GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『乱気流/ファイナル・ミッション』だよ!
さて、飛行機の旅っていいもんですよね~。歩道橋でさえ足がガクガク震える“巨”がつく程の高所恐怖症であるぼくちゃんですが、飛行機になると“諦め”がつくというか、あんまり恐怖感を感じることも無いんですよ。ただ、“自分操縦意識”という物が一般ピープルよりも3.6倍くらい大きいのも確かで、離陸の時は動くはずの無い手すりを思いっきり引き上げながら、心の中で「アムロ!行きま~す!」と声高に雄たけびをあげてるし、着陸の時は足のせを思い切り踏み込む事で「ブレ~キ~ング!オ~ン!」と妄想をスパークさせ、現実逃避の世界ではいつも俺自身がニュータイプのエースパイロットな訳です。

20060526004039.jpg


んなこたいいとして、ブラックムービーの世界でも“エア・パニック”ってジャンルもある訳で、そんな作品に何本も出演してる特効野郎がいるんです…そう、御大ICE-T様ですよ!

今回御紹介する作品『SONIC IMPACT(邦題 乱気流/ファイナル・ミッション)』も、ICE-Tが大活躍…しねえし、ICE-Tがヒーロー…でもねえし、ICE-Tがカッコよく悪を倒…さねえというなんとも冴えない“B級エアパニック”です(笑)

凶悪犯ジェレミー(Michael Harris )を、3年越しの捜査で逮捕したFBI捜査官ニック(James Russo )。ジェレミーを護送する為にエージェントのタジャ(Ice-T )に引渡し、休暇をとるニックであったが、護送中のジャンボジェットでエンジントラブルが発生。ジェレミーは捜査官のスキを見て、乗客全員を人質に取り1000万ドルとヘリを要求する。非常事態に呼び戻されたニックは、ヘリからジャンボジェットへの潜入を試みる…。

人質の中の1人で、必要に犯人に注文を付けられる(笑)女性レイチェル役のBrittany Daniel 、これがスゲエ綺麗でさ!。なんだか『BASIC INSTINCT(邦題 氷の微笑)』の時のSharon Stoneみたいでさ~、萌え~なんだわ!…ってかそれぐらいしかこの映画楽しむ部分無いんだわ(笑)

ま、それは冗談としても、ネタバレになるから言わないけど、ICE-Tはこの映画でストーリー上全く活躍してないし、ほんの少しのサプライズやどんでん返しといったテイストも無い。つまり良くも悪くも超がつく程のB級映画なんですよ。だから見ててつまんない訳でもなく安心して“期待通りの進行”で映画が進むから(笑)。ただ、あまりにも“ある映画”の雰囲気バリバリでさ、シーンもモロ彷彿せざる終えない様な部分もあったり…やっぱ“リメイク”って訳じゃないからこそ、新鮮さや斬新さみたいな物はどうしても必要だったんじゃないかなと思うんだ。

しかしICE-T、ホントに出演作を選ばないよね~(笑)。こういった感じの映画にバンバン出てるもんよ。しかも“主役?脇役?”といった微妙なポジションにも関わらずね~、俺はある意味そういった彼の役者としてのポジションを凄く支持するんですよね。言わずとしれた“大物”である事は間違いないんだけど、こういったB級作品に出演を続けるってのは、まさに“B-BOYイズム”だと思わない?
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/19-dd0fdf57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。