GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『LIFE (邦題 エディ&マーティンの逃走人生)』だよ!
ここんとこHIPHOPやR&Bの新譜で、イマイチ“キテます(by マリック)”的な作品が少ないと思いませんか?俺なんかPCいじってる時メディアプレーヤーで流してんの、マジ“smap”とか“V6”だもんよ!これホントに!でもね、面白い事に、ず~っと聴いてると知らず知らずの内にキーを叩きながらリズムを取り、しまいにゃ目を細めながら口ずさむ自分が目の前の鏡に映し出されたりするじゃんよ!もうね、一種のホラーだもんさ!いや~ヤバイわ(笑)

ま、そんな時期だからこそ、音以外の黒的な物に興味の矛先を伸ばせるんでないかという事で、今必死に溜まってる作品の鑑賞や、文学系の本を読んでるんでございますですハイ。

だからこそ、たまにはゆっくりとのんびりとほのぼの系の作品を!ということで今回ご紹介する作品は、『LIFE (邦題 エディ&マーティンの逃走人生)』でっせ!

life_ver2.jpg




まだまだ“禁酒令”が布かれていた1930年代年代、与太郎のレイ(Eddie Murphy)は、ジャズクラブでマフィアのボスに密造酒の取引話を持ちかける。ほんでもってそのマフィアに借金があり、溺死させられる寸前だったクロード(Martin Lawrence)と共に密造酒の仕入れに出かける。ところが道中、レイの悪いクセが出てしまい、カード賭博にハマッっちゃってスッカラカンになってしまうからさあ大変!しかも悪い事は連鎖するってか、その賭博相手が死体になって発見され、レイは一気に殺人犯!2人には“終身刑”が言い渡され、刑務所に入れられちゃう…。

しかし、チョイ役でもやる人やれば存在感バツグンだね~。イカサマ賭博で殺されちゃうClarence Williams IIIだろ~、囚人クッキーのAnthony Andersonに、ジャングルレッグのBernie Macもいるわな~。それからBokeem Woodbine 、Barry Shabaka Henley (Mr ブルドッグ(笑))、Sanaa Lathanの姿も!初っ端からHEAVY.Dが登場した時は「おおっ!」となったけどね(笑)

2大コメディースター共演という事になると、どうしても“期待”するわな…“抱腹絶倒のギャグ”や“ハチャメチャなストーリー”に。ところがこの作品、そんなに笑いのツボは存在しない。恐らくそういった感覚でこの作品を見た人も大勢いるだろうし、又、そういった感覚で見て“期待はずれ”といった感想を持った人も大勢いるだろう。

正直俺自身、“そういった観点”から見れば、物足りなさを感じずにいられなかった1人だけど、この2大スター共演といった“視点”だけでなく、刑務所という隔離され時間の経過を感じる事が出来ない閉鎖的な場所でのドラマ、そして“アフロアメリカン”が長年に渡り苦しめられてきた“奴隷”としての立場を連想させられる興味深い人間ドラマである事は間違いない。というのも、いわゆる“善と悪”という物が映画上存在するのであれば、通常習慣されている側、つまり囚人は“悪”になるのであろうが、この作品ではある意味ブラックムービーではお約束である“白人看守”などが存在している…つまり、作品ではその役割が逆転しているのである。現に、彼らが終身刑を言い渡される結果となった殺人事件は、“白人警官による黒人殺人の冤罪”だからね。

ただ、“ブラックムービー”だから…といった安易さを感じさせないストーリー運びやバックボーンなんかもこの作品の持つメッセージ的な“意味”みたいなモノを深めているような気がするんですよね。実際に刑務所といった舞台も、罪を償い社会への復帰を目指す更正施設といった感じには程遠い、“強制労働施設”といった状況が強調して描かれている。場所もミシシッピーだし(笑)。でも後半では“ココって刑務所?”的な変化もみられるんだけどね(笑)

“アフロアメリカンお断り”レストランでのやり取り、白人看守の暴力、コーンブレッドの食事、異人種間での性交、第二次大戦の終結…キング、ジミ、マイルス…様々な歴史上の出来事や、アフロアメリカンにとって重要なキーワードが存在するが、塀の中の人間達は世の中の流れを知らずに相変わらず不条理な状況の中、歳をとっていく。そんな中でも仲間達とのふれあい、野球、女、時には妄想(笑)といった事を繰り広げ、様々な欲望をギリギリのラインで堪え、金・権力・白人と向かい合っていくが、結局は歳老いて行く…。

コメディどころかなんとも切ない作品なんだけど、そこに登場する各キャラの個性や存在意義が、作品全体を包み込んでるような気がする。ここ最近、やたらと特殊メイクばっかって感じのEddie Murphyも、人間の“老い”を自然な形で見せてくれたこの作品だけは、ヨシとしようか!(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/242-ed9694aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。