GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
新春独り言…『こま撮りえいが こまねこ』だよ!
信念…いや、新年あけおめ&ことよろ!

はい、にぎにぎしく新年の挨拶も終えたところで、今年もココで選りすぐりのブラックムービーを片っ端から(笑)紹介していこうと思ってますんでどうぞヨロシクお願い致しますですハイ!

ってな事言ってる矢先からアレなんですが、今回はちと番外編という事で、本日1月1日、つまり今年最初に見た映画についてあ~だこ~だ言ってみようと思ってます…そう、ブラックムービーとは全く関係ありませんです(笑)。ただ、俺の様なゴリゴリの中年B-BOYにはほぼ無縁の様なイメージを抱かれてる作品を、自らの意思で見に行った(笑)結果、最初から最後まで号泣だったという事で、どうしても紹介しときたいと思った訳。

という事で今年最初にココで紹介する“番外編”は、NHKのキャラクター “どーもくん”を製作したスタッフチームによるコマ撮り人形アニメ『こま撮りえいが こまねこ』です…え?似合わない?んなこた100も承知!

20070101214140.jpg




山の上に映画監督の“おじい”と暮らす子猫の女の子“コマちゃん”は、お手製の人形達“ももいろちゃんとはいいろくん”を使って自慢の8ミリでコマ撮りのショートフィルムを作るのが趣味。機械いじりの達人ラジボーや、友達を創りたがってる“いぬこ”、それに雪山に住む“雪男”も登場し、こまちゃんとの友情が芽生える…

まず俺は日本のアニメーションが大好きなんですよ。といってもコレばっかりは“根こそぎ”って訳ではなく、GEE-Qアンテナに引っかかってくる超クオリティの高い作品だけなんだけど…。んでもってこの『こまねこ』なんですが、キャラクターのかわいらしさもさることながら、恐らく気が遠くなる様な製作方により作られたであろうという事が予告を見ただけでも嫌っちゅう程伝わってきて、俄然興味が沸いたって訳です。

一コマ一コマ人形を僅かに動かし撮影していく“ストップモーションアニメ”は、最近では『ナイトメアビフォアクリスマス』や『ウォレスとグルミット』といった海外の作品も日本で公開されていますが、そういった作品に決して劣らないどころか、やはり日本人には日本人の製作した作品が心に染みる!という様な何ともいえない幸福感を満喫できる1時間であったと思う!この1時間の映画を作る為に、製作者の方々が一体どれだけの時間や労力を費やしたのかと思うと…いやはや、アッパレです!

20070101214208.jpg


結果、俺は最初から最後まで号泣だった。決して悲しかったりした訳でもなく、お涙頂戴のシーンが続く訳でもない。現に劇場に来ていた観客は、スクリーンに映し出される“微笑ましいシーンの数々”に、ニンマリとしていただろう。ただ、俺だけは例外で号泣だった(笑)。相方“りるみみ”も、そんな俺がさぞかし奇特に見えたであろう(笑)。先にも述べた様に、それはただ単に“可愛い”というだけでなく、“挑戦”、“挫折”、“達成”、“幸福”“哀愁”、“友情”といった、人間が生きていく上で必ず体験する感情が満遍なく存在し、しかも歳を取るにつれて、又時代の流れから知らず知らずの内にそういった出来事から受ける感受性が鈍ってきている今、改めて小さなあたたかさや幸せをタップリと感じれる作品だったからだ。

ピクニックに出かけた際、こまちゃんは人形の“ももいろちゃんとはいいろくん”達にもちゃんとクッキーとコーヒーを振舞っているシーンだけ見ても、俺はなんだかグッとくるっていうかね。本来人間が持っているピュアな優しさや思いやりみたいなものが、そんな小さなシーンからもガンガン伝わってくる…“ほのぼの作品”というだけではなく、色んな意味で凄く大事な事を伝えているようで嬉しかったし感動したんですよね。

情報やモノが溢れ、目や耳から様々な知識を得る事が出来る現代、逆に昔ではありえない感覚や犯罪まで増幅している中、ちびっこから俺の様なオッサンまで、幅広い層に是非見てもらいたい作品。「所詮、人形劇じゃん」とか「子供だましじゃん」といった感覚しか持てない人達は、自分の中で何かが失われてるんじゃないかな?と再確認してほしい。それほど俺はこの作品が訴えてくる優しさや暖かさにすっかりヤラれた34歳のオッサンだから(笑)

この作品に携わった全てのスタッフの方々をリスペクト!



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

アニキ~明けましておめでとうございま~す。
今年もよろしく~!
新年一作目はほのぼのかわいい心和まさせる「こまねこ」ちゃんですね~。忙しいときにはこういった作品を見て癒させるのも必要ですねえ☆
【2007/01/04 23:50】 URL | YOKO #- [ 編集]

GEE-Q POSSE BROOKLYN YOKO
YOKOあけおめ~!&ことかえ~!(今年も帰って来いよの略(笑))
そやねん!特にシャレになんない忙しい毎日を過ごしているだけに、この“こまちゃん”には完全KOされたよ。人形アニメとはいえ、気が遠くなる様なアナログチックな製作法、ホント頭下がるし感動しまくりだよ!今度日本に帰って来た時は、このDVD用意しとくで!(笑)
【2007/01/05 00:09】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/231-4a228042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。