GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『LOVE SONG』だよ!
カウントダウンTVをごらんの皆さん、こんばんは、段田 男です。

さて、音楽の世界で成功したアーティストは、結構映画の世界にも入ってくるのは御存知の通り。最近でも“びよんせ” しかり “じぇい・ろ~” しかり “あやや”しかり…

…とまぁ、特にHIPHOPやR&Bアーティストの映画出演はメタメタ多いっていうか、もう“お約束”みたいなもんでしょ?

ただ、俺が思うに…特に女性アーティストで映画の方でも大成功って例、そんなに無いんじゃないかなと。あのJanet Jacksonでさえ『NUTTY PROFESSOR II』と『POETIC JUSTICE』の2本、しかも単独主役級の扱いではないし。まあコンスタントに出演してるのってJ-ROくらいでしょ?R&B以外ではMadonnaぐらいかな?(そのMadonnaも『スーザンを探して』は劇場の中、俺たった1人状態という寂しい作品だったもんな~)

ちなみに今回紹介する作品にも人気女性アーティストが出演していますが、彼女の作品は今の所それっきり…しかも正確には“TV映画”なんですよね。ん~歌と演技の両立ってホント難しいですよね~。

さてさて、ほんでもって今回の作品なんですが、SPIKE LEEの『JUNGLE FEVER』の様に、白人とアフロアメリカンの恋愛を取り上げた作品も幾つかありますが、そんな難しい問題をR&Bの人気アーティストであるMonicaが演じたTV映画『LOVE SONG』をご紹介しましょう!

192227.jpg




ニューオリンズに住む教師カミール(Monica)は、良家に生まれカルビン(Rainbow Francks)という婚約者もいる幸せな女性。彼女はいつも“独身”仲間のトニ(Essence Atkins)やヴァネッサ(Vanessa Bell Calloway)達とお互いの話などをして毎日を楽しんでいた。そんな時、彼女の前にガソリンスタンドでバイトをしながらプロのロックミュージシャンを目指す“白人青年”ビリー(Christian Kane)と知り合う。急激にビリーに引かれていくカミールにトニ達は釘を打つが、2人を止められるものではなかった。彼女はビリーのライブに頻繁に通うようになり彼の魅力にどんどん引かれていくが、ある日たまたまライブでマイクを握ったヴァネッサの才能にビリーは驚愕し、彼女にボーカリストをやらないかと話をするが…。

2000年の作品だから、この時Monicaは20歳。もちろん人気アーティストという事もあり、激しい性描写などがある訳でもなく、全体的に柔らかい恋愛物語になってる。なので、“異人種間恋愛”という一見DOPEなテーマも、そのバックボーンに“音楽”があったり“若さ”があったりと、随分ソフトな雰囲気に包まれ生々しさなどなく見れるね。それになによりBGMとしてでなく、演技の1つとして彼女の歌声が聴けるってのも贅沢な話だよ。

ただね、残念な事にMonicaがイマイチ“地味”なんだよ(笑)。だからといってBeyonceの様な派手さを求めてるわけじゃなくってさ…まあ、実際20歳の彼女にあれこれ注文するのも酷だったのかもしれないけど、主役としてのオーラがもうちょい欲しかったなと思うんだ。だからこそ、今グッと大人っぽくなった彼女の映画を見て見たいな~なんて思う訳ですよ。誰かいい脚本彼女に持って来ないかな~などといらぬお節介をやくのであった(笑)

ただ、彼女が仲間達、母親などと交わす会話はとても印象深い内容が多いんですよ。たとえば「紙袋(茶封筒の様な)の色より濃い肌の色の人間とは付き合ってはいけない時代だったの…」みたいなさ。あくまで作品のベースが“異人種間恋愛”であるという事を感じさせてくれるセリフなんかも存在する訳だから。

あ、チョイのチョイ役で、Tyreseが出てました。ポエトリーリーディングしてたよ!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

テレビ映画か~。見たいなぁ。最後の封筒の件のところとかめっさ興味深いセリフだねえ。

それと、Tyreseのポエトリーリーディングも見たい(笑)
【2006/10/11 20:28】 URL | South Bum #x.a9DJRA [ 編集]

GEE-Q POSSE なにわ みなみ
チミは頭パツキンに染めて、以前より夢見ていたキャンディキャンディのコスプレでもしときなはれ…ちょっとしたテーマパークよりよっぽど怖いがな(笑)
【2006/10/11 20:37】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


この映画前に見た事あったけど、ほんとMonica、Beyonceと比べると地味だね~(笑)だけど、この人、ほんと脚が長くってスタイルいいね~腕にがっつり入れたTatooが印象的!Monicaといったら、なぜかBrandyが頭によぎるは私だけでしょうか???(笑)
【2006/10/12 03:19】 URL | YOKO #- [ 編集]

GEE-Q POSSE BROOKLYN YOKO
そりゃやっぱ“The Boy Is Mine"のイメージが強いからだろうな~。俺は“So Gone ”がとってもスキでね、丁度2003年にNYに行った時、えらくかかりまくってた思い出があるんだよね~。
【2006/10/12 07:18】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


モニカもこれまた幸薄い女性よね。彼女が付き合った男がみんな不幸になってるしさ。頑張れよって声かけたくなるね。確かにオーラが薄いね。でも、なぜかブランディとかの同世代と比べると、1番好きかなー>歌手として(^^)
段田男も何やってるんだろうなー。
【2006/10/12 08:16】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
同感&禿同!俺もブランディよっかモニカの方が好きかな。しかし…メアリーJといいさ、幸薄系の方がいい唄歌えるのかもしれないわな、本人はそんなん望んでないだろうが…(笑)
【2006/10/12 17:54】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/171-1d2e8cf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。