GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Shackles(スピリット・ボクシング)』だよ!
イメージ…人それぞれ、イメージってありますよね。

俺はね、たいがい初めてあった人にこう見られます。

「遊び人!」「怖っ!」「落ち着きが無い!」「騒々しい!」、「笑いの為に手段選ばない!」、「コートジボアールの駄菓子やによくいそう!」、「不安定になると変な体液分泌しそう!」、「マロン味!」、「中国の花火師と猛獣を足して花火師引いた様な感じ」など等…唯一のよく言われる褒め言葉は「年齢よりも若いですね~!」ぐらい…嗚呼…俺って一体…

ってかさ、なんでやねん!俺は暇さえあれば来年の24時間TVの事ばかり考え、歩いていれば小鳥達が肩にとまり、ゴマシオアザラシの映像を見たら無条件に泣くし、右の頬を叩かれたら左の頬を差し出し2発叩かれて4発叩きかえすピースフルジャーニー君だというのに!(笑)

ま、実際フィクションですが(笑)、でもホントのキャラと人がパッと見で感じるイメージってのは結構違ってたりしますよね。芸能人なんてホント特にそうだと思うんです。役者ってのはホントに作品によってガラリとカラーを変え、幾人もの性格や味を表現してくれますよね。時には“体形”や“年齢”までも…、いやはや本当にスゴイものです。

映画の世界でも「コイツは強烈だな~」と思ったのが、“コメディアンがシリアスを”演じたある作品。今までもJamie FoxxやChris Rockといったコメディアンがシリアスな作品に出演したりしてますが、そのどれよりも「これマジで彼???」って位の変貌振りを見せてくれたのが、D.L. Hughley!!…え?しらない?(笑)



以前このブログでも紹介し、絶賛したSPIKE LEEの『THE ORIGINAL KINGS OF COMEDY』に、Steve Harvey、Cedric the Entertainer、Bernie Macと共にツアーに参加し客席を大笑いの渦に巻き込んでいたコメディアンの彼ですよ!ベテラン勢に交ざり、彼の繰り出す下ネタはホントにオモシロくって、俺も大爆笑させてもらった記憶がある彼です。

そのD.L. Hughleyが、腐敗した少年刑務所の中で、囚人たちに教育を受けさせる教師役で、“ド”が付く程のシリアスな演技を見せてくれているのが今夜紹介する映画『Shackles(邦題 スピリット・ボクシング)』です。

20061019212734.jpg


過去に暴力事件を起こし、教育の道から離れた元教師ベン(D.L. Hughley)は、教育に対する情熱を捨てきれず、シャクルトン少年刑務所の臨時教師となる。しかし、塀の中の囚人たちはおよそ教育というものには無頓着で、ストリートでサヴァイヴしてきた経験や、環境から阻害された孤独感から酷く屈折していた。ある日街角でポエムを口ずさんでいた詩人から1ドルで買った詩集に感銘を受けたベンは、さっそく生徒達に“叫ぶ”事を要求する。そしてベンはポエムの大会を開くよう要請し、生徒達も徐々に自らを表現する事に対して積極的になっていくが…。

かつて“ポエム”や“リリック”を題材にした映画は、ここでも紹介した『SLAM』などがありましたが、ポエトリーリーディングを中心に進行していくSLAMとは違い、苦悩を抱える人間の心の葛藤や、少年犯罪の実態、刑務所の中の本質といった、人間が抱える問題そして国が抱える問題に関して定義しているような作品でした。その分、全体的に散漫な感じも否めませんし、どうしてもSLAMと比較してしまう内容の為、迫力あるSaul Williamsのポエムシーンには追いついていないように感じたのも事実。ただ、それでも俺はこの映画がSLAMに劣っているとは思わない。恐らくその一つの理由として登場人物達がまだ若く、社会に対して不満や諦めを抱き、金や女に対してしか欲望を表現できないといった部分が、この映画では本当に生々しく表現されているし、何よりD.L. Hughleyは見事な演技でベンを好演しているから。

ただ教育を“与える”環境だけではダメだと思う。学校が建設され、そこに先生が居る…だけど結局“行かない”、“聞かない”、“学ばない”ってんならどうする?“世界一受けたい授業”じゃないけど、道を反れようとしている人間、いやすでに反れた人間に対して正義を説得できる人間が必要だと思うんです。それを“教える”人間がどれだけ大きい存在か…日本でも“金八先生”や“スクールウォーズ”がある様に、アメリカでも“いつも心に太陽を”や“コーチカーター”なんてのもありますよね。お約束やワンパターンといった事では片付けられない“絶対に必要な”要素がそこには存在していると思う。

大手の配給でもないインディー作品で、日本公開も無かった。だけどさ、D.L. Hughley!益々アンタのファンになったぜ!
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

D.L.Hughleyはさ、この映画とも彼のコメディとも、またちょっと違った感じのテレビシリーズっつか、そういうのやってて、それをよく見てた記憶があるわ。
アタシもこの映画好きなんだよね~。っつか、教師モノに弱いから(笑)見たとき思い出せなかったけど、確かにSlamっぽいっちゃそうかも。さすが、アタシ!全く気がつかなかったわ(笑)私、Slamも大好きだけど、こっちの方が刺さるね。
【2006/10/19 21:59】 URL | South Bum #x.a9DJRA [ 編集]

GEE-Q POSSE なにわ みなみ
見たならレビューにあげなちゃい!slamよっか好きならこっちもはよあげなちゃい!体調ととのえなちゃい!覚悟しときなちゃい!早く寝なちゃい(笑)
【2006/10/19 22:21】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


これ日本でレンタルされてるんですか?びっくり~。仕入れだけして見てないです。てっきり、DLがグレてるんだと思ってた(笑)教師役なんだ~。これまたびっくり~。早く見よう~っと。早く寝よっと(笑)
【2006/10/20 07:26】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
されてんだよ~!でもね、US版と違ってジャケットの何処を見てもD.L. Hughleyの姿は…無い(笑)。ムショ物である事を強調するような仕様でさ、そりゃそうだよな、『ステイトプロパティ2』が『ギャング・オブ・フィラデルフィア』なんて名前になるくらいだからさ(笑)
【2006/10/20 07:30】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


おいっす。GEE-Qくん。
コメディアンって何気にシリアスな演技すると、ずば抜けてる人が多いよね?!
そのギャップがたまらない。

オフィシャルサイトへの書き込みありがとうね!
www.djtakaboon.net
XZBIT出演のGRIDIRON GANGが見たい今日この頃。
ほな、また。
【2006/10/20 10:01】 URL | TaK@ #- [ 編集]

Tak@さん
tak@さんち~っす!そういえばD.L. Hughleyはtak@さんの師匠に似てたんですよね~。
GRIDIRON GANGは出来立てホヤホヤのザ・ロック主演の映画ですよね。
しかし、いや~とにかく羨ましい!俺も行きて~!!!
【2006/10/20 12:32】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/179-613dd846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。