GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『SHE HATE ME(邦題 セレブの種)』だよ!
劇場に映画を見に行くと、必ず次回上映予定作の予告編ってのがありますよね。それ見てよく思う事…特にBlack Movieなんかそうなんだけど、本国アメリカではとっくに上映され、既にDVDもリリースされてるような“一昔前”の作品なんかが、あたかも出来たて“ほっかほか”の如く紹介されてる事、ありますよね。

今回ご紹介するSpike Leeの作品『SHE HATE ME(邦題 セレブの種)』も2004年の作品、つまり今年公開された『INSIDE MAN』の2年前になる訳だ!ってことはよ、『INSIDE MAN』が結構日本でも当たったってんで、「今ならSpike作品、特にイケるんでね~の?」的な映画界の動きがプンプン匂ってきて、それを勝手に俺はプンプンと玉緒よろしくご機嫌ナナメになってる訳だ(笑)

そんな中、俺はたとえ既にDVDで見てようが、改めて劇場公開が決定した作品は必ず劇場まで足を運ぶというポリシーがある為、行ってきちゃいましたの栗むいちゃいました!

00000726.jpg




一流企業のエイズ研究製薬会社で管理職として働くジャック。順風満帆なエリート街道を驀進中だったが、正義感の強い彼は内部の不正を知り告発…一気にクビを宣告され財産まで凍結!どん底のシャレになんない状況に陥った彼に、かつての婚約者ファティマが接近…彼女は今レズビアンとして恋人(?)と共に現れ、ジャックに「子供ほすぃ~の!種付けしてちょ~だい!お金あげるから!」ってな事を頼む。乗り気ではなかったジャックも、背に腹は変えられないと引き受けるが、噂はレズビアン達の間で瞬く間に広がり、種付けを希望するレズビアン達が、1万ドル片手に彼の元へなだれ込んでくるが…

まず、素朴なワンポイント感想…ファティマ役のKerry Washingtonがスゴぶる魅力を醸し出しているのは萌え好きな俺にとっては嬉しいことだったんだけど(でも俺的にはやっぱPaula Jai Parkerがエエわ!)…レズビアンってそんな簡単に“男”と寝れるのかね?(笑)。そりゃ種付けって“作業”だからってのもあるかもしんないけど、彼らのラブシーンは結構な感じで盛り上がってたんで、俺的には“びつくり”しちゃいました(笑)

ま、んなこたいいとして、2002年の『25TH HOUR』があったからこそ、この作品が生まれ、又この作品があったからこそ『INSIDE MAN』が生まれた様な必然性を感じた。というのもSpike Leeという監督ってさ、モロにアフロアメリカンを中心に、又モロにアフロアメリカンの抱える問題や現状を反映した作品に関しては、今まで散々評価が割れてきた監督だった。もっと率直に言えば、そういった作品では興行的に大成功し続けた監督ではない。批評家の手厳しい非難や観客の無反応…それでもこれまで身銭を切り、援助を受け、振り絞るような形でコンスタントに“問題作”をリリースし続けてきた事は、まさしく現代Black Movie界を引率している彼だからこそと言えるだろう。

そして今まで幾つかの“実験的作品”を絡め、2002年の『25TH HOUR』では、殆どアフロアメリカンキャストを使用しないといった“革命”を見せてくれたし、又世間はそういった部分に対しての反応も早く、即座に賛辞を送るというなんとも“ホワイトハリウッド”的な部分も垣間見た様な気がする。ま、これはある意味深読みだしひねた見方かもしれないけど、その『25TH HOUR』で主役を務めたEdward Nortonが「アメリカで最も過小評価されている監督」とSpikeを評していたのが妙に説得力を帯びてくるよね。

ただ、彼はどんな“ネタ”を取り上げようが、どんな“キャスト”を使おうが、俺的にはいつでも“パッと見で誰が撮ったか一目瞭然”といった作品を撮り続けてくれてるんだよね。監督の中にはそれぞれ“個性的”な人は沢山いるけど、Spikeは“独特”なんだよな~ホントに(笑)。

それにまず彼の持ち味というかカラーというか、作品の奥底には必ず社会的なメッセージがズシンッと置かれてるんだけど、この作品では企業の不正から始まり、一番のテーマである精子売買、それに付随する様に同性愛、もちろん随所に人種的な問題に触れるような部分もある訳ですが、ただ単に毎度毎度同じ様な事言われても「おなかいっぱいです!」ってな事になるんだろうけど、Spike Leeは何時でも何処までも“挑戦的”で“刺激的”!決して贔屓目に言ってる訳じゃないんだけど、この作品がこうして改めて日の目を見る様な事んあるのであれば、何故『GIRL 6』はケチョンケチョンだったのかと、おっちゃん声を大にして言いたいわい!(笑)

