GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『DEAD PRESIDENTS(邦題 ダーク・ストリート/仮面の下の憎しみ)』だよ!
今回はいきなりいったりましょか!

ブラックムービーに娯楽性を重視した作品もあれば、メッセージ的な意味合いや政治色が強い作品もあるように、ジャンルこそ違えど<戦争映画>にも同じような事が言えると思う。特にその中でも後者にあたるのが<ベトナム戦争>を題材にした作品ですよ。今までもプラトーンやカジュアリティーズ、その他沢山のベトナム戦争映画が世に出され、あの戦争がどういったものだったか、そしてそれによりアメリカは何を失いどうリカバリーしてきたか…といった問いかけも大きなものだった様に思う。そういった映画に対しては『あの爆破スゴかったよな~』『あの機関銃がまたスゲエんだよ』といった“ヲタク的”感想はあまりなかったんじゃないかな(笑)。それぞれが<自分の知らない戦争というものの愚かさや虚しさ>を痛感する結果だったように思う。

今夜の映画『DEAD PRESIDENTS』も直接は<戦争映画>と言えなくても、その戦争を経験した人間がどう変わり、その結果どういう結末をむかえることになるのか…といった重いメッセージが込められている。又、そこに<アフロアメリカンであるが故に>といった皮肉も確実に存在する事になるんだよね。

dead_presidents.jpg




自ら海兵隊に志願し、ベトナム戦争を経験したアンソニー(Larenz Tate)は最悪の戦場から帰還する。ブロンクスへ戻った彼を待っていたのは麻薬や犯罪に溢れ、アフロアメリカンは更に虐げらている状況だった。ヤク中になった親友、売春婦になった恋人、帰還兵をまるで臆病者の様に扱う人々…戦争に行くことによって変わってしまった周囲、そしてその反動に耐え切れず酒に溺れる毎日。やがて彼らは、銀行強盗を計画し、いよいよ絶望への道を進み始める…。

監督は『MENACE II SOCIETYポケットいっぱいの涙』でBM界に強烈なデビューをはたしたAllen&Albertのヒューズ兄弟。MENACE II SOCIETYの時もそうだけど、今回も原題『DEAD PRESIDENTS』が邦題になると『ダーク・ストリート/仮面の下の憎しみ』といったものにすりかえられている。『ポケットいっぱいの涙』よりも『仮面の下の憎しみ』の方がストーリー上まだわからなくも無いが、『DEAD PRESIDENTS』、つまり死んだ歴代の大統領が印刷されているもの=ドル紙幣といった原題の方が、色々な意味で物語にも深みを持たせてくれるようで残念。ま、こればっかりは俺らがなんといったところでどうしようも無いけどね。

日本人にとって<ベトナム戦争>は、他国間の事件でしかなかったのか、これまで関心度がイマイチ薄い様な気がする。冒頭でも言った様に映画や書物のおかげで少しは歴史を掻い摘むキッカケにはなった。ただアメリカで製作されているベトナム戦争関連の映画は、物凄い数である事はレンタルビデオ店に並ぶ本数を見れば一目瞭然だ。この映画も俺は当時HIPHOPマガジンである『SOURCE』に広告宣伝が出されていたので知る事になったけど、もしそういった情報を自らインプットしてなくてビデオ店に縦置きされてたりしたら…恐らく素通りだったと思う。タイトルも変わってるしね。

この映画は全米ではそこそこHITしている作品なだけに、それにブラックムービーでは既にマストであるヒューズ監督の作品という事もあり、絶対に無視してほしくない映画だと思う。戦争映画は、銃や大砲で血を流したり、飢えや狂気と戦う過酷な戦況だけが見所ではなく、それを経験した者達の変化やトラウマ、それを取り巻く国家や人々といった2次的被害に苦しむ戦士達がアメリカに存在するという事を知っておかなければいけない…なんて思う俺なのであった。


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/273-582eaf02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。