GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『RHYME & REASON』だよ!
最悪じゃああああああ~!

先日、ノリノリ気分で空手の練習に行こうと、いつもの如く車に乗り込むや否や、カーステに『D.L.(DEV LARGE)/ THE ALBUM」』をシュルシュルっと指しこんだはいいが…シュルシュルっと入っていかねぇでやんの。あれ、調子ワルっと思ってグイグイと押し込んでやるも頑なに進入を拒否するCDちゃん。あれあれ?っと思いつつも更に強引に押し込んで、ウィンウィンいいながらやっとの思いでセット完了!そして超ゴキゲンにけたたましい轟音が鳴り響……かないじゃんよおおお!

無理矢理入れたのがまずかったかなと思い、イジェクトボタンを押したところ、今度は出てこね~でやんのおおお!さらにイジェクトボタンを高橋名人もまっ青な位の高速連打をお見舞いしてもうんともすんともいわないでやんのおおお…

ひょええええええええええ~!ぶっ壊れてるし!CD戻ってこねえし!

しょうがなく俺はいまだにAMラジオをこじんまりと車で聴いてますよホント。さて、そんなトホホブルーリボン賞な夜には、劇場公開もされたHIPHOPドキュメンタリー『RHYME & REASON』をご紹介しちゃいますけど何か?

599.jpg




正直HIPHOP関係のドキュメンタリーってのはビデオやDVDのリリース数もハンパない訳で、そういうものを嫌っちゅう程見てきた中でのこの作品の“劇場公開”ってのがビックリしたというか…。これはちょいと毒つく事になるけど、数が多いって事は、結構どれも似たり寄ったりって部分も大きくて、正直あまり期待をせず当時見に行った記憶があるんですよ。

結果…

HIPHOPの歴史や要素、そして意味といった物を、様々なアーティストが現在・過去、 男・女、 東・西、 欲・金、 真実・嘘、 希望・現実、 善・悪 といった事に対しての比較みたいなものがよく解かる良質なドキュメンタリーになっていたように思う。もっと簡単に言えば、HIPHOP初心者にとっては内容の濃い入門映画になり、ドップリ浸かってるヘッズ達にも改めてHIPHOPって何?…といった事を確認できる作品なんじゃないかな。

とにかく挙げたらキリがない位のアーティストがインタビューに応じている。でもやっぱKRS.ONEやICE-Tといった東と西のパイオニア達の話は説得力抜群だった。俺個人としては特にICE-Tは、発祥地である東海岸より約10年の差がある西海岸シーンの情況や、自分が関わる経緯なんて事を、決して驕る事無く東に対するRESPECTを表しながら語る所には結構グッときたもんです。

わかっちゃいるけど、改めてこの業界の厳しさというか問題点みたいな物は “金の流れ” であり、“商業主義” であり…。そしてアーティスト達があまりのもビジネスに鈍感で、契約や条件などもロクに確認する事無くレコードをリリースし、手元に金が入ってこない…。片や一発当てて巨額な金が手元に入って、真っ先にジュエリーやベンツを買うが、住んでる所はプロジェクト…みたいな情況が未だに存在してるって事。要は、ありえない金を手にした時、最も考えなければいけない使い道なんかが吹っ飛んじゃって、生活水準レベルを全く無視した“アメリカンドリーム的”物欲が強烈に膨らみ、“贅沢品”を即買いしちゃう…。ただ、彼らは“わからない”んだと思う。嫌、解かってても“まずそこ”なんだと思う。残念な事だけど、それがストリートのステイタスとして出来上がってるんじゃないかな。金を手にした時が“成功”じゃなく、それをどう活かし、いかに“継続”していけるかこそが成功と言えると思うんですよね。

そういった意味ではDr.DREは優秀なトラックメイカーであり、有能なビジネスマンと言えるのかもしれないね。っていうか、本来HIPHOPってものは自分自信の表現としておっ始める、それこそ好き勝手にライムを書き殴り、道端で踊り、電車にスプレーを吹きかける“自己表現手段”の筈。そいつに“他人”が “商売” として関ってくる時こそ、慎重になんなきゃいけないって事だよね。だってそれこそマーケットは“世界”な訳だし、契約を交わした時点で“プロ”なんだから。ただ、そういった教育を満足に受けてきた訳ではない彼らが、その後痛い目に会うって事に、深い憤りを感じると共に、それもアメリカのショウビズ界なんだなと痛感しますね。

ある意味、ドラッグを売り捌いたり、PIMP紛いの稼業で生計立てたり、ギャングとして銃弾の中ストリートで生き延びてきた彼らアーティストにとっては、よっぽどショウビズ界の方がサヴァイヴが難しいジャングルなのかもしれない。

とにかくこの作品は、沢山のアーティストが、心にグッとくる一言を沢山聞かせてくれるよ。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/245-cc0349c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。