GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『フレッシュ』だよ!
俺は自他共に認める“チビッ子好き”なんです…って決して変な意味じゃね~よ(笑)。でもさ、最近の『ガキ』ってホント可愛くね~よな~なんて思うこともしばしば。先日車庫から車を出そうとした時、小学3.4年生ぐらいのチャリンコクレイジーライダーローリングスペシャル達がウロチョロしていたんで、大人のボキはそりゃ~もう紳士的に「お~い、危ないからどいてね~」と、デパ地価の試食販売も顔負けの笑顔をブチかましてやったら…「っせ~よ!」と吐き捨てやがった!っせ~よだあああ!「っ」ってのは何だよ!せめて「う」も聞こえるようにぬかしやがれこのパイチンがああああ!と石原良純も顔負けの大人気なさを露呈しかけたが、天国からリー先生の「ど~んとすぃんく!ふぃ~っる!」という全く場違いなお言葉をいただき、釈迦のごとくグッと堪えたボキであった。

20060526004250.jpg


さてさて、日本のチビッコはそうであっても、アメリカでは?…今夜の作品は『FRESH』。

freshと呼ばれる小学生マイケルが、学校へ行く前にヤクの運びやとしてブツを調達しに行くという何ともショッキングなシーンから物語りは始まる。学校に戻れば、バスケを楽しんだり、女の子に恋心を抱いたり…何処にでもいる普通の子供だけど、何気ない会話の中で「必ず高級外車をいつか手に入れる…」なんて話をする所なんざ、子供ゆえの幼稚ながら、確かな野望を持っているのが伺える。なぜなら自分が今、普通の子供じゃ考えられない金を、法を犯してまで手にしようとしているから。ヘロインに始まりやがてはコカインまで捌き、売人としてどんどん深みに嵌っていく。そんな中、友人や恋人が殺され、ドラッグに蝕まれていく姉、そして彼自身も大きな仕事に足を踏み込み…。

という事でもわかるように、この映画の主役は『子供達』だ。つまり少年犯罪をテーマにしたこの作品が、そういった事実が現在のアメリカでは決して珍しいことではない深刻な問題であることを表現している。通常、タフな毎日を生きていく為の手段や、どん底から這い上がる為の方法として『ヤクの売人』という選択肢が生まれる。だけど、親元を離れ、従兄弟達と叔母の家に身を寄せ合う様な家庭環境、又NYでも有数のアフロアメリカン居住区であるブルックリンという土地柄も、まだ子供であるFRESHが売人の道に入る要因だったのかもしれない。ブローカーに一歩もひかず銭勘定したり、公園でのチェスは大人顔負けの強さを発揮したり、らしからぬ大物振りを発揮するが、それが確実に崩壊への階段を上ってる事なんざ、まだ子供の彼には知るよしもなかったって事かな。唯一一番最後の最後に少年らしさを見せてくれたことが俺にとって救いだった。

『くろいえいが』では必ずといっていい程登場する『Mr方向指示器』的な存在は、今回ベテランのSamuel L. Jacksonが好演。親父として、チェスを通じて人生を説くなんざ、よくある『宗教での改心』と違い新鮮。まぁ相手が実の子供だからというのもあるのだろうね。SPIKE LEE作品の常連Giancarlo Espositoも、ヘロインのブローカーとして怪しげな存在感を出しててイイ!

チカチカと電気が消える地下鉄や、グラフティだらけの倉庫外、ビビりながら散策したブルックリンの光景が懐かしくも感じた1本。

あ~俺もピットブル…飼いて~。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/20-a5a80727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。