GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『CITY OF GOD』だよ!
アイルトン・セナ、ロナウド、アントニ・オホドリコ・ノゲイラ、ヴァンダレイ・シウバ、アレッサンドロ・フランカ・ノゲイラ、ホイス・グレイシー…後半はほぼ“格闘家”になってしまいましたが、これらの人物に共通する事は…そう“ブラジル”です。

陽気なカーニバルやコーヒーの名産地として有名なのはもちろん、F1やサッカーその他にも格闘技等が盛んなスポーツ王国でもあるブラジル。だけど、そんな華やかなイメージに隠れてしまっている本質、そこに存在するスラムや少年犯罪といった国が抱える深刻な状況の実態を、俺達はあまりにも知らなすぎる事を痛感した映画があるんです。

以前にも言いましたが、俺はココで紹介するブラックムービーって“アフロアメリカン主演・監督”でないといけないってカテゴライズをしてないんですよね。まあ超個人的ではありますが、もっとワールドワイドな視点・観点で『俺の考える、俺のカテゴライズによる“ブラックムービー”』を紹介している訳なので、ちょっと今回は前述した“ブラジル”がテーマな映画を取り上げてみようと思っています。作品名は日本でも話題になった問題作『CITY OF GOD』です。

city_of_god.jpg




“リオのカーニバル”で世界的にも有名な都市ブラジル・リオデジャネイロ。そこに存在するスラム地区“シティ・オブ・ゴッド”で生きる子供や青年達。極度の貧困や犯罪多発の影響で、幼い頃から悪に目覚め、薬や銃に手を染めたストリートギャング達…そして彼らに憧れの感情さえ抱く少年リトル・ダイス。彼はある日連中とモーテルに押し入り、そこで初めて“殺し”を経験する。一味の1人の弟であるブスカペは、事件を取材している記者に憧れる少年。一方行方を晦ませていたリトル・ダイスは、名前を“リトル・ゼ”と変え、街に舞い戻ってきた…。

銃犯罪といえばアメリカ…とは言ってられない状況を、この映画ではリアルに感じる事が出来る。スラムに住む少年は驚くほど高い割合で銃を所持しているんだよね。もちろんそれは“合法”などではなく、生きていく上で自然と必要になる“必需品”。密集したプロジェクトの中、銃を手にした青年が走り、撃ち、逃げる…。警官の汚職や強盗があたりまえに行われているダーティーな街では、たとえ少年だろうが笑いながら平気で銃の引き金を引く…そういった“REAL”が現実と非現実的な狂気との狭間で生々しく画面に映し出される。

2時間を越える長い映画であるにもかかわらず、間延びした感じや退屈感なくのめり込めるのも、事実を基にしているであろうREALなストーリーと、ただ単に惨劇ばかりの寄せ集めではないエンターテイメント風味も十分に盛り込まれているからじゃないかな。

スラムで生き抜く彼らの現実と未来が、冒頭の「鶏」と否応無しにリンクさせられましたね。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
(*´∀`)
これはいいよね・・
スピード感あって映像がGEE-Q好みのざらつき感たっぷりだし、ラティーノとしてはBGMがまた好み。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
私はこの監督好きなんよ。描き方がすっげークールだしHOT。
とはいえ・・・このテーマって重くって、ブログUPする元気ないんよね・・・
だいたい、TV版DVD観るのまだ途中のまんま・・・・
ま、ぼちぼち・・・/(^◇^;)


【2007/06/28 09:59】 URL | HARRY #- [ 編集]

HARRY!
この作品は日本でも大々的に公開されたんで、俗に言う“スラム”ってのはアメリカだけじゃなくて世界各国に存在するって事を知らしめてくれる作品でしたな~。俺も劇場で見たんだけど…客席には俺を含めて4人…ぬおおおおおおおおお!(笑)。HARRY姉貴がこの作品好きっ事でちょい安心(笑)
【2007/06/28 23:14】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/243-36500a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ホイス・グレイシー』について

ホイス・グレイシーホイス・グレイシー(''Royce Gracie''、1966年12月12日-)は、ブラジルリオ・デ・ジャネイロ出身の総合格闘家。身長185cm体重80kg。エリオ・グレイシーの六男。三男であるヒクソン・グレイシーの弟にあたる。ヒクソンとグレーシー最強の看板を背負った。 格闘通信簿【2007/03/03 22:11】

CLOCKERS・CITYofGOD

クロッカーズ監督:スパイク・リー出演:ハーヴェイ・カイテル , ジョン・タトゥーロ , デルロイ・リンドー , メキー・ファイファーじつはこの映画・・・・・ブラックムービーを紹介しつつ、ブックオフで立ち読み&号泣しちゃうという空... !!!HAPPY HARRY HAPPY !!!【2007/06/28 10:06】
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。