GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『187』だよ!
俺らがまだ学生だった頃の“不良”ってのは、そりゃ~恐ろしい奴ばっかだった。今の様に学生ズボンを腰履きしてロン毛の茶髪、ケンカとなればナイフ出すみたいな奴なんていなかった。剃りこみに長or短の学ラン、私服になれば“筋モン”なんじゃないかってくらい気合入って凄みがある奴ばっかだった。そう、丁度『BE-BOP HIGHSCHOOL』世代って奴ですよ。

決して“ワル”を正当化するつもりは無いけど、当時の不良は今よりも“無茶苦茶”で、今よりも“弁えてた”様な気がするんですよ。“ワル”だけど“悪”じゃないみたいな…。

かくいう俺も決して真面目な勉強家ではなく、なんともアホな“どまぐれ坊や”だった訳けど、“矢沢永吉ではなくRUN DMC”だったし、“ボーリングよりもブレイキン”だったし、“バイクよりもグラフティ”だった(しつこい様だけど)。先生から「おい!お前もブラブラしてないで、部活動にでも入れ!」とか言われても「せんせ~、そりゃ無理っすよ、帰って“夕やけニャンニャン”見ないといけないんで」な~んてすっとぼけて、空手道場に通ってたのを思い出す…もちろん“夕ニャン”見た後で…(笑)

さてさて、そんな俺らよりもちょい前の世代はそれこそ“校内暴力”ってのがピークだった時代。ただ、それは実際に死亡事件などに直結するようなアメリカとは全く異質であったというか。やはり銃やドラッグといった日本では考えられないアイテムが引き起こす事件は、それなりに大きな問題へ発展するのも事実。今回の作品はそんな状況の学園を舞台にした『187』。

187とは刑法で殺人を意味する数字…決してEAZY-Eの側近トラックメイカーではない(笑)

187.jpg


教師であるガーフィールド、通称G(Samuel L. Jackson)は、自らが落第処分にした生徒に逆恨みされ、腹部を刺され重症を追ってしまう。何とか命をとり止めた彼は、5ヵ月後、新たにLAのアダムス高校へ“代理教師”として赴任する。しかし、その学園で彼が引き受けたクラスは、最低最悪の不良が集る落ちこぼれ学級であった。特に札付きのワルであるセイザー(Clifton Collins Jr.)から目を付けられた彼は、必要な嫌がらせや暴力を受ける。以前の事件によるトラウマに悩むGであったが、ある日セイザーが水死体で見つかるという事件が起きる…

コレほどまでに“押さえた”演技を見せるSamuel L. Jacksonは初めて見たというくらい、全体的にトーンが低いサスペンスに仕上がっている。その分、俺的には本格的なサスペンス、しかも程よいB級感がいい感じで漂っている為、Samuelの重厚な演技が光、また見る物をグッと引き付ける良質のサスペンスに仕上がっていると思う。正直この手の作品に関しては、見た後の爽快感や充実感といった“陽の満足感”は求められないが、その分、非常に充実した“陰の満足感”を体験する事が出来た。もっと簡単に言えば「期待していなかったが、オモロかった」という事かな。

教師だって人間であり、人間であるが故に我慢を超えた限界に達すると、本来あたりまえの様に認識される善悪の判断が、コントロールつかなくなる…つまり“キレる”事だってある。

俺らがバカやってた頃の先生ってのは、ホンットに怖くて、ホンットに憎らしくて、ホンットに大好きな存在が多かった。だからこそ、叩かれるどころか、“殴られる”事だってあったし、ホントの意味で“タイマン”を繰り広げていた様に思う。それに顔面に大きな手形のみみず腫れなんかつけて帰ってこようもんなら「あんた!学校で何やったんだゴルアアアア!」と今度は親からしこたま起こられるという二次災害まで起こる始末。ただ、今はどうか…そんな事にでもなりゃ、保護者だかPTAだかか血相変えて抗議にやってくるわ、しまいにゃ大きな問題として報道されるハメになっちまう。

つまり、昔とは比較にならない程のストレスや鬱憤を必死に胸の奥に溜め込み、“教育って何よ?”と自問自答している熱血ファンキーモンキーティーチャーだって、世の中には絶対いる筈だと俺は思う。

この作品は、その“究極のブチキレ結果”なんじゃないかな。もちろんシチュエーションや理由は違えど、ある意味Samuelは、理不尽や横暴に対して人間が持つ当たり前の感情である、「なめんなよ」って部分を強烈に表現していたんじゃないかな。もちろん“殺人”が結果ではなく、人間が極限の感情を抑えきれなくなれば、必ず最悪の結果が待っているという事であり、それは自分にも、相手にも災いとなって降りかかってくるもんなんだと思う。

S先生、ごめんよ…御自慢の原チャリ、スプレーでラクガキしたあげく、跡形もなく破壊して。お陰で今ではすっかり丸くなり、ユニセフを影でこっそり応援したり、24時間TVを毎年4時間くらい見たり、チビッコと仮面ライダーごっこをやる時は絶対に“ライダー役”を譲らない優しさを見せたり、なによりココでこんな事やってますですハイ(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

ぬお~これは・・・アタシが昨晩書きかけて止めた作品だわ。これね、テレビで何回も見たんだけよね~、だから書けると思ったんだけど無理だった(笑)ここで読めてよかったざんす!
【2006/10/07 19:47】 URL | South Bum #- [ 編集]

GEE-Q POSSE なにわ みなみ
そんなん言われたら是非ともチミのレビューを呼んで見たくなるじゃんよ!やっぱそこはかとなく“狂える一番弟子”らしさを感じるもんになるのではないかと期待してルンバ・マンボ・サンバ・ボレロ!
【2006/10/07 21:01】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


サミュエルって意外と、B級映画で冴えてるよね。「Snakes on a Plane」とかもそうだし。

おにゃン子の会員番号何番が好きだった?電話でとんねるずと喧嘩するのとか、兄やん出てそう~(^^)きらないで~(笑)
【2006/10/08 03:06】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
それがさ、「Snakes on a Plane」は何故かこっちで10月から公開…サミュエル他にも結構撮ってるってのに…(笑)。それから、俺が好きな番号は14番、12番、36番のファンだった。そしてベティと腕相撲がしたくてしたくて!、たかさんに蹴られたくて蹴られたくて!消火器シュワ~ってかけられたくてかけられたくて!(大笑)
【2006/10/08 07:15】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


サミュエル先生だったら、不良学校でも通ってみたいわん(笑)わたしの好きな「Lean on me」のモーガン校長先生を見たときも同じ気持ちに駆られましたけどっ(笑)
【2006/10/08 22:31】 URL | YOKO #- [ 編集]

GEE-Q POSSE BROOKLYN YOKO
サミュエルは同じ先生役でも“コーチカーター”の方ではなんとも熱血で男気あふれる演技を見せてくれてたもんね。あ、それからちゃんと“Lean on me”もそのうちココで紹介するからね!
【2006/10/09 00:01】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/167-1df99347
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。