GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE MANCHURIAN CANDIDATE(邦題 クライシス・オブ・アメリカ)』だよ!
ふらふらでやんす…眠い・きつい…しかしはりきってまいる!

情報操作、洗脳…やっかいなキーワードが蔓延してる現代、いやはや嫌な世の中になったもんですな~。なんていいつつ、俺も実は中2の時、既にこの2つのキーワードをあるダチに施してたのだった…続く

続き…ある日俺は仲間5人とグダグダとくっちゃべって遊んでたんだけど、ダチの中の1人である、世界最小の猿・ピグミーマーモセットを無理矢理人間にしたような男、通称HG(何故かエイチジーと呼ばれていた)がスヤスヤウトウト眠りやがった!俺らはとっさにプリティ作戦会議を開き、皆と口車を合わせ、明日起こるであろうキグレ大サーカスもビックリのプチテクニカルパレードを想像し、ゲラゲラ笑いながら彼を置いて家路についた。その際、彼のチャリを15mくらいその場から離しておく“芸コマ”も忘れなかった…。

翌日いつもの如く登校してきたHGに、俺らは血相変えて近づくやいなや、「お、おい!お前昨日あの後どうなった?ってか無事だったんだな!良かった!本当によかった!」といったねぎらいの言葉をフリッカージャブの如く浴びせていった。彼は何の事か解からず「何が?」と尋ねて来たので「そうか…やっぱり記憶を消されたか…お前は昨日UFOに浚われたんだ!俺らはなんとか逃げ切ったが、お前だけ変なビームの中に吸い込まれて行ったんだぞ!」「きっと頭にマイクロチップを埋め込まれてるに違いない!」「もしかしたら血液を抜かれたかもしれない」「もしかしたらエイリアンとSE○させられたかもしれない」「もしかしたら美味しい宇宙食を御馳走になったかも知れない」などと、徐々にエスカレートする俺らの話…そして間もなくみるみるHGは震えだし号泣!

彼は今何処で何をしているのだろうか…もう結婚して子供もいるかもしれない。その子供に「おい、誰にも言うなよ。実はお父さんは小さい頃UFOに…」などと、実の子供に頭がおかしいと思われても仕方がないメルヘン&クレイジーストーリーをプチ披露しているのかもしれない…まぎれもない実話である(大笑)…終劇(大笑2)

とまあ、今回の作品は、そんな俺らのままごとを、それこそ国家レベルでやったらどんな恐怖が待ってるかって感じのサスペンス『THE MANCHURIAN CANDIDATE(邦題 クライシス・オブ・アメリカ)』をご紹介!

Manchurian20Candidate.jpg




湾岸戦争を生き残ったマルコ少佐(Denzel Washington)は、同じ戦争を闘った元部下のレイモンド(Liev Schreiber)の悪夢を頻繁に見るようになった。レイモンドは戦争後、母親であり上院議員であるエレノア(Meryl Streep)のバックアップで政界入りし、時期副大統領の名乗りをあげている時の人だった。戦闘中、気を失ったマルコに代わって仲間達を1人で守った英雄と人々からの熱い支持を得ているレイモンド…しかしマルコの記憶・そして悪夢の内容とは違う映像が…。不可解なズレに対し、マルコはたった1人で捜査を開始する…。

俺も知らなかったんだけどこの作品って“リメイク”なんですね。ってかオリジナル作品である『影なき狙撃者』っての俺は未見なんですが、今回製作としてクレジットされてる(a.k.a シナトラの娘)はオリジナル版では主演してるんですね~。

監督は1991年の『THE SILENCE OF THE LAMBS(邦題 羊たちの沈黙)』でアカデミー賞をはじめ数々の監督賞を受賞し、『PHILADELPHIA』ではDenzelと組んだ事もあるJonathan Demme。

あまりにも“ありえない”話なんだけど、今現在のアメリカなら十分ありえるだろう…と納得させられちまうようなリアリティが感じられる、とってもよく出来たサスペンス作品だと思う。しかも実際に戦闘が展開された現実の戦争である“湾岸戦争”を取り上げる事で、その内容に生々しさが増幅されているような気がする。自分自身がマトモなのか、クレイジーなのかすら困惑してくる様な状況、想像できます?最新鋭のテクノロジーを駆使すれば、こんな想像すら出来ない様な事も実現可能なんじゃないか?…といった感覚が観客に生まれればその映画や監督はある意味勝者になるわな。

たださ、人間の思考や記憶ってのは、感動や触発、人間同士のふれあいや経験によって“変化”するものではあっても、結局“外部”からの医学的・科学的接触でいじくるもんじゃないんだよね。

ん~哲学的(笑)

あともう一言…この作品、俺的に“萌えパーソン”が皆無でした(大笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/224-de4fae2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。