GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『STEP UP』だよ!
いや~、相変わらず “芸能人社交ダンス” 盛り上がってますね~。

俺らが見た目で「上手い!」ってのとは違って、やっぱ審査員のお偉い先生方は、キッチリとステップや基本に目を光らせてるんですね~、それは流石だと思う今日この頃。

がしかし!…GEE-Q萌え度高子ちゃんの事を厳しく酷評した日にゃ~、袖をビリっと引き破り、ジャケットを床に投げつけ、声がかれるほどの大声で 「GEEEEEEEEEQQQQQQQQQ!!!!!!ストリイイイイイイイイイイイトダアアアアアアンンサアアアアアアアア!」とかなんとか叫びつつ、審査員のテーブルに飛び乗って、「ヘイッ!ターボ!アンッ、ケエエリイイイ~!カモオオオオンン!」とか誰も来ねぇのに呼び込むぞコルアアアアア!

さ、いつものノイローゼを軽くカマした所で今夜も行ってみたいと思いますが、もうすぐ日本でも公開される事が決定してるDANCE MOVIEと言えば…『STEP UP』でっしゃろがい!

step_up.jpg




ボルチモアのハイスクールに通うタイラー(Channing Tatum)は目標もなくダラダラとクラブで躍りまくる毎日を送っていたが、ある晩仲間と不法侵入&器物破損でパクられてしまう。タイラーは地元の学校で奉仕活動を義務付けられ、清掃や雑務に精を出す事になる。そこでバレエに情熱を燃やすノーラ(Jenna Dewan)という女性に出会う。丁度彼女のパートナーが怪我をするというアクシデントの中、チャンスとばかりに彼女に接近するタイラーだったが、HIPHOPしか踊ったことが無い彼に、クラシカルなダンスは難問だった。

この作品、本国アメリカでは、えれ~大HITだったらしいんだけど、なんつ~か同じような作品が今まで結構あった様な…(笑)。『Save the Last Dance』や、最近では『Take the Lead』なんかもそうだけど、DANCE MOVIEってのはその年のトレンドや “タイミング” もHITに大きく影響してくるように思うんですよね。特にここ何年かってのは、密かに “DANCE MOVIE ブーム”だったりしてるじゃないですか。ぶっちゃけこの手の作品、俺自身安心して見れるしね…ある意味 “既に見えてる” から(笑)

ただ、この作品でも “ダチの死” といった挫折などがあるんだけど、俺的にはもう一丁!ってな具合でなんらかの味付けをして欲しかったってな感が強い。上でも言った様に、“よくある内容” のまんまラストのダンスシーンに突入した様に思うんですよね。

主人公クラスが吹き替え無しで実際に激しいダンスシーンを躍りまくるなんて、一昔前では割と珍しかった事(べーこん然り、びーるす然り…)だけど、最近はホントにビックリするくらいの激しいダンスシーンが見せ場って作品が多くなってる今、何らかの “スペシャルポイント” が必要だったりする。そういった意味では凄く物足りなさを感じる結果だったというか、“バレエ” と “ストリート” の融合!って謳い文句も、作品としてのインパクトとしてそこまで強烈に感じられなかったというのが正直なところ。

ただね、それでも俺的には大満足な訳だ!(笑)。勝手な事言わせてもらえば、なによりこの作品ってのは同じ年、同じダンスムービーである『Take the Lead』にも出演してたゲロマブ萌え萌えなセクシーギャルであるJenna Dewanに尽きる!(笑)

JennaDewan_Grani_9189542_400.jpg


『Take the Lead』でもラストにセクシャルで攻撃的なダンスを見せてくれた彼女が、今回はヒロインとして更なる魅力を爆裂させてくれてるからじゃんよおおおおお!

DMXの『Never Die Alone』や、Wayans兄弟の『White Chicks』なんかでもキュートかつセクシーな魅力を見せてくれてたDrew Sidoraや、R&B界からもMarioなんてのが出てたりするんだけど、やっぱ Jenna Dewanな訳さあああああああ!

しかし…どうでもいいんだけどHeavy Dってホントにチョイのチョイ役多いよね(笑)


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/277-c71ba0e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。