GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『MAD HOT BALLROOM(邦題 ステップ!ステップ!ステップ!)』だよ!
プッチンプリンにイナゴの大群をまぶした様なほろ苦い思い出の話…

俺がまだ、たのきんトリオに一喜一憂していた小学校の頃。体育祭…いや、運動会の種目には必ずと言っていい程 “フォークダンス的” な物が用意されていた。そう、この “的” ってのは、妙に地元色を反映したような町おこし的デモクラシーな雰囲気のダンスになるので、“フォーク” なんて呼べるこじゃれた感じではなかったからだ。俺らはまだ、色んな所がツルンツルンのプリティチビッコだった訳で、嫌でも女子と手を繋ぐ事になるダンスなんてもんは、嬉しいどころか恥ずかしいやら苦痛やら腹減ったやらで、ホント大変だった。よくドラマなんかである、クラスのマドンナと手を繋ぐドキドキナイト&デイなんて、全くのXファイルだもんよ!俺は練習中、明らかに嫌々フェイスの憎まれそうなニューフェイスだったのだが、それでは女子に失礼だと思いなおし、本番当日は、「よし!んじゃ手繋いではりきっていこうぜ!」と、それはそれは照英も真っ青なくらいの爽やかすこやかにぎやかさんではにかんだ訳だ!

…忘れもしないぜ!ハルクホーガンを無理矢理140cmに縮小化させた様なプチWWFチャンプな女子は、そんな俺に一言ポツリと…

「……嫌……。」と日本沈没でもするかのごとき断末魔の叫び面でつぶやきやがった…

俺はその夜、『円盤と宇宙人』という本を泣きながら熟読した…

な~んて俺のトラウマを再び蘇らせるかどうかわかんないんだけど、チビッコ達のダンスに賭ける情熱がバシバシ伝わってくる作品、『MAD HOT BALLROOM(邦題 ステップ!ステップ!ステップ!)』を今夜はご紹介してみようかな~と思っている今日この頃。

mad_hot_ballroom.jpg


公立小学校で教育の一環として正式に採用された社交ダンス(ボールルームダンス)。練習の成果を発揮する最終舞台である“ワシントンハイツコンテスト”までの道のりを、コンテストに参加する3校をピックアップして彼らの練習や指導者、家庭などの環境をドキュメントで綴る作品。

“メレンゲ”と呼ばれるサルサ風味のラテン系。アメリカ生まれの“スウィング”。アルゼンチン風味はもちろん“タンゴ”。様々な種類のダンスに、多人種国家であるアメリカのチビッコ達が挑むってな感じですね。

「女はキライ、だって勝手なんだもん!男が先でないと!」といったちびっ子男尊女卑発言(笑)あり~の、その逆に「女は男より進んでる!」的なガールズ反撃あり~の(笑)。でもそれってやっぱ俺らがガキの頃もそうだったように “恥ずかしさ” や “照れくささ” から来るものなんですよね。男女が2人して手をつなぎ、体を密着して、目を見つめあいながら躍るボールルームダンスってのは、チビッコにすればそりゃこっ恥ずかしいに決まってるさ。でもそれでいて「メリッサはHOTだぜ!」「人生で成功するタイプが好き!」的なチョイワルチビッコ発言もあったり…ん~、あめりか~!

ぎこちないステップ、明らかに気分が乗ってないチビッコ達…しかしC&Cの曲が流れたと同時にピョンピョン飛び跳ねる(笑)。やっぱ礼儀正しく気品が重んじられるダンスは窮屈なのかもね。だけど、そんな彼らのダンスに対する意識や、コンテストに向けてのやる気が徐々に変化を見せる過程もキチンと盛り込まれている。この作品がドキュメンタリーであるところに、こういったダンスを教育として取り入れる意味みたいなものが大きく感じられるだろう。もちろん全ての生徒がコンテストに出られる訳ではなく、選択を余儀なくされる先生の苦悩や、結果を受けた生徒達の心情なども伝わってくる。

ただ、宗教上躍ることを許されていないチビッコもいれば、どうしてもダンスになじめない子もいる。

彼らに対するインタビューは、ダンスの事だけでなく、アメリカに住む11歳の“子供”が考えてる事の本音がモロに聞こえてくるようなもの。最近のガキはマセてやがる!なんて思う事もあるけど、アメリカの子供ってのは日本とはまた全然違う“マセ方”をしているんだなこれが。背伸びしようとしたりするのではなく、確実に大人に近づいている自分が意識しなくてはいけない事や、体・気持の変化を十分に認識しなきゃいけないって事を凄く考えているところがある様に思う。そういった意味では俺らがガキだった頃からは考えられないくらい“大人チック”なんですよね。

体を動かす“体育=運動”という意味だけでなく、礼儀作法や様々な文化の吸収として取り入れられたダンスは、様々な意識や向上心みたいなものを彼らに与えているように思う。コンテストに出場したチビッコ、惜しくも出場ならずとも彼らを精一杯応援するチビッコ達は、ホントにダンスってもんを楽しんで、ダンスってもんを好きって感じのい~い顔してたもん。

え、俺?…やっぱダンスならフロア這ってた方がいいし、パートナーがいれば“組手”の方がシックリくるかな(大笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/256-bd8413af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。