GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『Pinky』だよ!
NETサーフィンをしててよく思う事がある。俺にとって興味深い内容や題材を、ブログヤサイトで取り扱ってる人って、何故か断然“女性”が多いんですよ。もちろん狙って女性のサイトやブログばかりを徘徊している訳じゃないんだけど、一つのモノに興味を持ち、それをとことん深く掘り下げるって事の楽しみ方が上手いのは、やっぱ女性の方が多いのかな~なんて思ったりするんだわ。

よく考えてみれば、いや、よく考えなくても一目瞭然なのが“GEE-Q POSSE”!俺が「スゲエ!」とか「オモロい!」と思えるスペシャリストを仲間にしてった結果、ほぼ女性の集団になってしまってるじゃんよ!(笑)。GEE-Q POSSE TOKYO のTOMO!遠慮ぜず、もっとしゃしゃり出て来いや!(笑)

んでさ、例えばBlack Movieに関しても、もっと細かくジャンルの細分化は出来るでしょ。そんな中で“女性的人生”というキーワードが強い作品に関しては、いつものCOOLかつFUNKYな佇まいから一転し、特に鼻息荒くクソ熱いレビューを展開するじゃん女性って(笑)。そういった“うぇめん”達のレビューは俺らの様に男性的な“観客的視点”からだけでなく“女性的視点”で語られる事が多く、一味違った映画の感想に俺も以前から興味深々丸だった訳。ま、その逆もあるんだけどね、俺みたいに(笑)。

そうそう、その最もたるのが“POSSEのcoffy”こと、わっしゃんな訳だ!(笑)。んでもってここ最近はクラシック作品に没頭するというちょっとしたエルニーニョ現象にハマってる様で、かくいう俺も今回それに便乗するというこれまたちょっとした“二次災害”的な展開になっちゃってる訳(笑)

という事で今回は、そんなわるどぉのブログで紹介されてから、俺も速攻でレビューをこしらえるハメになった1949年製作の作品『Pinky』をご紹介!

crain_ebarrymore_waters_pinky_britishquad.jpg


黒人の母と白人との間に出来たピンキー(Jeanne Crain)は一見白人にしか見えない程のライトスキン(肌の白いアフロアメリカン)。早くに母親をなくした彼女は、南部で洗濯婦をしている祖母(Ethel Barrymore)の仕送りで看護学校を卒業。祖母の住む南部に戻ってくる。学校に通っている時に恋人となったトーマス(William Lundigan)が住む東部へ直ぐに戻る筈だったが、祖母の雇い主であるミス・エム(Ethel Barrymore)が病気になっている事を知り、祖母に頼まれ彼女の看病をする事になるが、ピンキーはアフロアメリカンを差別的な扱いしかしない彼女が好きになれなかった。次第に心が打ち解けた頃にミス・エムが亡くなり、彼女の遺書には建物や土地の相続にピンキーが指名してあった…。

祖母を演じたEthel Waters、素晴らしかったよ!
Ethel Waters & Count Basie – Quicksand



Jeanne Crainのアカデミー主演女優賞にノミネート、Ethel Barrymoreはアカデミー助演女優賞にノミネート、Ethel Watersもこの映画でアカデミー助演女優賞にノミネートされるという事からも、この作品がどんなクオリティだったかは想像出来ますね。

…で、

ふっと俺の頭をよぎったのがSpike Leeの『Jungle Fever』のLonette McKee。彼女が演じたドリューというWesleyのカミさん役も、自らの肌の白さに対する嫉妬やプライドに関するセリフが多かったよね。それからもう1本、Halle Berryが『Their Eyes Were Watching God』で演じたジェイニー…その波乱万丈な人生の選択。

もちろんこの2本の作品よりも随分と古い作品だし、実際『Their Eyes Were Watching God』よりも俺は『Pinky』の方を先に見ているので、性格には“思い出す”という表現は間違っているかも知れない。ただ、主人公のPinkyが“肌の色”によって様々な“困難”が生じ、どう“覚悟”を決め、“自分自身”を確立するのか…そしてそこに納得はあるのか。

