GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『ハードプレイ』だよ!
俺らB-BOYにとって90年代、毎年ニューモデルが発売されるのを待ちわび、発売後は同じ思いの輩達との激しいバトルをしてまでも手に入れようと躍起になっていた超マストアイテムがあった。そう、かの有名なNIKEのバッシュ、『AIR JORDAN』でR!

20060528000809.jpg


Riff - White men can't jump↓


当時ダンサーはAJを履き、フロアやストリートでシュパシュパとステップを踏みまくっていた訳だ。このモデルの人気に火が付いたのはちょうど5番目のモデルが発売された頃。俺なんかもやっとこさっとこ残ってる店見つけてGETした訳だったが…1cmサイズが小さいのしかなくてね、無理して履いてたらダンスどころか歩くのもキツくなって結局手放してしまうという結果に(笑)。今は履き崩した歴代AJ達も、ディスプレイとして我が家に腰を下ろしているわけだが。しかしあの頃のJORDANはスゴかったね~。シカコブルズ黄金期、俺も随分舌出しながらプレイしたもんです。

さて、そういう訳で今回はバスケットボールのお話。『White Men Can't Jump』でございます。
ストリートバスケでハスラーとして稼いでいたシドニー(Wesley Snipes)は、ある日凄腕ビリー(Woody Harrelson)と出会い、お互いに引かれた2人はコンビを組むことになる。連戦連勝を重ねていたが、シドニーの「白人はジャンプ(ダンク)出来ない!」の一言で激怒、ダンクを決める・決めれないの賭けに負けてしまいビリーはスッカラカン状態になってしまう。そんなビリーに嫌気がさした彼女(Rosie Perez)は、夢であったTVのクイズ番組に出演、見事優勝と賞金を手にした。マジメにこれからの生活を考え始めていた2人の元に、空き巣の被害で無一文になったシドニーが現れ、ストリートバスケの大会に出場しないかと誘う…。

Woody Harrelson とWesley Snipesのコンビも、今まで数多くあったコンビ物に引けを取らない軽快さでなかなかのモノ。だって恐らくコレがいい感じだったからその後『MONEY TRAIN』でも再びコンビを組むことになったんでしょう。Woody Harrelsonは『NATURAL BORN KILLERS』のキレっぷりは何処へやら、腕は確かなんだけど色々な部分でダメダメ男を熱演(?)してるし、Wesley Snipesは『STREETS OF GOLD』でのボクシング、『MAJOR LEAGUE』の野球、『DEMOLITION MAN』のカラテアクションにこの作品でのバスケと、アフロアメリカン特有の俊敏さやバネを見事に見せてくれてるもんね~。それに何といっても『DO THE RIGHT THING』ではSpikeの妻を好演していたRosie Perezがすごぶるイイ!

異人種同士のコンビなので、当然文化の違いや差別的発言も出てくる。タイトルでもある『White Men Can't Jump』ももちろんそう。例えば劇中でジミ・ヘンドリクスを2人が聴くシーンでも「白人はジミの音楽を聴いちまう!“聞く”と“聴く”は違うんだよ」なんてセリフがあったり。でも全体的に重苦しい雰囲気は無く、むしろ『バスケットボール』という主題の中にピリリと利いたエッセンスってな感じでそういった問題に触れている所なんか、ライトなノリでありはありだと思うんだけどね。

関係ないけど…
あ~、ブル・テリア飼いて~(笑)

スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/24-f62551a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゆうさんそうんどう

博士、ヌレちゃんただいまぁー。加奈ちゃんおかえりー。・・・あ、おかえりです。早速ですが、お二人に問題です。エェー。 えー。 もっと乗り気になりなさいよ(笑) 真田加奈子【2006/05/28 00:39】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。