GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ボム・ザ・システム』だよ!
見たくて見たくてしょうがなく、見る前からあれこれ想像や希望を勝手に膨らまし、やっと公開日までこぎつけ、誰からも邪魔される事無くその世界に1人浸る…これ映画ってヤツの1つの楽しみ方だと思いませんか?。

今回御紹介する作品も、当時期待に胸膨らませて映画館まで見にいったんですけどね。しかも隣の福岡まで映画1本見る為に高速飛ばしてさ!『BOMB THE SYSTEM』を!。


20060527001655.jpg


キャストのインタビューはこちら↓

『WILD STYLE』以来の本格的グラフティ映画という触れ込みは、80年代、ガード下でダンボール敷いてクルクル回ったり、そのガード下に夜中スプレー缶持ち込んでタギングかましたりしてた俺らにとっては、否応無しに引き付けられるコピーじゃんかよ!こりゃもうアディダスのジャージにシューレース無しのスーパースター履いてさ、カンゴールのハットでもかぶり~の、ごっついメダリオンぶら下げてカザールのグラサンでもキメこんで出かけようとも思ったけど、今時映画館でそんな格好してた日にゃ~、エリマキトカゲやたまごっちといた時代に流され消えて言ったモノ達を見るような目でガンくれられる事間違い無しとリアルに創造できたので…2秒後にやめたよ。

“ブレスト”というSTREET NAMEを持つアンソニー(Mark Webber)は、毎晩の様に中間達と街中にグラフティーを描き捲くるアーティスト。もちろん彼らのやっている事は“違法行為”なので、NY市警の通称“ヴァンダル・スクワット”と呼ばれるグラフティー専門の取締官達との“イタチごっこ”を繰り広げていた。そんなある夜、仲間の1人であるケビン(Jade Yorker )が、ヴァンダル・スクワットのボビー(Al Sapienza )に捕まり、顔面を切りつけられてしまう…。

『スプレー缶を買うな!キャンバスを使うな!正体をバラすな!それが、ライターの掟…描けBOMB!! オレらの存在を』…ポスターにはなんとも熱いキャッチコピーがド~ンとプリントされてた訳だが…その内容は…HIPHOP MOVIEというより“クライムサスペンス”といった感じで…ん~。

WILDSTYLEはグラフティを中心にHIPHOP全体をレペゼンしてる映画だったけど、ほぼ100%グラフだし、舞台がSOHOってのもイマイチピンと来ない。いや、もちろん場所に対してどうこう言おうってんじゃないけどさ。おまけに主人公がラティーノでもアフロアメリカンでもないし…。いや、これも人種的に問題があるといった事ではないんだけど(笑)、登場人物やストーリーから、“HIPHOP LOVE”みたいなものが全然伝わってこないんだよ。それに映画全体を覆う“ブラックムービー感”も殆ど皆無。厳しい事を言えば、“本格的グラフティームービー”なんてキャッチ、恥ずかしいくらいだもん。

恐らくコピーや前評判で、なにかにつけてWILDSTYLEと比較されてたもんだから、ボキの思考がそっちに傾きすぎていたのかもしんないけどさ…。だから先入観無しの上体で普通に見ればもっとイイ感じだったのかも。かもねかもねそうかもねbyシブガキ隊だったのかも。…いや、やっぱキツいわ(笑)

番宣予告のコメンテイターがジムジャームッシュだもんよ。悪く言えば中途半端、よく言えば“一般向け”、ブラック特有の黒さやアングラさ、もっといったらチープさやDOPEさはあまり感じられなかったんだよね。

深夜家に帰ってWILDSTYLEとSTYLEWARSを朝までマラソン上映した俺でした。
スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
良く見てみたら・・・
この透けるデザイン、カッコ良くないですか?
右側のお勧め商品に使ってる画像もすごく素敵。
オシャレだし、内容にも合ってるし♪
アメブロのBar風も好きだったけど、これもいいですねー。さすが俺様ちゃん。じゃなくて、GEE-Qさん!(笑)
【2006/05/27 15:12】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

めぐみさん
よっちらよっちら頑張ってます(笑)。知識がない分、勢いやネタでごまかしていこうかなと(笑)。目標はあくまで“Tha House of Rhyme'n Flow II”だな(笑)
【2006/05/27 19:11】 URL | GEE-Qえいじ #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/23-9c3e5425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。