GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Moolaade(母たちの村)』だよ!
ココで紹介する作品は、劇場で見た作品意外でもレンタルやDVD購入、特に日本未公開作品は海外のDVDを購入したりして感想などを述べてる訳ですが、やっぱ本来映画は映画館で楽しむのが一番!それに映画館で映画を楽しむって事は、その映画館の持つ歴史や雰囲気なんかも凄く重要に思えてくるものです。

最近では大規模なシネコンが数大く存在し、どの席からでも非常に見やすく、又音響設備も最高の劇場が増えていますよね。だけど、俺なんか単館作品系の映画館や、古くて小さい映画館なんかが妙に落ち着いたりするもんです。昔はさ、今の様に“入れ替え制”なんか無くって、1日中映画館にいてもよかったじゃんよ。昔なんか弁当食ってるヤツも珍しくなかったもんな~(笑)。

今回紹介する作品も、上映される映画館が俺にとっては初めて訪れる所だったので、色んな興味や期待が膨らみながら車を走らせた訳です。その作品は『Moolaade(邦題 母たちの村)』、俺にとって久しぶりのフランス映画(セネガルとの共作)となったこの作品、いや~、120分以上の作品でしたが…ホントに見ごたえ十分でした。

moolaade.jpg


“割礼”…普段日本人の俺らにとっては聞き慣れない言葉ですよね。Wikipediaで調べたら“女性器切除(じょせいきせつじょ、Female Genital Mutilation、略称FGM)あるいは女子割礼(じょしかつれい、Female Circumcision)とは、主にアフリカを中心に行われている風習。”とありました。この作品は、まさにその“割礼”をテーマにした作品なんです。

舞台はアフリカ・セネガル。ある日4人の少女がコレ(Fatoumata Coulibaly)の元へ駆け込んでくる。「切られたくない!」…彼女達は昔から村に伝わる風習“割礼”を拒否し、逃げてきたのだった。彼女達は割礼に対する保護権利である“モーラーデ”をコレに対し求めてきた。というのもコレはかつて自分の娘を割礼により亡くし、自身も後遺症により自然分娩が出来ない体になっていたからだ。彼女達の思い、そして自分自信の経験から、コレは“モーラーデ”を実行し、彼女達を守る決心をする…。

一言で“女性器切除”と言っても想像がつかないでしょ?劇中にもあった様に麻酔や消毒も無しで無理矢理そういった儀式を行う事自体、俺らにとっては目を覆わずにはいられないものであるし、実際“オペ”と呼べるような代物ではない為に、後遺症や伝染病、最悪の場合“死”に至ることだってあるだろう。

少なくとも日本人の俺らにとって理解し難い“儀式”には、その土地の歴史や文化、又は宗教などが密接に関係していると思われるが、はたして必ずしも“伝統”は“正義”であるのか… “風習”は“幸福”に繋がるのか…。ただ、それに疑問を持ち、反発し、変化を求め行動をするという事がどれほど困難でリスキーな事なのか、この作品はそういった部分を実に静かに、そして力強く、実に淡々に、そして切実に訴えて来るような気がした。

いくら“モーラーデ”という権利の主張が存在していようが、結局は強烈な“男尊女卑”や権力にモノを言わせた“強制”などにより、主人公であるコレは徹底的に弱者としての立場を思い知る事になる。割礼vsモーラーデ、そして女vs男、伝統である悪儀vs未来に向けての正義…4人の少女から始まるドラマは、何時しか村全体、そして歴史すら巻き込む対立へと展開していく。

監督のウスマン・センベーヌは、随所にアフリカ“らしさ”や、アフリカ“特有”の味や色を織り交ぜている事がわかる。それらは決して単発で浮いている様な演出ではなく、結果、物語の確信にぴったりと寄り添う様な形で各シーンに置かれていたように感じた。それぐらい彼らの暮らしや習慣などがスクリーンから伝わってくる作品だったと思う。

