GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『BROTHER』だよ!
その昔、ドリフターズの『8時だよ!全員集合!』が人気絶頂だった時代、俺も週末の夜になると必ずTVに向かって「志村~!後ろ!後ろ!」なんて大騒ぎしてましたよ!いや~懐かしい!しかし、そんなモンスター番組の終焉に引導を渡したのが、裏番組である『オレたちひょうきん族』でしたね。当時漫才ブームの立役者達がオールスターキャストで出演していた“ひょうきん族”は、それこそ“お笑い番組”の伝説として今も語り継がれている訳だ。

その中でも人気コーナー“TAKECHANMAN”で主役を演じてたのが、漫才コンビ“ツービート”のビートたけし。その時点で後に映画監督をやるなんて誰が考えた事でしょうか(笑)。

メルヘンやバイオレンスを独自のセンスで映像化し、印象的な水や空の使い方で『キタノブルー』なるブランドを確立。日本映画界での評価をを飛び越え、海外で絶賛され“世界のキタノ”にまで上り詰めた北野武がいよいよハリウッドに打って出た作品、それがBLACK色満載の映画『BROTHER』でした。

ef86f972.jpg




ヤクザ間の抗争事件に絡み、組を追われる事になる山本(ビートたけし)。彼はLAに留学後、音信不通になっている弟を訪ねて渡米する。しかし久し振りに再会した弟は、地元でアフロアメリカン達と共にチンピラまがいの裏稼業を行っていた。ひょんな事からイタリナンマフィアとの抗争を仕掛けた山本達は、自らのシノギを展開し、組織を拡大していくが…

10本以上ある北野武監督作品中、各国の映画祭などで何らかの賞を受賞したのが5本。だけど個人的にはそのどれより印象深く、ズシリと来るものがあり、最も好きな作品がコレなんですよね。ハリウッドうんぬん抜きにして、北野作品の持ち味が存分に堪能出来る本格派ハードボイルドムービーだと思います。

舞台がLAという事もあり、ヤクザ=マフィア・ギャングといった図式もある為、ブラックムービーでは頻繁に見られるドラッグや銃といったキーワードも映画全体を覆っているけど、やっぱり“ヤクザは何処に行ってもヤクザ”といった日本人らしい…いや、北野監督らしい解釈もキッチリと主張されているように感じる。それに、今までハリウッド映画に日本人が登場しても、ちっとも“かっこよく見えない”作品が多かった中で、これだけ日本人が色々な意味でハリウッドの俳優達に“負けてない”っていうか、ホントに絵になる事って珍しかった様に思う。『ブラックレイン』以来かな。

又、冷酷無比な犯罪が多いアメリカでは、ギャングムービーもそれなりに過激な作品が多く、銃撃戦や殺しのシーンにも慣れてしまっているというか…そんな中で日本のヤクザ独特の義理や仁義を重んじるシーンは、アメリカではきっと衝撃的に写ったに違いないと思う。

まず出演者…真木蔵人、寺島進、大杉漣、石橋凌といった北野作品常連組はもちろん、加藤雅也やジェームズ繁田といったハリウッド組、そして更に渡哲也と豪華な顔ぶれが並ぶ。本国アメリカからもOmar Eppsが準主役で出演し、義兄弟の役柄を好演してます。

地元のギャング達が、『BROTHER!』と呼ぶのではなく、『アニキ』といった日本語を使う所に、監督の拘りや、リアリティを感じずにいられなかった。それに舞台がLAになれど、ヤクザはヤクザ、北野武は北野武であった事が、なにより俺は満足できたよ。

とにかくとても“カッコイイ”映画だと思うんだ俺は。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

私さ、全員集合も見ていたけれど、ツービートの凄くファンでさ。まだビートたけしが、太田プロに居た時代からさ、ファンクラブに入ってたのさ(笑)いや、マジで。周りが光ゲンジに夢中だった頃、私はたけし軍団に夢中でした(笑)
オマー・エプスもこの映画に出たことは、嬉しかったみたいですね。そのオマーが「アニキ!」じゃなくって「My Brother」と呼ぶシーンが好き。
【2006/10/17 13:03】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
俺は今でも浅草キッドの大ファンで、それこそ浅草お兄さん会の大ファンだったよ~。
しかし、わるどぉ、申し訳ない…チミがカルトチックなファンクラブに入っている時期、俺は“こニャン子クラブ”というおニャン子のファンクラブに入っていた…(爆)
【2006/10/17 18:24】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


浅草キッドよりも、もっと前のたけし軍団マニア(笑)まだ2人は、ハガキ職人だった時代じゃないかな?大森うたえもんが居た頃さ。
しかしさ、太田プロファンクラブに入っていたなんて、よっぽど暗い小学生だったんだな、私(笑)
【2006/10/18 07:30】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
と言うことは“ツーツーレロレロ”時代からのファンか?(笑)
暗い小学生がお笑い事務所のファンクラブにゃ入んないよ、“笑いに肥えてた”小学生だったんだよ。俺なんか短ランにボンタンで“こニャン子”だぜ?恥ずかしいったらありゃしないない16!
【2006/10/18 07:33】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/176-3f84a0f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。