GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『JUWANNA MANN(プリティ・ダンク)』だよ!
帰って来やした

というのも27日から出張に逝って(笑)たんで、帰宅後速攻で更新してる次第で御座います。
とにかく12月は死ぬほど忙しく、シャレになんない睡眠時間、しかもオーラスは出張と、殺人級のスケジュールでやんした。ま、暇が嫌いな俺にとっては、こういった状況も結構なれてたりもするんですが、ココの更新率も随分と低くなり、来年はもちょっとペース&内容も充実したものにしなきゃいけないなと思う今日この頃たった今でございます。

さて、大晦日、今年最後に紹介する作品は、『JUWANNA MANN(プリティ・ダンク)』でピシャリと〆ましょう!

juwanna_mann_ver2.jpg




リムジン使用のハマーで豪快に会場入りするのはシャーロット・ピートの人気バスケプレーヤーのジャマール(Miguel A. Nunez Jr.)。過激な言動とラフなプレーが物語るように完全に“天狗”になっていたが、ただの天狗ではない実力者故にチームメイトやコーチを悩ませていた。しまいにゃ客席に素っ裸無料サービスまで展開し、謹慎の処分。反省するどころか屋敷にギャルズをワンサカ呼んでパーティー三昧の彼…ん~酒池肉林。
そんな中、ついに彼の元に飛び込んできたコミッショナーによる契約解除と言う知らせ!それでも強気なジャマールだったが、全ての財産の差し押さえ、それにケバケバ彼女のティナ(Lil' Kim)にまで愛想就かされる始末。一時おばちゃんの家に退散するが、そこで見たチビッコバスケで活躍する女の子にピンときた彼。なななんと女子プロリーグ参加を企てる…

はい、もう辛抱たまんないので一言言いますですハイ!

Vivica A.狐姉さん!最高!!!!!!!!!!!!!!!!!

ま、違った意味ではラティーシャ役のKim Wayansも最高なんだけど(笑)

そしておのずと俺のぶっ飛ばすリストに名を連ねているのがスカした国歌斉唱してやがった恋人役のGinuwine!こいつがこの作品ではえれ~モテモテな役でよ~!俺の大和魂を激しくノッキノンザヘヴンズドアしてくる訳だ!なにがロミオだこのバタリアンが!おい、ジュニュ坊よ!ふざけたコーンローなんかしやがって!俺のカーステに貴様のCDが滑り込むことは無いぜベイビー!フォーエバーだ!…ま、少しは聴いてっけどよ!

しかしMiguel A. Nunez Jr.の女役も嫌味な感じもせず、面白おかしく良い感じに演じてるよ~。それにぶっちゃけそこまで“キショい”って事もないんだわさ。むしろ顔だけ見れば歴代女装選手権でも結構良い線いくよ!(笑)。シャワールーム、トイレ、エステサロン、健康診断…この作品で彼はどう振舞ったのか、いや、のり切ったのか…(笑)

傲慢で我侭で自分の事しか考えない自己チューな男も、女性達の中に女性として入った場合はそれこそ“女性特有の”何かが芽生える…しかもそれがチームワークというモノが重要になってくる団体スポーツであれば…。基本コメディ作品で、たっくさん笑えるシーンは満載なんだけど、そこらかしこに静かなスポ魂的な要素もしっかりと押さえられてたりするんだよね。それプラス、女を“演じる”事で芽生える“友情”と、本当は男としての“恋心”ってのギャップに悩み、それをどう対処していくのかなんてラブストーリーフレイヴァーもしっかりと存在!オモロい!ジュニュのあんちくしょうがすっとぼけた役さえしてなかったら最高だったってのに、あの毒々モンスターめ!

アメリカの女子プロバスケットボール(WNBA)と言えば、90年代半ばにジャパンエナジー日本人の選手(名前まで思い出せない!スマン!)が初めてプレーしたのを思い出すけど、男性のリーグと違って日本ではそこまでメジャーなスポーツでは無いよね。ま、この作品でもプレーしてるのは狐姉さんを始め“役者”が殆どなんだけど、実際高身長の女性達がバンバン走って華麗なプレーを見せてくれる…観客なんて大会場でも満杯だし、しかも中にはゲロマブな選手もいたりと、改めてバスケのオモロさやスポーツとしての魅力を再確認できる作品ですぞよ!

それではみなさん、よいお年を&おもちを食べ過ぎないように!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/230-bf09e1e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。