GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『BARBERSHOP 2 ・BACK IN BUSINESS』だよ!
俺はガキの頃、床屋という閉鎖的な空間に行く事が大の苦手だった。別に人見知りをする訳でもなく、金をケチっていた訳でもない。しかし、何故だか解からないが俺は中学に入るまで、髪の毛を親に切ってもらっていた…たとえ散切り頭になろうが、タイガーヘッドになろうが、俺は頑なに床屋へ行くのを拒否し、俺の髪型にケチをつける男達は無理矢理 “力” でねじ伏せていた(笑)

そりゃ床屋に行った方がキッチリとカッコイイ髪型にしてもらえるだけでなく、“ゴルゴ13”は読み放題だし、「あら、男前になったな~」という超お約束の一言まで浴びせられるし、チビッコにはオマケのガムまでもらえるであろうに、何故俺は床屋へ行かなかったのか…それは……

首がメタメタくすぐったかったんじゃあああああ~

恐らくコレが一番の要因であると言えよう!髪を切る時にサッと巻きつけてくれるあの“サラッサラなヤツ”!アレがどうにもこうにもくすぐったいというかなんというか、俺はガキの頃からタートルネックセーターですら苦手な “首周り弱弱チビッカー”だったのだ!今思うと“何故?”っちゅう感じなんですけどね(笑)

という事で今夜の映画は流れからして『BARBERSHOP 2:・BACK IN BUSINESS』をご紹介なんですが(なんでやねん)、結論からいうとこの作品、前作の『BARBERSHOP』よりも全ての面でオモシロい超満足な1本に仕上がっています。

barbershop_two.jpg


Mary J. Blige feat. Eve - Not Today


前作から引き続き、シカゴでバーバーショップを営むカルビン(Ice Cube)。しかし急激な土地開発が進み、地元では“街を変えてはいけない”という声と、“土地を売って金を”という人間が対立していた。そんな矢先、カルビンの店の前に、大手バーバーショップチェーンの店舗が建設される事になる。政治家を見方につけたり、店内の雰囲気をかえたりと、必死に抵抗するカルビンであったが…

監督も前作のTim Storyから、『ゲス・フー/招かれざる恋人』、『ステラが恋に落ちて』、『スラム・ジャスティス』などを手がけたKevin Rodney Sullivanに変わり、出演者にはQueen Latifahの顔も…そうです、ここで紹介した『Beauty Shop』への繋がりがこの映画では垣間見れますね。

前回の作品で色々と物議を呼んだCedric the Entertainerの有名人DISですが、今回も冒頭でいきなりブチかましてくれてます(笑)。やっぱりCUBEが元々社会派(?)のラッパーである事もあり、ただの娯楽作品・ただのコメディ作品では終わらずに、必ずストーリーを通して“アフロアメリカン”の日常や本音、又それを客観的に見たアメリカそのものを映し出しているような気がするんですよね。だからこそ、“当たり障り無い”内容ではなく、ピリリとした辛口やDOPEな定義を絡ませることでHITに繋がっているような気がします。

それにCUBEの映画って『FRIDAY』もそうなんだけど、内容はもちろん音楽もOLD SCHOOLに対するRESPECTが凄く感じられる部分が大きくって、トレンド重視のハリウッド作品の中で、それこそ“古きよき時代”ってのを感じさせてくれる素敵な映画が多いと思う訳だ。

ちょっとミーハーな話になるけど、今回も出演してるEve、彼女は見方によって凄くアグリーだったり凄くセクシーだったり、正に俺好みな女性なんだけど(大笑)、この作品の彼女はとってもチャーミング!ラフ・ライダーズの紅一点のハードでワイルドな彼女もいいが、もっと沢山の映画に出演してもらいたいね、それこそAngelina Jolieが演じた様な車泥棒やトレジャーハンターなんか、彼女にピッタリだと思うけどな~。

それにしてもCUBEは映画で外さない…あとは“本業(?)”で外さない事なんだけどな~。

さて、次回もそのCubeの人気作の続編特集続きます!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/282-009e6e05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。