Ossie DavisやJohn TurturroといったSpike ファミリーはもちろん、Jim BrownやQ-Tipの姿も!(笑)。やっぱさ、監督・製作・脚本といった“1人3役”では久々となるだけに、気合入ってたんだろうな~…んじゃタイムリーに公開してやれよ日本チャチャチャ~!(笑)

一番思うのが、「最近の彼、黒くない…」ってな感想を持つ人が多いじゃん?おいおいおい、どこ見てんだよ、彼の作品はストーリーを追うだけじゃなく、部屋の装飾品やちょっとしたセリフ、カメラアングル、それに“オープニング(笑)”、全てが“芸コマ!”、全てが“黒光り!”してるじゃんよ!(笑)

Spike Leeは、この作品でもいつもの“投げっぱなしの問題提議”をかましてくれてるけど、よく映画で見られる“監督の我侭な“結果・結論・断定”を見せ付けるといった結末ではないからこそ、Spike Leeの作品ってのは見た瞬間、そして見終えてから自分なりに検証したり考えたりと“一度でも二度美味しい”極上のディナーなんだわな!

Spike Leeの作品は、“Spike Leeにしか…”という部分がいつも強烈に伝わる


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

これね~関西でも週末から公開だったから行こうと思ってたんだけど、行けなかった~。あと1週間くらいはやってるみたいなんだけど、上映時間があわないしなあ・・・ビミョー。

深くておもろそうだね。時間みつけてなんとか見に行きたいもんざんす。
【2006/11/13 19:56】 URL | South Bum #x.a9DJRA [ 編集]

GEE-Q POSSE 琵琶湖 みなみ
心配せんでもこのパターンは直ぐにDVDでリリースされるわい。
つまり…劇場公開が遅すぎるんだよ。ま、調べない俺がいけないのかもしれんけど、劇場で見た次の日にDVDリリースなんてのもあったな~(笑)
【2006/11/13 21:42】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


これさ、私も思った。レズビアンの人々が、あんなに嬉しそうにジャックと寝ていくかね?って。レズビアンになった理由が人それぞれなんだろうけど、よりによって全員が嬉しそうに...っていうのが、ね...
【2006/11/14 03:58】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
だろ?同性愛者の人が異性とSEXするってのは、俺らにとっては同性とのSEX…ありえね~だろ、あんなに盛り上がるっての(笑)。それともそれすらSpikeの狙いなのかな~?愛するが故の深読みすぎ?(笑)
【2006/11/14 07:25】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


この映画、わたし結構好きです。Spike映画好きの映画3本の一つになりました。(笑)自分の身の周りに同性愛者やレズビアンが多いせいか、彼らの行き着く問題点がこの映画通してよく感じとれた気がしました。
でも実際、こんな話あったら世の中兄弟だらけになってしまいそう。。。(怖笑)
【2006/11/14 11:47】 URL | YOKO #- [ 編集]


そうなのさ、今がチャンス見たく公開するってねぇあたしもプンプン!ざます~しかも、おちおちしてたら終わってるてこと事が多いのさ、ブラックムービーてね。
あたしゃスパイクの映画は何度も見返して、自分なりに検証してたのしんでるよ~二度以上おいしい永久保存食(笑)
【2006/11/14 17:36】 URL | sole #IsJlUJPw [ 編集]

GEE-Q POSSE BROOKLYN YOKO
YOKO残りの2本が気になるな~おい(笑)
確かにYOKOの周りにはそういった人達が多いだろうね、だからこの作品に感じる部分は大きいと思う。ある意味極端ではあるかもしれないけど、毎度Spikeは日常の中に“怒りえてもおかしくない”問題提議をしてくれるわな。俺もこの作品、好きだね~!
【2006/11/14 18:04】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

GEE-Q POSSE OSAKA sole姉
姉やんおかえり!(笑)
恐らくこの作品、もうすぐ絶対DVDレンタルが始まると思うんだわさ(笑)。やっぱね、映画は劇場で見たいし、Spikeの作品に関しても公開されたりされなかったり…なんやねん!ってな感じだわな!でもこの作品、これまた2度美味しいで~!
【2006/11/14 18:06】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/204-71972da5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。