GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『DREAMGIRLS(ドリームガールズ)』だよ!
うちのオカンは、芸能人を “間違った呼び名 a.k.a オリジナルネーミング” で連呼するときがある。

かつての “じゃいけるまくそん” や “すぴーでぃー・わんだー” はもちろんの事、何度訂正しても “すえひろ・りょうこ” や “さんたまりあ・ゆーすけ” が逆に戻る事はない…。こないだなんか自信満々に 「 “こいん・けすぎ” がTV出とった!」と言うもんで、俺は新手の手品師かなと思ったくらいだ。

今日なんてさ、MCハマーを “はむし~・えま~”とかアマゾンの奥地で秘密裏に振興されている黒魔術の呪文の様な事をのたまう始末…ヘイマザー、間違うほうが難しくねえかオイ!

なんだか森光子のスクワット運動に一言突っ込みたくなる夜だった…

んなこたさておいて!、いよいよ近づいてまいりましたね~アカデミー賞の授賞式!日本人としても『BABEL』で助演女優賞にノミネートされている菊地凛子ちゃんに注目が集る中、堂々6部門にノミネートされてる話題作っていえば…そうです!今回ご紹介する作品は、日本でも先週末に封切りされたばかりの『DREAMGIRLS』っちゅう事でどうか堪忍してください!

dreamgirls_ver6.jpg




舞台はデトロイト。あるオーディションライブが開催され、メインボーカルのエフィー(Jennifer Hudson)を中心に、ローレル(Anika Noni Rose)、ディーナ(Beyonce)といった仲間と共に結成されたガールズユニット“ドリーメッツ”は、時間に間に合わず会場入り。しかし、カーティス(Jamie Foxx)という男の粋な計らいでなんとか歌うことが許され、ショーで大喝采を浴びる。彼女達の才能を気に入ったカーティスは、直ぐにマネジメント契約を結び、早速大人気の歌手ジェームス・“サンダー”・アーリー(Eddie Murphy)のバックコーラスに起用、ライブで各都市をサーキットしていく中で彼女達の知名度、人気はどんどん大きくなっていき、カーティスも経営している自動車販売店を投売りし、協力していくが…。

とにかく、と~っっっっっっっっっっても楽しめた、素晴らしい作品でR!!!!!

時代背景や舞台設定などから、否応無しに “MOTOWN” を連想するのは皆同じだろう。ただ、会場の雰囲気、主人公だけでなく観客の服装、貼ってあるポスター、それぞれの髪型、…全てが嫌味なく、完璧に“当時”を描いているように思えた。“思えた”というのは、もちろんリアルタイムで当時、現地を知っている訳ではないが、その時代の映像や音楽を見たり聴いたりしてきた中でイメージ出来る “当時” ってヤツの雰囲気がメタメタ強烈に伝わってくる作品だったと思う。逆に言えば、ブラックムービーでこの時代を扱う作品は割りと多く、あたかも “知っている…知っていた” 感覚になってるのかもしれない(笑)

元々ミュージカルだった作品の映画化…同じような感じで映画化され、日本でも大ヒットをかました作品『CHICAGO』でメガホンをとったBill Condonに白羽の矢がたったのも納得!それと同時にBill Condonって監督はホントにスゲエと思った!いやマジで、見ている途中、何度も「Bill Condonスゲエ!」ってホントに思ったんです…テンポよく進んでいくストーリー、飽きのこないカット割り、突如として歌いだすミュージカル独特のシチュエーションもすんなり受け入れられる(笑)、作品のクオリティはもちろんの事、「これが 『CANDYMAN2』 を撮った監督の作品かあああ?」ってね(笑)

もうすぐ発表になるであろうアカデミー賞も含めて、既にこれまでの映画賞で数々の栄冠に輝いているこの作品。とりわけ助演女優賞のJennifer Hudsonはオスカー候補としてこの作品で一気にクローズアップされている。も~うホントに歌はゲロウマなんだわさ!彼女の歌声を堪能出来るシーンも多いし、与えられたチャンスってヤツをキッチリとモノにした結果になったと思う。もちろんEddie MurphyやJamie Foxxは、持ち味を存分に発揮するだけでなく、これまで以上の素晴らしいハジケっぷり、ノリノリっぷりを見せてくれてる(テンションって意味だけじゃなくね)。特にEddie Murphyはホンッッッッットに素晴らしかったよ!

ただ!コレは完全に個人的な感想になるが、俺的にこの作品でもっとも印象に残ったのは…

文句なくBeyonceでR!…俺の萌え萌え感情抜きにしてもだよ!

というのも、周りの俳優陣が、“いつも以上”のハマリっぷりや “適材適所” 的に素晴らしい演技を見せギンギンに目立つ中、彼女は逆に作品の前半、“いつもの彼女が持つ魅力・オーラ” を役柄になりきることでギリギリまで削っていた様に感じた……そして中盤以降、これまた、“いつもの彼女が持つ魅力・オーラ” ではない “この作品で必要なオーラ” ってヤツ…つまり “変化” って部分を明確にキッチリ見せてくれていた!他の出演者がこの作品で “すごぶる素晴らしさ” を見せつけてる中、彼女は決して “一番目立つ存在” ではなく、その他の個性を煌びやかにバックアップするポジションにいたと思うんです。言葉では伝えにくいけど、俺はそういった意味で彼女こそ “影(?)”のMVPだと思う!

人種、ビジュアル、プライド、嫉妬、ショウビズ界の表と裏、人間模様、恋愛関係、社会情勢、家族愛 … “実力” だけを求めていなかった時代に翻弄された人々の苦悩や葛藤が、素晴らしい歌声と音楽と共に綴られていく…ミュージカルの持つメッセージ性やライブ感を失う事無く、更にドラマティックに味付けした状態で映画に移行することに成功している今作を、心から “すんばらしい” と思う!

しかし、アカデミーの行方は…個人的には本当の意味での“体当たり演技”で『BABEL』に臨み、並み居るハリウッドスターの中で “日本に彼女あり” を強烈に印象付けてくれた凛子ちゃんに是非ともとってもらいたいところだけど…相手が悪かったかな~(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/253-5d8c4264
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。