GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『BONES』だよ!
先日、会社の帰りにTSUTAYAに寄ったところ、絶対小学生の頃のあだ名は“ハカセ”だったに違いないという様な風貌の、出来損ないのできすぎ君を発見!そのできすぎ君は、DVDコーナーで“エクソシスト”と“オーメン”の2本を手に取り、難解な数式を解くべくどっちを買うべきか悩みあがいている様だった。俺は「お前に必用なのは悪魔祓いでも決断力でもない…この季節にタンクトップ1枚でいるという事に対する羞恥心だ!」と心の中でそっとつぶやいた後、NIKITAを立ち読みしてアダージョを研究し終えて再びDVDコーナーに戻ると…あのできすぎ君が今度は“リング”と“呪怨”を手に取り同じように悩んでいるのである!よっぽどホラーが好きなのかなと思い、彼を更にチェキっていると、散々悩んだあげく1本のDVDを持ってレジに向かうではないか!結局何を買うんだ???俺は既にプチできすぎ君フリークとなってり、彼の後を追ったが…彼がレジに差し出したDVDは、なななんと『機動戦士Zガンダム劇場版』だった…。俺は悲しい気分でジョークな心境になって、アイスクリームの自動販売機で葡萄シャーベットを買って笑いながら心で泣いた…。

さて、前にも言ったかもしんないけど、俺は“ホラーやオカルト映画”で怖い思いをしたという事が全然ないので、基本的にこの手の作品を見る時は、「どんな風に怖いんだろう…」ってな感覚はまず持たないんですよね。んじゃ、何期待してんだよ!って事になりますが、そりゃ簡単…ズバリ“出演者と演技”ですよ(笑)

という事で今回ご紹介する作品は、Black Movieというカテゴリーの中ではどちらかといえば少ないジャンルに含まれる“ホラータッチ”のもので、なななんとSNOOP DOGGを主役に迎えた『BONES』,行ってみましょか!

bones.jpg




パトリック(Khalil Kain)はシカゴのスラムにある洋館を買い取り、兄弟達と共にそこでクラブを始めようとする。しかしその洋館は、以前街を仕切っていたジミー・ボーンズ(Snoop Dogg)が住んでいた建物で、ジミーは当時仲間達に裏切られ、悲惨な死を遂げていた。しかもそのジミー殺害に加わった1人が、パトリックの父親で、今は実業家として成功していたジェレマイア(Clifton Powell)だった。不可解な現象が起こる建物だったが、なんとかオープンにまで漕ぎ着けるパトリック達であったが…

誰が何と言おうと、俺が言う!……全く怖くはない!(笑)

しかし、誰がなんと言おうと俺が言う!……とってもよく出来た作品だ!(笑)

っていうか、恐らくHIPHOPやSNOOP、はたまたBlack Movieに興味が無い人が見て、皆がオモシロいという作品かどうかは謎である。だってそういうの抜きにしたらさ、Jan de Bont監督の超つまんね~『THE HAUNTING』とあんま変わらない内容なんだもんよ(笑)

ただ、そこはBlack Movie界でもその名を轟かすErnest R. Dickerson監督作品。ただの『THE HAUNTING』では終わらず(笑)、HIPHOPをバックに、多彩な出演者、小粋なギャグ(笑)、そしてなにより“美しいグロさ”をタップリとMIXしてありますよ。

例えば…血の色。表現が難しいんだけど“朱色・しかもネットリ質”みたいなさ(笑)、それに壁面に現れるオブジェ(笑)“地獄の死者達の叫び”なんてドロドロで真っ黒でベッタベタな奴らが叫びながら喘いでるんだけど…なんだか凄く綺麗なんだ。かと思えば、生首ぶら下げて歩くSNOOPに、その生首話かけてるみたいなシーンもあってさ(笑)。ま、俺的に言えばCGをガンガンに使って撮ったシーンなんかよりも、ウジ虫が天井から降ってくる様なシーンの方が「うわっ!きっしょ~い!」見たいに思えたけどね(笑)

それからSNOOPの恋人役としてPam Grierが出てるんだけど…ま~COOOOLだぜ!大っ好きなんだよねPam Grier。これまた俺の中で全く色褪せないんだな彼女は!もちろん一般的な萌え萌え担当は彼女の娘役のBianca Lawsonなんだろうけど、…ゴメンよ、相手が悪すぎたね、Pamの前じゃ霞んでしまうよ(笑)

基本的には“復讐劇”という事で同じBlack Movieで言えば『Candyman』を思い出す人もいるかと思いますが、最初から最後までキチっと纏められ、ホラー映画に良くありがちな最初の方のイライラ感や中だるみもなくストーリーが進行していくところは良くできた作品だったと思う。それぞれのキャラもいい味出してた様に思うんだけど…ど~せホラー映画ファンは色々と難癖付けたがるんだろうな~(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

確かに全然怖くないよね~(笑)どっちかって言ったら、70年代のバンパイア物を彷彿させるよね。スヌープのサラサラロングヘアーは、役にピッタリだったね。パムも最後のドレスとか、超素敵。ディッカーソンは、70年代のファンだったのかな?って感じ。私的には、カリル・ケインでご満悦です(笑)

その出来損ないのできすぎ君見たい~。今度、携帯で激写してみて(笑)
【2006/10/19 09:05】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
間違いないと思うよ。だってさ、『 ネバー・ダイ・アローン 』なんかもモロじゃんよ!絶対好きだった筈だな。
それから、俺一度東京の電車に乗ってる時、どうしても写メとりたいオモロ顔のおっさんいて、丁度寝てたから激写しようとしたら急に目さましやがったから、あわてて携帯を180度回転させ、自分の笑顔にズームインした事があった(笑)
【2006/10/19 10:11】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/178-b61a271c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。