そういった部分で上記の2本が頭を過ぎった。ストーリー説明はネタバレになるのであえて毎回途中までしか書いていないが、ちょっと反則を……この作品でPinkyは“妥協”と“恋愛”を捨て、真っ向勝負を挑み、最終的にアフロアメリカンの病院と看護学校を開く決意をする。それに至るまで、彼女は散々自分の“肌の色”に悩まされることになる。

“白人だと思っていた人間が、黒人だった”

という理由で手のひらを返したような人々の差別や中傷を一斉に受けるハメになるなんて、ちょっと悲しすぎないか?

もちろんこの作品は、そういった“ポイント”を観客に訴えるのが主であると思う。しかもこの時代にこういった作品を製作したという事で色々な所で波紋を呼んだ様だし…。ただ、個人的な拘りで言わせてもらえば、“だったらピンキー役はJeanne Crainはないんでね~の?”という事。彼女の“演技”がダメだ!という問題ではなく、アフロアメリカンでない人間がアフロアメリカンの悲劇を演じるには無理がある…少し語弊があるかもしれないが、凄く簡単に言えば“アフロアメリカンには全く見えない”のである。ってか現実的にココまで“片方寄り”てのはスゴク珍しい、いや、あんまいないんでないの?

映画はまず“見る”という作業から入っていくもの。ビジュアルに違和感があると100%映画に感情移入出来ないんだよね。だからといってこの作品を最後まで“冷めた目線”で見たという訳じゃないんだけど、俺がこのブログで早々と“紹介したくなる作品”ではなかった部分はココにあるのかもね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

どうも、ただ今エルニーニョを引き起こしております、わっしゃんです。
今年の初めにクラシックを沢山見るって言っててさ、この「ピンキー」だけ見て、まっいいかってそのままになってただけよ(笑)
確かにさ、いきなりおばあちゃんが出てきて「おばあ~ちゃ~ん」って言ってるのも、凄く違和感あったよね。全然家族に見えませんから...
【2006/11/24 14:12】 URL | わるどぉ #- [ 編集]

GEE-Q POSSE LA わるどぉ
うっそ~ん!結構最近わっしゃんクラシック付いてるじゃんよ!(笑)。ってかさ、やっぱ普通みんなは“ブラックスプロイテーション”をクラシックって思うのかな?Black MovieもHIPHOPと同じで70年代頃から始まったなんて思ってる人、結構多そうだと思わない?え、俺だけ?(笑)
【2006/11/24 18:09】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


アタクシはこれ、ヒッジョーに見たいと思っとります。存在すら知らなかった映画ではあるわけですが、触りだけお伺いしていても、いろいろ思うところありって感じでおます。

Blaxploitationが始まりだとはさすがに思ってなかったんだけどね、それ以前のものが見れるってのは、まさにリサーチ不足で知らなんだっす。
【2006/11/24 20:25】 URL | みなみ #x.a9DJRA [ 編集]

GEE-Q POSSE 琵琶湖 みなみ
そりゃそうだ、80年代以降の作品もよっちらよっちらしか見れていないさんぴん侍にはちとハードルが高いだろうな70年代以前の作品は(笑)

これらを見る為には…買うしかねえ!(笑)
【2006/11/25 07:17】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]


あたしゃ見るために買うよ!!(笑)わるりんの記事読んだときに、ミーも兄やんと同じように”Jungle Fever”がよぎったよ~しかもソン時読んでた本が"Their Eyes Were Watching God"偶然ざますが・・これもサダメ
【2006/11/25 22:42】 URL | sole #IsJlUJPw [ 編集]

GEE-Q POSSE OSAKA sole姉
sole姉よ、そいつは偶然ではなく必然であろう。POSSEは目に見えない“絆”で結ばれ、いつ何時でも“はにかみテレパシー”を発信し、“ときめきレーダー”でそれをキャッチしているのだ(笑)
【2006/11/25 22:57】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/213-72fa18b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。