GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『BOSS'N UP』だよ!
『PIMP The story of my life』ちゅう本、読んだ事ある人も多いと思います。そう、御存知モノホンの“PIMP(ポン引き)”であったアイスバーグ・スリムが作家になって書き上げた自伝的作品ですよね。ま、この本は日本語訳も出版されているし、最近では輸入版ではあるけど“PIMP”の写真集なんかも存在して、ファッション性の面などで特にメディアでも取り上げられる事が多いんですが…

一言で言えば “おひも” だもんよ(笑)

っつ~ことで今回ご紹介する作品は、そんな“ポン引き”稼業をSnoop Doggが粋に演じてる『BOSS'N UP』だっよ~ん。

20070124085301.jpg


Snoop Dogg feat. San Quentin Quartet –/Fresh Pair of Panties


スーパーで働きつつ、ダラダラと毎日をヨタって生きてるコーデ(Snoop Dogg)。ある日、スーパーの駐車場に停まっているド派手なハマーに案内され、伝説のポン引きであるオレンジジュース(Hawthorne James)に、ピンプ(ポン引き)のノウハウを得る。元々女の扱いに長けていた彼は、スーパーに客として現れた、ゲロマブナイスバディのシャルドネ(SHILLAE ANDERSON)を意図も簡単に物にし、彼女に客を取らせ、ピンプ生活をスタートさせる。あっという間にピンプとしての才能を発揮したコーデは、次第に目立つ存在となり、様々な人間から敵対しされるようになる…

まずこの作品、もうすぐ日本で公開されるじゃんよ!ま、一足先に俺はDVDで鑑賞してた訳ですが、一言!“オモロい”!(笑)

製作総指揮をSnoop Doggが担当していることから、やっぱ彼自身からも随分と“PIMP”っぽい雰囲気も感じるだけあって、相当こういうヤツやりたかったんだろうな~ってのが随所から伝わってくる。それに最初見た時は、「ん?これってミュージカルムービー?」ってくらいこれでもかという音楽攻撃が続くしさ(笑)。だけどそれが妙に嫌味な雰囲気やストーリーの流れを完全に分断するような挿入って感じが無く、一見すると“イヤらしい”ネタであるPIMP物が、随分とファンキーに仕立てられてる様で見てて楽しくなってくるんだわ。

それに、伝説のピンプ、オレンジジュース役のHawthorne Jamesの存在感が最高!PIMPと言うよりもド派手で滑稽なアウストラロピテクスといった感の彼が、今作のMVPである事は間違いない!

もちろんPIMP物だけあって、ゴージャス&グラマラス&セクシーな“娼婦達”もたっくさん出てくるし、彼女達は“いかに客を喜ばせ、昇天させるか?”みたいなセミナーを開いて技術向上にいそしむシーンは笑えるよ(笑)。

かといって無意味に“おひも”であるPIMPという“職業(?)”を美化する作品ではない。というのも結局あれこれあった後、コーデは刑務所にかっくらっちゃったってトコから物語はスタートする訳だし、ガンガン金が入ってくるのと引き換えに、敵が増え、命が狙われ、欲の為にルールを破り、本当の恋がわからなくなるといったリスクに苦悩する主人公の姿も存在するわけだからね。

どうしてもファション性や生き方などが持て囃され、KOOLな存在の対象として今尚伝説化しているPIMPではあるけど、実際やってた事は決して賛辞を送るべき事ではないってのも十分理解しないとね。確かに彼らはその時代、凄く“粋”な存在ではあったが、そこだけに目が行くのは危険かも…だからこそ、こういった作品を、表面だけでなく、内側から楽しむ事も大事なんじゃないかな。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/239-87471365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。