GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『WHITE CHICKS(邦題 最凶女装計画)』だよ!
最近はあまりの忙しさに、前置き段階でのギャグも疎かになっている事が否めないこのブログですが(笑)、そんな俺のしょ~もないギャグよっか、実際に映画の方で笑ってもらいたいという事で、今回ご紹介する作品は、『WHITE CHICKS(邦題 最凶女装計画)』です!

White_chicks.jpg




のっけから犯人を間違って大乱闘を起こし、モノホンを取り逃がしてしまうドジっぷりを発揮するFBI捜査官兄弟ケビン(Shawn Wayans)とマーカス(Marlon Wayans)。そんな彼らが次の任務についたのが、あるセレブ姉妹の護衛。脅迫を受けた姉妹を守るという役目なのに、運転中とんだドジを踏んで姉妹の顔にかすり傷をつけてしまう。“たかがそのくらい”ってな程度のキズにも関わらず姉妹はおおかんむり!しまいにゃケビンとマーカスが“女装”して彼女達になりきり、パーティーへの潜入捜査を試みるのであったが…

正直に言って、お世辞にも綺麗とは言えない“女装”だったけど(笑)、これはただ単にいう“女装”じゃないんだよね。そう、人種すら変えちゃってるわけだからさ!

一連の『絶叫計画シリーズ』と同じく、今回も邦題には『最狂』だの『計画』だの付いてはいるものの、シリーズ特有の様々な映画のパロディ物である『SCARY MOVIE』とは全く違うんで、これは日本サイドの売り込み文句なだけ、別個として考えないと。だって俺的にはシリーズ2作よりもこっちの方がずっとオモロかったように思います。ってかこれまでのWayans作品を見まくってる人にとっても、この作品は“異質”に感じると思うんですけどね俺は…だって俺がそうだから(大笑)

表ムキにはWayans作品ならではのオバカコメディですが…いや、実際そうなんですけど(笑)、今回の作品は色んな“試み”が感じられるといいますか、それってのは決して“女装”という一番の“ウリ”だけでなく、至る所に“比較”や“仮想”が散りばめられてるっていうかね。アフロアメリカンが白人に…捜査官がセレブに…男が女に…みたいな。今まで数々の“女装物”作品が存在し、その殆どがコメディ作品だったりするんですけど、ある意味、普段あんだけハチャメチャなオバカ映画を提供してくれているウェイアンズ兄弟“だからこそ”の新鮮さや大胆さ、それとまた逆に繊細さや緻密さなんてのも随所に感じられる、一風変わったコメディ作品に仕上がってると思う。

かといって毎度のWayans節も健在!ドリフ顔負けのお約束ギャグも沢山用意されてて安心&ニンマリor爆笑になる事間違いない!(笑)。

ただ単に“これでもか”という位の“お笑いネタ”をマシンガンの様に繰り出しまくってそれを繋ぎまくった様な『DON'T BE A MENACE TO SOUTH CENTRAL WHILE DRINKING YOUR JUICE IN THE HOOD』や『SCARY MOVIE』とは違い、ある意味社会的とも取れるストーリーをしっかり置くことで、それに準じた白人目線、アフロアメリカン目線でのお互いのイメージや捉え方なんかも皮肉ったらしく描かれている。それぞれの人種がそれぞれの自慢をし、趣味思考を表現し、そして逆に相手に対する不快感や憧れなんかも掴み取れる…彼らの作品の中でもっとも白人の出演率が高いからこそこういった部分が特に明確にされてるように思う訳だ(劇中に流れるのもHIPHOPやR&B以外の曲が多いしね~)。しかも、“反黒人蔑視”な立場から、白人の存在を否定するのではなく、お互いが抱えている感情ってこんなんだろ?みたいな事を、おもしろおかしく表現してくれているところは流石Wayansといったところ!

それにこの作品では、そういった“垣根”を越える友情みたいなものをチョイと感じさせてくれるシーンもあったり…こうでなきゃね、コメディ作品も!

それから、以前教会で“ばあちゃん”にブレイキンをさせてた彼ら。今回は“自ら”踊ってくれちゃってますぞよ!相変わらずの“吹き替え付き”だけど(笑)



スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
Wayans作品最高!!
まいどです。
Wayans作品は、オバカ映画を作らせたら一番じゃないでしょうか?!
かなり好きです。
そろそろ、新作がレンタルされるのかな??
されてるのかな...ちょっと分かりませんが。
今後もWayansには期待でほ!(^^)
【2007/01/19 19:39】 URL | TaK #- [ 編集]

TaK@さん
TaK@さん、ち~っす!
ホントにウェイアンズ一家の作品は、俺ら日本人でもゲラゲラ笑えちゃう作品なんですよね~。なかなか向こうの笑いが肌に合わないって事多い中、彼らの“笑い”は万国共通!スゲエっすよね!
【2007/01/20 17:43】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/237-92eb1167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。