GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『EDISON FORCE』だよ!
映画ってのはどうしても話題先行だったりする訳で、そんな作品には否応なしに期待込めて劇場に足を運ぶのも無理ないわな。
ところが劇場に入る前のキラッキラした捥ぎ立てのパッションフルーツみたいな眼差しが、劇場を後にする頃になるととたんに眉毛をラクガキされた野良犬の様になってる事、ありますよね。

スピード2しかり… プレデター2しかり… って2ばっかじゃんよ!

ま、その逆ももちろんあって、ち~とも期待せずに鼻糞ほじりながら席に就いたとたん、気がついたら前のめりになりながら涙を流し、大笑いしつつキャラメルポップコーンを見ず知らずの隣の人に振舞っているといった超常現象を生み出すような大穴もあるのでチャラっていえばチャラa.k.a浅野忠信の嫁なんですけどね。

という事で今回ご紹介する作品は、そんな世間一般の期待を大きく裏切った事になってる、というかされている(笑)だけでなく、闇に葬り去ろうとまで企まれている悲しき大作『EDISON FORCE』だっよ~ん。

edison.jpg




舞台は仮想都市“EDISON”。凶悪犯罪専門の特殊部隊F.R.A.Tの隊員であるラザロフ(Dylan McDermott)とディード(LL Cool J)は、ある晩麻薬売人の容疑者宅に押し入り、現金とヤクを強奪。それだけならまだしも、売人の1人を射殺し、その罪をもう1人の売人になすりつけ投獄。裁判を傍聴していた雑誌“ヘラルド”の新米記者ジョシュ(Justin Timberlake)は、事件に何か引っかかるものを覚え、調査を開始するが…。

この作品の一番の“ウリ”っちゅうか、“話題”になったところが、人気アーティストJustin Timberlakeが出演ってトコなんだろうけど、その脇を固めるのが、彼の上司であるモーゼス役のMorgan Freemanをはじめ、Kevin Spacey、LL Cool Jといった大物達。キャストだけ見ても“血湧き肉躍る”系の映画であることは間違いないんだけど…

こんだけ年間に嫌っちゅう程映画を見てると、そりゃ~大笑いの作品なんてのもかなりの確立でブチ当たる訳で…というか俺自身がそういった作品の中から“秀作(笑)”というものを見つけ出す事が大好きだからこそ、ココでも随分はたから見れば“おバカ中のお馬鹿映画”を堂々と絶賛してるんだけど…。
この作品、これだけの豪華キャスト共演でありながら、あまりの酷評振りにアメリカでも日本でも未公開。そりゃ雑誌やネット見てると嫌でも評価ってのが目や耳に入ってくるけどそのどれもが最悪。でもね、あえて言おう…

結構いいじゃんよコレ!

そりゃ確かにストーリー的にも“強引”だったり“不可解”な部分がある、コレは俺も苦笑いだった。けどね、このストーリーとJustin Timberlakeの初出演作って所に意識が行き過ぎちゃってる様なきがするんだよね。逆説的に考えてみたら、この作品の出演を承諾したJustin Timberlakeは、俺が思っていた以上に骨太なヤツだよ(笑)。通常人気アーティストが映画にうって出る時ってのは、派手なストーリーとハリウッド的豪華絢爛な作品ってお約束の中、こういった作品に出るなんて稀だぜ。ま、結果的に彼の決断よりも何よりも、ネームバリューから観客が期待する部分の方がはるかに大きかった為、完全なキャスティングミスになった事は間違いないだろうね(笑)。だけど、それも決して彼の演技がどうこうって訳じゃなく、Matt Damon,がやろうが、Ethan Hawkeがやろうが、映画自体の評価は変わらなかったんじゃないかな。彼がやったが為にその酷評に拍車をかけたってだけだよ(笑)

そういった部分を度外視してあくまで“映画”として見た場合、俺は楽しみポイント満載だと思う。それこそ不条理なLLの役柄だってさ、「アレはねえよな~」なんて大笑いしながら語れるし、こういった渋めの作品こそ偶に見て、大味状態の映画IQをピシャリと引き締めたりしなきゃいけないんじゃないかな。という事で俺は十分見ごたえがあった映画に思えたよね~。

目が肥えすぎてるのか、はたまた目が腐ってるのか、俺は紙一重だなこりゃ(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
おひさ。
いまさらですが、ことよろです。笑
日本に帰国しました。
また、ヨロシクです!!
相変わらず、ナイスなチョイスに感激です!!
チャオ。
【2007/01/12 03:47】 URL | TaK #- [ 編集]

TaK@さん
祝!帰国!
ってかちゃんとブログはチェキらせてもらってましたんで知ってましたが(笑)
ってかホントにワールドツアー乙でした!様々な国で様々な経験を土産に、これから国内でもフロアを盛り上げてくれることと思います。
ホント、乙でした、んで今年もヨロシクですよ!
【2007/01/12 18:44】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/234-3b087955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。