前になっていた…

お世辞にも“素晴らしい”とは言えないSFXですが…なななんとこの特撮を担当しているのがあのILMなんですよ!インダストリアルライトアンドマジック!そう!ジョージルーカスの!し、信じられん!しょ、ショボい!(笑)いやいや、これは決してDISではないんですよ(笑)。なんといっても10年以上前の作品ですからね…でも当時見たときからショボ!っと思ったよな~(大笑)

でも俺はこの映画…大好きなんです!(笑)。ただ欲を言えばキリがないってのもある(笑)。まずRobert Townsendは主役なんだからもちょっとハジけてもよかったんじゃないかな~と思うんだよね~。でもさ、あくまでコメディという部分で見れば、主人公が身につけた超能力が、「おおおお~いいな~その能力!」ってモロに思えるレベルのものなんだよ(笑)、いわゆる“超トンデモ系”までいかない“並盛りつゆだくトンデモ系”くらい(笑)。いやもちろんスゲエこたぁスゲエんだけど、なんだかどっかがシュールなんだな!

コレは決してバカにしてるんじゃなく言うけど、ブラックムービーのノリって“この程度”が一番程よいんじゃないかなって思える作品!超スゲーSFX見た後コレ見てみ!クスッといくぜ絶対(笑)

それから月日が経過し、色んな痛さや辛さを経験し、まともな大人になった今、さすがに3mの高さからジャンプはしないけどね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

私がメテオマンを放っておけないのを知っていて、誘き寄せたわね!たまらなく好きなシーンが幾つもある映画です。低空飛行に、ミシン縫い、カツラなどなど。何ていっても、ロバート・タウンゼントは、ジェームス・アール・ジョーンズにカツラをかぶらせ、ハリ・ベリーに金歯をつけさせて男ですからね。その辺がきっとILM製(笑)
【2006/09/23 14:18】 URL | わるどぉ #JalddpaA [ 編集]

わるどぉ
うひょひょひょひ~!樹液を求めて“ヘラクレスオオワルドォ”がやって来たわい!(笑)。超“ロバタン”ファンのわるどぉ女史なら、もちのろんろんで『ハイスクール・ドタバタ修学旅行』も見てる事だろうな~(大笑)
【2006/09/23 18:05】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/153-a5daba11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『スーパーマン リターンズ』

劇場で『スーパーマン リターンズ』を観てきました。『スーパーマン リターンズ』は映画館の大画面とドルビーサラウンドシステムの迫力で楽しみたいと思ったからです。ホームシアターではどうしても限界があります。最初のスペースシャトル落下のシーンとか映画館に観に来て Gecko's Cyber Cafe【2006/09/23 19:57】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。