GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『LOVE AND A BULLET』だよ!
カウントダウンTVをごらんの皆さん、こんばんは、ペギー葉山です。

突然ですが、今俺の愛車“ホプキンス号(…だったっけ?)”のカーステは、バリバリのOLD SCHOOL MIXがヘビロテになってるんですが、どうしても聴いてると“相槌”なるものをうってしまう曲があるんです。そうそう、例えば…

「モ~ニングむっす~め~わ♪」の後に必ず
「うぉ~う!うぉ~う!うぉ~う!うぉ~う♪」って言うでしょ?

「せっか~いがう~ら~や~む♪」の後にも必ず
「いぇ~い!いぇ~い!いぇ~い!いぇ~い♪」って言うよな~!みんな!絶対!

それと同じように俺も必ず
「ひ~っぷほ~っぷふれ~い♪」の後には必ず
「ほ~!へぇ~い!ほ~!へぇ~い♪」って大声で歌うんですよ!Naughty By Natureの“Hip Hop Hooray”を!

ちなみに監督SPIKE LEE↓


例え信号待ちで隣に止まったオレンジ色のマーチに乗ってる量産型ザクみたいな顔のオバハンが、皮膚病にかかって前身の毛をそられた子犬を見る様な目で俺を覗き込んできても、その1人大合唱は終わらないのでR!

今夜の作品はそんなNaughty By NatureのTreachが、 “冷酷無比の殺し屋”を体当たりで演じる『LOVE AND A BULLET』を御紹介しましょう!最初に言っときますが、俺的には“イマイチ”…いや“イマ2”位の作品です(笑)

loveandabullet.jpg


札付きのチンピラとしてストリートでサヴァイヴしていたビショップ(Treach)は、ある組織に拾われた後、プロの“殺し屋”として様々な殺しのテクニックを教え込まれる。一人前に成長したビショップは“冷酷無比”な殺し屋として、組織からの依頼をこなしていき、ボスからも一目置かれる存在に成り上がる。立場は違えど同じような“業務”を仕事としていたハイリーン(Shireen Crutchfield)という恋人を亡くした直後、ボスが彼に命じた任務はある女性を調べろというものだった。その女性とはボスの恋人であるシンダ(Kent Masters King)。ボスはもし浮気が事実であれば殺せと命令するが…。

Omar Eppsの『CONVICTION』に出演以来、この作品が初の主演となるTreachなんだけど、俺的には“伸び伸び感”があまり伝わんなかったというか…まあ非常な殺し屋役という事も影響してたんだと思うんだけど、イマイチ彼の持ち味が出てなかった様な感が強いね。

というのも、シリアスなストーリーでありながら随所に“小ネタ”な笑い所をチョコチョコ含ませてあるんだけど…これが逆効果な気がするんだよね(笑)。元々チェーンソーやバット担いでた“Naughty By Nature”な彼…中途半端な笑いよりか、モロにシリアス路線でGを演じた方がいい味出せる様な気がするんだけどな~(笑)。

やけに回想チックなナレーション的セリフが多かったりするのもちょっと…ね(笑)。それに白人のボスとアフロアメリカンの部下という図式の中で、ボスがキング牧師の事を引用するシーンがある…とってつけたような感じで(笑)、それってどうなんだろうと思うし、やっぱ全体通してのテンポがイマイチだったりするのかな。

今回の“萌え萌えポインツ”は、ハイリーン役Shireen Crutchfield!スタイル抜群で綺麗だよ~。そりゃシンダ役のKent Masters Kingよりも個人的にはずっとイイね…でもこの作品の他“BLACK MOVIE”であんまり彼女達見ないよね~(笑)

監督であるKantzも、現在の所この作品が最初で最後になってるし(笑)

Treachよ、何処へ…ほ~!へぇ~い!ほ~!へぇ~い♪


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

私は、NBNのコールアンドレスポンスは「Opp」の「や~、ゆ~のーみ~!!」に、目が細くなっちゃいますわ。
私はね、この映画結構好きですよ。とぼけた感じが笑えます。ふざけてますけどね(笑)もっと硬派な映画だと思ってたんで、見た後は足がカクンカクンと砕けました。
【2006/10/03 07:45】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

わるどぉ
俺ね、思うんだけどさ、嫌っちゅう程の超ド級のB級作品なんかも数多く見てると自分なりのオモロポイントを無理矢理探せるようになるんだよ…でもね、こういった中途半端な作品は、まともに見れば結構オモロいのに、目が変に“肥えて”きてんだよ(大笑)。困ったもんというか、“職業病”だよなコレ(大笑)
【2006/10/03 21:16】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/162-0ea4d260
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。