「俺らにはありえない現実」、「悩んだり考えたりする必用の無い問題」であるかもしれない。ただ、同じ地球上に住み、同じように生きていく権利を持つ者が、不条理な伝統や習慣により信じがたい悲しみや苦悩に虐げられている事は、決して「知ったこっちゃねぇ」じゃすまない事実。もちろん、その土地に生まれ、その土地で暮らした場合、今持ってる感覚でいるかどうかは解からない。それだけ長い間、当たり前として存在した歴史の中には、意味や信念が存在するのかもしれない。

ただ、俺は言いたい。「当たり前や普通」って、世界中でそんなに違うのか?って事。

決して見終わった後、嬉しさや喜びといった感覚に包まれる作品ではない。むしろ、今まで知らなかった想像を絶する現実に、深い悲しみを味わうことになるかもしれない。

でも俺は、主人公であるコレや、彼女をサポートする村人達が、ムチや権力に屈しない姿に、女性が生まれ持つ本来の強さや優しさ、正義感を垣間見た気がした。それと同時に、日本のすべての女性も、気持のどこかにこういった真の女性らしさを失わないで貰いたいと心から思った。

御年80を越えるウスマン・センベーヌが、一般的に頻繁に報道される事が無いタブー、そして女性差別問題に深く切り込んだ情熱、そしてアフリカ・セネガルに対する深い愛をひしひしと感じれた1本。

PS 今回の作品、ココにて紹介する映画150本目となります。以前ライブドアブログで100本は越えてましたが、また新たに一区切り出来たことになります。もう既に俺の目標は200に向いてるし、それも余裕でクリア出来る事は間違いないっしょ!

ブログを始めて、NETを通じ知り合った人々、その中でもGEE-Q POSSEの面々には、毎回熱~い直メッセを貰って俺も嬉しく思います。

まずは尊敬する大先輩、TaK@-B a.k.a.BOONとの出会いにRespect & Big up!

そして…

GEE-Q POSSE KANSAI … South Bum
POSSEの会員番号1番にして最年長(笑)。経験とクソ熱さという武器だけで、博士や学者に突っ込んでいく様な無謀さ加減、正に狂える一番弟子!長い旅は始まったばかりじゃなオイ!

GEE-Q POSSE TOKYO … TOMO
ウーマンパワーが多いPOSSEの中、俺が心底認める男気溢れるモノホンのBrother。続けようぜ、Hiphopの草の根運動!作ろうぜ!Hiphop Company!夢は叶うぜ兄弟!

GEE-Q POSSE BROOKLYN … YOKO
その行動力、天晴!その決意、お見事!そしてその愛、真実なり!かわいい俺の妹分よ、その内家族に会いに行くぜ。そん時ゃBrooklyn LagerとYOKOの手料理で乾杯だ!

GEE-Q POSSE L.A … わるどぉ
俺が強制的、そして本人断り無し(笑)にPOSSEに加えたBlack Movie界最高最強のパイオニア。 “追いつき、追い越せ!”精神で継続出来ているのも、チミのお陰。心のライバルに心から感謝!

次は200だぜ!その次は…キリがない(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

まずは、映画。これ、アタシも女性ならでは、母ならではの強さに感動しちゃいましたね~。劇場で見て正解だったなぁと思いました。

んで、150本なんだ?おめでとう&おつかれ~!会員番号1番って、まるでおニャン子のニオイがするわ(笑)これからも楽しみにしてます&勉強させていただきますわ。
【2006/09/25 20:15】 URL | South Bum #- [ 編集]

みなみばむ
会員番号は1番でも、チミのポジションは“山本スーザン久美子”ですから念の為。
俺が200行く前に、チミの目標本数とやらが叶う事をお願いマイダーリン(笑)
【2006/09/25 21:10】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


アタシは山本スーザン久美子のファンだったんですが、何か(笑) 200行く前にって・・・大丈夫やがな!ご心配なく~(笑)
【2006/09/25 21:36】 URL | South Bum #- [ 編集]

さうすのばむ
それはもちのろんろんで“新作以外”でのクリアであることは間違い無いであろうな…。霞んでいく記憶を呼び戻し、すでにナイトヘッドである右脳を活用し、目標を達成してくれたまえ!(笑)
【2006/09/26 11:18】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/156-6d828fa2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。