GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『THE TENANTS』だよ!
いや~、終わりましたね!アカデミー賞!…ってもうすでにちょっと遅いけど(笑)。俺もWOWOW契約してるもんでしっかりと見させていただきました!…次の日に!…録画で!…再放送を!(笑)。ま、授賞式自体は今年どうだったんかな~、正直俺的にはイマイチだったように思うんですけど。なんだかもっとお笑いやサプライズなんてのがほしかったかなと。ヨーダ喋るみたいな(笑)

ま、みなさんも知ってると思いますが、それぞれの最優秀賞は以下の通り

助演女優賞 … カルメン・エレクトラ(Scary Movie 4)
助演男優賞 … M・ナイト・シャラマン(レディ・イン・ザ・ウォーター)
主演女優賞 … シャロン・ストーン(氷の微笑2)
主演男優賞 … マーロン&ショーンウェイアンズ兄弟(Little Man)
監 督 賞  … M・ナイト・シャラマン(レディ・イン・ザ・ウォーター)
作 品 賞  … 氷の微笑2


ね~!いや~15年ぶりにあのセクシーな裸体を見せてくれたシャロンストーンが見事な復活を遂げてレッドカーペットを颯爽と歩き、恥ずかしげも無く大粒の涙を流しながらオスカーを手にする姿は感動したよ………

ってなんでやねええええええええええええええん!これはアカデミーじゃなくって最低映画賞でおなじみの『ラズベリー賞』のほうじゃねえかよおおお!

とまあ、どうでもいいいつものオープニングもこのくらいにしまして、今回ご紹介する作品は、SNOOP DOGが珍しく文学的な演技(?)を見せてくれてるっぽくもあり、いつもの彼っぽくもある不思議な映画 『THE TENANTS』 をご紹介しようとしてみる!…ってアカデミーと関係ねぇ~じゃん!(笑)

tenants.jpg




1972年、ブルックリンにある取り壊し寸前のアパートに唯一の住人として居座るユダヤ系アメリカ人ハリー(Dylan McDermott)は、10年以上に渡って描き続けている小説を未だ完結出来ていない。ある日、自分しか住んでいないはずのアパートから、タイプライターをうつ音がしてくる…別の部屋で1人黙々とタイプをうっていたのがアフロアメリカンのウイリー(Snoop Dogg)だった。不思議な遭遇を果たした2人は、自然に近くなっていくが…。

この映画の撮影中に、なんだか“幽霊”に遭遇したとのSNOOP。なんでも撮影したホテルがケネディ大統領が暗殺されたとこだったらしく…ってほんまかいな(笑)

まず感想から言うと、俺的にはスッゲエ良かった!……ただ、この作品ほど出演者とそれに対する視聴者の期待を裏切る作品も珍しいだろう(大笑)。
っていうか正直俺自身もビックリした1人だけど、俺の場合は完全に “違った意味=良い意味” で裏切られたね。簡単に言えばコレまでの映画の世界でのSNOOPとは全く違う井出達…オーバーオールにタイプライター…かと思えば女を引き連れて夜な夜なやってくる迷惑物ぶり…基本的に文学作品がベースになっているだけに、それにキッチリとハマっている彼もいれば、俺らがよく知ってるSNOOPってヤツも存在している…ん~なんとも不思議な感じだな~。

映画で流れるトラックと言えば、そりゃ~もう寂しく悲しげなピアノのみ…、メタメタ長身のSNOOPが、他になにも置いていない部屋で1人、カタカタカタ、チーンとタイプを打っている…なんちゅうか新鮮というか少しおぞましくも見える。この作品のキャスティングを担当した人物!森永チョコボールの銀のくちばしを3つばかしプレゼントしてやりたくなった!

SNOOP演じるウイリーにはアイリーン(Rose Byrne)という白人のGFがいる…彼女がキッカケで男同士の不思議な関係に罅が入っていくんだけど、異人種間の恋愛って部分はもちろん、この作品ではユダヤ人とアフロアリカンの微妙な位置関係っていうのが存在していると思うんです。

特別大盛り上がりを見せる事もなく、ただ静かに流れるストーリーは、ブラックムービーとしての観点から見れば、きっと恐ろしくつまんないっていうか退屈な作品に思えるだろう。ところがどっこい、俺的にはホントに “ニュータイプ” っていうか “連邦の白い奴” 的な感覚でよかったと思う。

次回はちょっと真面目に、アカデミー関連の作品やりますんで(笑)

それから今回から始めました!
この作品の輸入版DVDはコチラをクリック↓

The Tenants (2005)  特 価 $19.94 / ¥2,453
20070228185859.jpg


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/261-b25e8c4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。