GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『The Last King Of Scotland』だよ!
こないだのアカデミー賞、もちろんボクちゃんWOWOW契約してるんでバッチシ見させていただきやした!…録画で!次の日に!(笑)、再放送を!真夜中!(大笑)

ま、そんなに大どんでん返しも無く(スコセッシの2冠くらいか)、もらうであろう人がもらったといった感じになりましたが、やはりブラックムービーファンとして、いや、個人的に最も嬉しかったのは、Forest Whitakerの最優秀主演男優賞でしたね。

俺が小学生の時、ある夏休みに皆で映画を見に行こうという話になった。残念ながら俺は行く事が出来なかったが、後日話を聞くと、結局皆はKevin Bacon主演の大ヒット作 『FOOTLOOSE』 を見たという。ところがその中の1人がなんだか浮かない顔をしてたんで、「おもろくなかったんか?」と尋ねたところ、「ん~、俺は『FOOTLOOSE』なんかより、『食人大統領アミン』が見たかった…」と肩を落してたっけ(笑)

そんなこんなで俺自身、アフロアメリカンの歴史や文化に興味を持ち、自然とアフリカの歴史などにもその矛先が広がっていくまでは、アミンといえば『食人大統領』というイメージが強烈にあったのも事実。去年、Forest Whitakerがアミンを演るって事が分かって、慌てて『スコットランドの黒い王様』を読んだもんです(笑)。っつ~事で当然のごとく、今回ご紹介する作品は『The Last King Of Scotland』に目撃ドキュン!

last_king_of_scotland.jpg




医大を卒業したばかりのスコットランド人、ニコラス・ギャリガン(James McAvoy)は、なななんと地球儀をクルクルっと回してたまたま指が指し示した国であるウガンダに行く事を決める。首都カンパラに到着したが、丁度クーデターによりオボテ大統領が失脚した時期のウガンダは政治的に混乱時期であり、新大統領となったイディ・アミン(Forest Whitaker)が政権を握っていた。彼はカンパラでアミンが乗った車が牛に衝突する事故と遭遇した事からアミンと関わって行く事になり、すっかり気に入られた彼は後にアミンの主治医となるが…

実際に数々の奇行などで知られるアミン大統領ですが、この作品ではそういったおどろおどろしいシーンが多数存在する訳でもなく、それこそ “まんま” のアミンはこうだったのだろうという人物像が垣間見れる作品に仕上がっていると思う。それはもちろんForest Whitakerの存在が大きく、彼がアミンを演じたから…といった功績が作品のクオリティアップにも最も影響している事は間違いない。“陰と陽”の使い分けが抜群だなっていうか、丁度MALCOLMを演じたDenzel Washingtonの様に、芯底ナイスキャスティングだったと思える。

小説と比較すると若干の脚色はあるものの(つっても実際には小説自体も経験談を元にしたフィクションだもんね)、アミン政権下の国民情況や、社会的混乱がどのようなものだったのか、又、アミン大統領がどのような人物だったのかという事は、この作品を見る事である程度把握できることからも、政治作品、又は人物伝としても非常に興味深いだろう。もちろんそこには彼の独裁政治に反対意思を示した国民を、約40万人も虐殺した「血に塗れた独裁者」としての存在も垣間見られる。

ただ、思い入れや個人的感情を抜きにして考えた場合、 『MALCOLM X』 ほどの “映画的面白度” に欠けたように思う。つまり、こういった文化に凄く興味があり、ある程度の予備知識がある人間じゃない “いちげんさん” が、この作品の素晴らしさや、Forest Whitakerの熱演がどのくらい伝わるのだろうか…という部分での “映画的派手さ” にチョイ欠ける様な気がするんです。

一部の熱烈な人々の願いが叶った結果、全国で劇場公開された『HOTEL RWANDA』が、どれくらいの興行成績を残したのかは知らないけど、あの作品が人々の心に訴えてきたもの、それをモロに “感動” という形で痛感した観客が沢山いたように、この作品が世間に受け入れられ、より多くの観客に高く評価される事を期待しますね。ま、アカデミーの結果がそういった部分にもいい影響が出ることだろうと俺は信じてます。

日本公開も決まってる作品だからこそ、沢山の人に見てもらいたい!必見ですぞよ!
あ、それからもう一言、Kerry Washington、よ~がんばったね(笑)

この作品の輸入版DVDはこちらををクリック↓

ラストキング・オブ・スコットランド (2006)  $23.98 / ¥2,950
20070301183055.jpg


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
グッとくる。
これもロンドンにいる頃に、ガンガン宣伝されてたよ。
BBCでの特番を覚えてる。
運良く帰りの飛行機で見ましたが、ブログにアップしてないわ。(笑)
【2007/03/04 17:13】 URL | TaK #- [ 編集]

TaK@さん
そうなんですよね~!国際線の機内では、日本未公開の作品がいち早く見れたりするんですよホント!俺が今まで一番嬉しかったのはジャッキーさんの『シャンハイヌーン』を見た時…ま、もちろん劇場でも2回みましたが(笑)。レビュー楽しみにしてます
【2007/03/05 12:02】 URL | GEE-Q EIJI #z8Ev11P6 [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/262-b0c4c7d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。