GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE PURSUIT OF HAPPYNESS(邦題 幸せのちから)』だよ!
みなさんこんにちは、ぱりすひるとんです。

こないだ、部屋を久方ぶりにプチ模様替えしたんですが、CDの整理をしてて思った事がある…いや、つくづく嫌になった事がある。

ジャケットと中身が違い過ぎる…

そう、俺は一般的に几帳面と言われているA型であるにも関わらず、実際はガタガタで、CDをちゃんと元のケースに片付けないらしく、「お、SOUL OF MISCHIEFか~、懐かしいね~」などと開いてみると、中身が“死亡遊戯サントラ”だったり、「なぬなぬ!ERIC.Bのソロか~」などと開いてみると、中身が“GEISHA GIRLS”だったり…なんちゅう選曲やねん!しかもホンモノは何処へ…。

そうして、プチ模様替えだった筈が、CD中身大走査線に予定変更するハメになっちまうんですよ!

とまあ、TLCの“FANMAIL”中に入ってた“水木一郎~アニソン~”を聴きながらの今夜の作品紹介しちゃいますけど、現在大ヒット上映中の作品…といえばコレ『THE PURSUIT OF HAPPYNESS(邦題 幸せのちから)』でしょ!

pursuit_of_happyness.jpg




全財産を投げ打って骨密度の測定器を買い込み、自らセールスマンとなり働くクリス(Will Smith)。ところが思うようにセールスは伸びず、家賃は滞納し、家計は火の車。パートとして働く妻のリンダ(Thandie Newto)の鬱憤も遂に爆発し、家を出て行ってしまう。なんとか1人息子であるクリストファー(Jaden Christopher Syre Smith)だけは手元に残したクリスだったが、家賃滞納で家も追い出され、寝処にも困る日々が続く。そんな中、一流の証券会社の正社員を目指し、半年間無料で働く決心をしたクリスだったが…

まず最初に一言…

素晴らしい映画だった!

ただ、俺はこの作品を見る前に、「俺、恐らく泣かないね」と宣言していたとおり、涙を流す事はなかった。自他共に認める涙腺弱小中年親父にもかかわらずだよ(笑)。やっぱ映画見る前ってのはなんだかんだでその作品の雰囲気や予備知識みたいなものが嫌でも入ってくるものだけど、号泣出来るから・出来ないからといった部分はあくまで感想や感受性の一部分だけであって、それが映画の良し悪しと絶対的に比例しているとは限らない。そういう意味でこの作品は、俺にとって“泣く”映画ではないと思った訳。もちろんそのとおり泣くことはなかったんだけど、その分、心の底から込上げる感動や熱さ、そして恥ずかしさや情けなさみたいなありとあらゆる感情を目一杯噴出させてくれる作品だったと思う。

あえて言うならば、この作品の大きなテーマである“親と子の絆”はもちろんの事、大人として、男として、親として、そして人間として危機的状況になった時、“誰がここまで出来るか?”って事を体言した人間がいるという事実。そして俺らはそれを「すげ~な~!感動だわな~!」って感心する…だけじゃ駄目なんだよ!ってな強烈メッセージをバシッと受けた気がした。何故やらない?何故動かない?皆そこから1歩進むことが難しいからこそ、この実話の凄さが伝わるものだと思う。

語弊があってもあえて言うけど、俺にとってこの作品は、決して『KRAMER VS. KRAMER』寄りではなく、むしろ『ROCKY』に近いように感じた。それほど有り得ないサクセスストーリーな訳だし、だからこその“追求”って言葉の意味が持つ深さや難しさみたいなモノが心底伝わった様に思えるんですよね。

教会の窓から差し込む朝日を頼りに勉強したり、駅のトイレで泣きながら寝泊りするシーンもあった。それらのシーンを見ながら、実際の6ヶ月間を頭に描いてみると、もっともっとゾッとする程の過酷な生活、絶望感、肉体・精神的疲労があり、もちろん俺らの想像する範囲をはるかに超えるのだろうと思うと、思わず手に力が入った。

そういった部分を、時間が経つのも忘れるくらいの素晴らしい演技で刺激し続けてくれた“ふれっしゅぷりんす親子”には心から拍手を送りたい!何かと実際の親子共演!といった部分が話題になるのも仕方が無いかも知れないが、そんな“外”の事よりも俺にとってはこの作品の“中”で“ガードナー親子”が教えてくれた、いや、再確認させてくれた事を大事にしたいと思う。

それから『M:I-2』や『BESIEGED』で妖艶でゴージャスな大人の魅力を魅せてくれたThandie Newtonが、メイクもロクにしない姿で不幸と貧しさに耐えられなくなった母親を鬼気迫る演技で演じてた姿にも拍手を送りたい。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント

こんにちはー。
良かったですねえ、この映画。
Will萌えな私ですが、今回はそんなことは思わずに、ただお父さん頑張れ!!と、彼の役柄に声援を送りたくなっちゃいました。
ホントに、クリストファーさんって、努力と鍛錬と行動の修行僧みたいな人だな・・・と感心しました。
怠けすぎな自分に渇!な映画でしたね。

>Thandie Newtonが、メイクもロクにしない姿で不幸と貧しさに耐えられなくなった母親を鬼気迫る演技で演じてた姿

ホントに!!
あれ?あれ?みたいな、疲れたお母さんの役でしたよねー。
でもやっぱ、どこか色っぽかったのはさすがでした。
【2007/02/14 13:25】 URL | めぐみ #hCQmu5uI [ 編集]

めぐみさん
めぐみさんはWill萌えならば、俺は“じゃじーじぇふ萌え”ってトコですかね(笑)
そうなんですよ、俺もこの作品はそんな感じで見ました。男性としてはクリスに“エイドリアン”がいればもっともっと頑張れただろうに…としみじみしたりしとりますですハイ(笑)
【2007/02/14 17:48】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/244-addc1ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。