GEE-Q・EIJI的黒電影熱病思考方
30代“永遠のB-BOY”GEE-Q EIJIが、ブラックムービー(黒人映画)を斬りまくるバーリトゥード・レビューなのだ~!
プロフィール

GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T

Author:GEE-Q EIJI a.k.a ROCK SMOOTH T
好きなモノ/HIPHOP・R&B・SOUL・FUNK・JAZZ・格闘技・フィギュア・猫・犬・鮫・虎・フランスパン・苺・チョコレート・ジーナガーション・SHEILA・GO!ヒロミ44’・ゲッツ板谷etc
20060730204449.jpg


キライなもの/人参・韓流ブーム・虫・ヤな奴・レンタルビデオのAVコーナーに突入してくるチビッコ・割り込んできて挨拶なしの車・笑えないお笑い・暇・etc
20060730204548.jpg


小4でブレイキン、中1でグラフティ、高3でDJ、現在“HIPHOPうんちく親父”の35歳(笑)
20060730204519.jpg


座右の銘
“蝶の様に舞い、蜂の様に刺す”
“来る者拒まず、去る者追わず”
“空手に先手あり、されど私闘無し”

20060730204411.jpg


毎度、しょ~もない“ひとり言”のようなブログですけど、気軽にコメントなんぞ残していってください。個人的なご意見・メッセージはコメントにて“管理人のみ観覧”を選択し、メールアドレスと共に書き込んでって下さい!
051230-210347.jpg

リンク

興味ある人ポチッとな!

無料blog アフィリエイト・SEO対策 ホームページ ライブチャット マシェリ SOUNDBIZ RECORD SHOP skyticket

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
『NOTHING TO LOSE』だよ!
いや~、今日は1日中何故か “あみん” の “待つわ” が頭の中でグルグルとヘヴィーローテーションだった俺です。

それもそのはず、相も変わらず俺のカーステは、以前、例の“CDデモクラシー”が勃発したおかげでAMラジオのみを流しまくってる訳なんですよね。「んじゃ何故FM聴かないのさ?」ってなことになるかもしんないけど、そりゃ答えは簡単!

意地だよ!意地!……理解できないくてもいい!わんぱくに育ってくれれば!

ってかAMの方が時代に関係無い曲が流れてくるじゃん?スゲエ懐かしい曲や、演歌とかさ。要はAMラジオでも聴かない事には、永遠に俺の耳には入ってこないゴキゲンなナンバーの宝庫な訳だよ!しかもそれを口ずさむどころか、プリティコンサートレベルで歌ったりしてる俺がいるじゃん!それもまた青春じゃん!カロリー半分でいいじゃん!

っつ~ことで(ってどんな事やねん!)今夜の作品なんだけど、名優Tim Robbins がMartin Lawrenceと関わっちまったことで次々と災難に見舞われる『NOTHING TO LOSE』をご紹介しちゃったる!

nothing_to_lose.jpg




ゲロマブのカミさんとの仲も良好、広告代理業のビジネスも良好と、正に順風満帆な生活を送っているニック(Tim Robbins)。ところがある日、カミさんの浮気現場を目撃し意気消沈&激高!イライラ度120%で車をすっ飛ばしてた所に、運よく?運悪く?強盗であるテレンス(Martin Lawrence)が乗り込んできた!ニックはビビるどころか更に車のスピード上げるわ、細粒スプレーぶっ掛けるわ、しまいにゃアリゾナの砂漠まで車を飛ばしてしまう始末。このハイテンションサラリーマンはもももしや最近世間を賑わせてる連続バラバラ殺人鬼じゃないかと勘違いしたテレンスは、なんとかこのサイコキラー・ニックから逃げようとするが…。

Tim Robbinsといえば必ず「ショーシャンクの空にって最高ですよね!」って返してくる映画研究会副会長らしきヤツが世の中にはたんまりいるんだけど…正直に言おう、俺はその超名作と言われている“ショーシャンクの空に”ってヤツを見てねえよ!(笑)。だから決まってそう言われた日にゃ必ず「そうそう!“NOTHING TO LOSE”の!ね!」と言いなおす(笑)。ま、最近では「そうそう!“宇宙戦争”の!ね!」にチェンジしたけど(笑)

彼のキャリアはホントにバラエティに富んでて、オバカなコメディもあれば社会派ドラマもあり、俺らが好むようなマニアックなものまで幅広い活躍を見せてくれてる。ところが、芯底彼の作品(主役級)で“コレは良かった!”ってのはそれほど無い様な気もする。

俺が、NYは大好きなんだけどWoody Allenの映画にはとんと無関心な様に…(笑)

ところがやっぱりさ、ちょっとでもソウルフルな要素やFUNKYな共演者がいるとなると俄然興味をそそられ、映画自体は大した事無いんだけど、心から“オモロイじゃんよ!”ってな気持ちになれるっていい例がコレだと思う。

ロードムービーってのは舞台の風景が目まぐるしく変化しない分、恐ろしく退屈でつまんないってパターンも結構あったりする、ある意味 “危険” なジャンルなんだけど、2人の駆け引きややり取りがウィットに富んでたり、デコボコだけど息ピッタリっていう相性の良さを見せるだけで、映画自体の雰囲気がすごく盛り上がるって事ありますよね。そこいくとこの2人、いい感じだったと思うんだわさ。極端でもなんでもなく、Martin Lawrenceは“BAD BOYS”よりも相手の引き立て方や自分の持ち味を発揮する事が長けてたと思うし、画面通じて“ノッてた感”が伝わって来たように思う。

ま、一番笑ったのはスキャットマンジョンの曲でタランチュラに怯え、激しく踊るTim Robbinsだった訳だけど(笑)

しかし、ゴージャスな役なんかよりも、ボロが似合うねGiancarlo Espositoは!


スポンサーサイト

テーマ:ブラックムービー(黒人映画) - ジャンル:映画

TOP
この記事に対するコメント
TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://crossinsane.blog68.fc2.com/tb.php/287-b0e27eca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
『RESPECT』

このブログを 20060625115536.jpg
Oscar Micheaux 20060625120554.jpg
Paul Robeson 20060625115616.jpg
Spencer Williams SidneyPoitier.jpg
Sidney Poitier 20060625115808.jpg
Dorothy Dandridge 20060625115923.jpg
Melvin Van Peebles といったパイオニア達に捧げる

ブログ検索

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリー

過去ログ

最新の記事

RSSフィード

最近のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。